債務整理には評判や口コミが高い弁護士や司法書士選びが重要です

当サイト調べ 債務整理に強い事務所はここ!
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件
アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

借金返済が続けられず、日々不安を抱えていたり、借金問題に頭を悩ませ、ストレスを抱えている方の一つの問題解決の方法として、「債務整理」と呼ばれる方法があります。

債務整理とは

債務整理には、

  1. 自己破産 借金を破産手続きと免責手続きをする事でチャラにする債務整理
  2. 民事再生 債権者と民事再生計画を作成し、借金を大幅に圧縮する債務整理
  3. 特定調停 債務者と債権者が、裁判所の仲介(調停委員)によって、和解する債務整理
  4. 任意整理 債務者と債権者がお互い任意で和解をし、借金返済を続けられるように和解する債務整理

という4つの方法があり、任意整理の中に払いすぎた利息を返してもらう過払い金返還請求と呼ばれる方法があります。

債務整理とは、多重債務状態や失業、転職などを機に借金返済ができなくなったり、様々な事情で借金を継続して支払い出来ない状態に陥った時に、借金を整理し、借金のない未来を掴み取るために行われます。

おおまかに5つの債務整理の方法の中から、債務者それぞれの生活状況、借金の金額や返済状況を検討材料にして、どの方法が最適かを決めていく事になります。

それぞれの債務整理の手続きですが、自分自身で手続きが出来れば費用を抑える事も出来るのですが、そう簡単な事ではない理由がありますので、まずはそちらを確認していきます。

自己破産と民事再生について

まず自己破産と民事再生については、債権者だけでなく、裁判所ともやりとりする事になります。

書類の提出以外にも、法律に関する難しい回答を迫られる時もあり、自己判断できない場合が出てきます。

よって、自分自身で手続きをとろうと思うと、なかなか難しい手続きにはなります。

詳細記事を更新しています。

→ 自己破産のデメリットは何?

→ 免責不許可事由とは何??

→ 民事再生の流れは?会社と個人で手続きは違うの?

特定調停について

特定調停については、裁判官が仲介してくれるので、債権者とのやりとりは多くは無いですが、和解交渉をする際には、法律的な知識よりも交渉力が必要となります。

また、出廷する必要がありますので、平日の日中に仕事を抜けないといけないという事もありますので、時間的な余裕が無い人には難しいかもしれません。
=とはいえ、旧17条決定とよばれる「和解に代わる決定」という方法であれば、答弁書でご自分の要望を書き、提出する事で出廷した事と同様にみなされる方法があります。

その一方で、自分自身で手続きを取りやすいという点、費用が安いという点を考えれば、自分自身で手続きを取りやすい方法とも言えます。

詳細を更新しています。

→ 特定調停のデメリット

任意整理について

任意整理については、債権者との和解交渉が上手くいくかどうかがポイントになりますので、特定調停と同様に交渉力があるかどうかにかかってきます。

一方で、債権者と個別に交渉ができるのであれば、費用がかからず、また今後の借金返済を続けられるような和解内容を引き出す事にもなる可能性がありますので、4つの中で比較的自分自身で取り入れやすい方法かもしれません。

以上のように、それぞれの債務整理の手続によっても、難易度が違ってきますので、特に自己破産や民事再生の場合は、自分自身で手続きを取るのは難しいですし、煩わしいと考えた方が良いでしょう。

では、どうすれば良いのか??という時に、一番最初に考えるポイントが「自分自身で手続きを取るか、代理人を立てて全て任せるか」という事になります。

詳細をまとめています。

→ 任意整理するならどこがいいの?

→ 任意整理でおすすめの事務所は?

債務整理の代理人になれる権限があるのは

自分自身で手続きを取るのであれば、所定の手続きに従って進めれば良いのですが、代理人に任せる場合、親族や友人、会社の社長に任せれば良いのか?

と言えば、そうではなく、代理人となる権限を持つのは

  • 弁護士
  • 司法書士(認定司法書士も含む)

のいずれかになります。

弁護士は全般に代理権を有していますので、自己破産、民事再生、特定調停、任意整理(過払い金返還請求)の手続き、訴額に関わらず全ての手続で代理人になれますが、司法書士の場合は全ての司法書士が代理権を持つわけでなく、「認定司法書士」の資格を有した方だけが代理権を持てます。

しかし、認定司法書士と呼ばれる方でも、全ての代理権を持つわけでなく、

  • 訴額が140万円を超える(過払い金返還額が140万円を超える)場合は、代理人として和解交渉や手続きを代理する事は出来ません。
  • 自己破産や民事再生の手続の代理をする事は出来ません。

となっていますので、完全に弁護士と同じ権限で手続きをする事は出来ないという事をここでは知っておきましょう。

詳細をまとめています。

→ 任意整理でおすすめの事務所は?弁護士と司法書士の違いを知ろう!

そうは言っても、全国には多数の弁護士や司法書士事務所があり、口コミや評判の良い法律事務所(法務事務所)も多くありますので、どこが一番最適な事務所なのか??を探すのは、簡単ではありません。

口コミや評判の良い事務所を手法別にまとめています。

→ 債務整理の口コミや評判を比較するポイント

債務整理 評判良い弁護士や司法書士事務所を探す5つのポイント

ここまで、債務整理の手続を行うにあたり、代理人が必要な理由を述べてきましたが、実際に代理人を探す場合でも、どのような基準で探せば良いのか?はとても迷います。

そこで、当サイトでは5つのポイントでまとめてみましたので、参考にしながらあなたに最適な法律(法務)事務所探しをして頂ければと思います。

 相談料については、「無料」のところを探しましょう。

最初に相談先を選ぶ際に、弁護士や司法書士の法律相談は、一般的には相談料を30分や1時間単位で決めているところが多いです。

しかし、ただでさえお金がない借金問題に、相談するだけでお金を取られるというのは得策ではありません。

また、債務整理を得意とする弁護士や司法書士事務所の多くは、「相談料を無料」としているところが多いですし、中には「何度でも相談料無料という」ところもありますので、一度の相談で決めれない場合や他の事務所の話を聞いてみたいという場合に使いやすいです。

 弁護士と司法書士、いずれの場合も最終的には「面談」を

債務整理の相談方法は、

  • メールによる相談
  • 電話による相談

いずれかを経て、最終的には対面で相談するようにしましょう。

特にメールだけで相談し、委任契約を決める事は止めたほうが良いです。理由としては機械的な返信をしていたり、対応しているのが弁護士や司法書士ではなく、「代理権を持たない事務員の可能性もある」からです。

また、電話で相談しても、最終的には何か困った事があったりした時に、緊急で対応してくれるか、親身に相談に乗ってくるのか、代理人として信用をおけるかどうかは、とても大事なところです。

そのため、面談を経て、代理人となる弁護士や司法書士の対応を見ておく事は大事で、

  • 横柄な対応
  • 高圧的、上から目線な対応

をされないかを、しっかりと自分の目で確認しておくようにしましょう。

 弁護士や司法書士費用の内訳を確認しよう。

次に、相談時に代理人となった際の受任費用はどれくらいかかるのか??を確認するようにしましょう。

受任費用の内訳としては、

  • 相談料 (無料のところがほとんど)
  • 着手金 受任契約を結ぶにあたり、事件に着手する意味合いで支払う費用
  • 成功報酬 それぞれの手続に対して、定められた分を支払う費用
  • 減額報酬 借金をどれだけ減額したかによって、定められた分を支払う費用
  • 事務手数料 口座維持手数料、引き落とし代行、印紙代、郵送代など、事務に関わる費用

などが主な費用になりますが、それぞれの費用ごとに説明を受けられるようにしてくれるはずですので、内容を確認するようにしましょう。

ちなみに、自己破産、民事再生、任意整理、過払い金返還請求について、どれくらいの費用がかかるかの目安ですが、

  • 自己破産 着手金で20万円前後、免責決定までの手続きで20~30万円前後で計50万円程度
  • 民事再生 着手金で30万円前後、手続きなどで20万円前後(住宅条項特則付きの場合はもう少し高い)
  • 任意整理 着手金1社あたり5万円前後、1社あたりの減額報酬で10%、成功報酬も数万円程度
  • 過払い金返還請求 着手金無料(残金なしの場合、在りの場合は任意整理と同様)、1社あたりの減額報酬10%(残金ありの場合)、成功報酬は過払い金返還金額の20%程度

以上が目安となりますので、参考にして頂ければと思います。

 債務整理に強い弁護士や司法書士を選択しよう。

次に、債務整理ですが、評判良い事務所に共通するのが、「債務整理の案件に強い」という事が言えます。

ホームページなどに、債務整理相談実績ナンバー1だったり、過払い金返還請求実績ナンバー1だったりが書かれているケースがあります。

また、口コミや評判を比較するサイトなどをみると、それぞれの実績だったり、事務所に対してのメリット、デメリットなども分けて書いている事もありますので、それらも参考にしてみるのも良いかもしれません。

 債務整理後の未来まで考えられる事務所を

最後になりますが、これまでの4つのポイントで十分債務整理に強い、評判良い弁護士や司法書士を探す事は出来るでしょうが・・・

当サイトとして、最後に一つだけ付け加えるとすれば、「債務整理後の未来を見据える」というところです。

債務整理をするのは、その先にある明るい未来を描きたいからであって、債務整理をしてそこで終わりではありません。

是非、債務整理後の未来を見据えた、借金から心身ともに開放されて、人生をやりなおせるきっかけにして頂ければと願っています。

債務整理をする事でのデメリット

ここまで、債務整理のメリットや債務整理に強い、評判や口コミの良い弁護士や司法書士を探す方法についてまとめてきました。

しかし、債務整理はメリットばかりではなく、デメリットもありますので、そのことを忘れてはなりません。

ここでは、債務整理をする事でのデメリットについて、

  • 信用情報
  • 住宅ローン
  • クレジットカード
  • キャッシングやカードローン

という4つのキーワードに分けて説明していきます。

債務整理をすると信用情報がブラックリスト入り

まず最初に、信用情報についてですが、キャッシングやカードローン、住宅ローンなど金融機関(消費者金融なども含めて)からお金を借りる場合、必ず指定された信用情報機関に照会し、借入情報を確認する事が、貸金業法で義務付けられています。

貸金業法では、

  1. JICC(日本信用情報機構)
  2. CIC
  3. KSC(全国銀行個人信用情報センター)

という3つの指定信用情報機関が定められていて、情報の整備や更新する事が、信用情報センターには求められています。

それぞれの信用情報は、借入情報を最新の状態で更新する事の他、異動情報と呼ばれるいわゆる「信用情報のブラックリスト」についても報告する事が義務付けられています。

詳細をまとめています。

→ 債務整理と信用情報の関係について

よって、自己破産、民事再生、任意整理をした情報は、指定された期間(5年~10年)登録し続ける事が義務付けられています。

ただし、過払い金返還請求に関しては、そもそもが借金返済を終えていた分を取り戻しているにすぎないという考えから、異動情報とはみなされない事が、信用情報機関でも決定しています。
=いわゆるサービスコード71(契約見直し)を信用情報に報告しないという内容です。

過払い金の詳細まとめました。

→ 過払い金請求のリスクとは??

信用情報に異動情報が登録されると、後述でもありますが、新たにお金を借り入れしたり、今持っているクレジットカードなどが利用できなくなったり、様々な不都合が起きます。

一生涯のデメリットではありませんが、「債務整理をしてから5年~10年前後」はこのようなデメリットを背負う事を覚えておきましょう。

債務整理をすると住宅ローンが組めなくなる

次に債務整理をすると住宅ローンが組めないという、口コミや評判を見る事がありますが、これは半分本当ですが、一生涯組めないわけでもありません。

先ほども触れた通り、お金を借りる際には、保証人をいれたり、担保をいれたりする場合であっても必ず指定の信用情報機関を通して、借入情報のチェックをします。

住宅ローンを組む場合も同じで、信用情報機関で確認する事になりますが、その時に信用情報に債務整理をした旨の異動情報が出ていれば、金融機関としては簡単に与信を下ろすわけにはいきませんので、住宅ローンの審査に落ちる可能性が高くなります。

住宅ローン関連をまとめています。

→ 任意整理完済後、住宅ローンは組めるの?

債務整理をするとクレジットカードが使えなくなる?

次に、債務整理をすると今持っているクレジットカードが使えなくなるという評判や口コミを見ますが、クレジットカードは更新期限まで使える場合があります。

多くのクレジットカードが、5年に1度くらいのペースでカードの更新審査をしますが、そのときに信用情報に照会する事になりますので、その時に異動情報が登録されていると、更新審査に通らない可能性があります。

しかし、クレジットカードの利用歴などで信用があると判断した場合に、更新されるケースもあるようですので、一概には使えなくなるとは言えません。

債務整理後は、クレジットカードを新たに作れない

逆に新たなクレジットカードの審査を申込みする場合ですが、その際には審査申込み時点で信用情報に照会する事になりますので、クレジットの審査に通らない可能性が高いと思って良いでしょう。

クレジットカードの審査ですが、例えば家賃の保証人になっている場合など、自分自身の借金で無いケースでも、保証元の信用情報照会するケースもありますので、様々な要素で審査されます。

一概に審査に通らない理由が、信用情報だけでは無いと言えます。

クレジットカード関連をまとめています。

→ 債務整理とクレジットカードの関係

債務整理後は、キャッシングやカードローンの利用が出来ない

最後になりますが、お金を借りると言えば銀行系カードローンや消費者金融(サラ金)が有名ですが、これらの金融業者についても、クレジットカードと同様に信用情報に照会し、与信判断をします。

キャッシングやカードローンは、信用情報に異動情報があると融資をしにくい傾向がありますので、口コミや評判でも出ている通り、債務整理後の異動情報が消えるまでの期間は、新たな融資を受ける事が出来ないと思って良いのでは無いでしょうか。

以上、債務整理に関する口コミや評判の良い事務所探しのコツ、債務整理のメリットデメリット、債務整理の種類についてまとめました。

これから債務整理の手続に入ろうと思われている方のお役に立てれば幸いです。

また、当サイトでは、債務整理に関する事務所の評判や口コミをアンケートで収集したり、債務整理で気になる情報、それぞれの債務整理の種類のメリットやデメリットについてを随時情報発信していこうと思いますので、ご覧頂ければと思います。

当サイト調べ 債務整理に強い事務所はここ!

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする