アビリオ債権回収株式会社の督促を無視は危険?架空請求や迷惑メールとの区別の仕方

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

日本大手の債権回収会社の一つアビリオ債権回収株式会社ですが、アビリオのサービサーという業務内容はどんな事をしているのでしょうか?

Yahoo知恵袋や2chを含めて実際に督促された方の体験談を通して口コミや評判をチェックするとともに、債権譲渡通知書や督促の手紙、メール、電話が来た場合に無視するのではなく、どのように対処したら良いのか?をまとめていきたいと思います。

アビリオ債権回収会社とは?

アビリオの業務は「サービサー」と呼ばれる業務で、不良債権を買い取り債権回収を法務大臣の認可を受け、債権管理回収を専門に行う会社です。

不良債権の買い取りや回収できるサービサーの範囲は、法律に定められた特定金銭債権の譲受回収や受託回収に限られます。

特定金銭債権とは?

特定金銭債権とは、サービサー法で規定されている下記の金銭債権で

  • 銀行等の金融機関・貸金業者が有する(有していた)貸付債権
  • リース・クレジット債権等
  • 特定目的会社(SPC)が流動化対象資産として有する金銭債権等
  • 法的倒産手続中の者が有する金銭債権等
  • 保証会社・金融機関等が有する求償債権等
  • その他、政令指定で定める特定金銭債権

を指します、上記に限ってサービサーが譲受もしくは委託を受けて債権管理や回収業務を行う事が出来ます。

わかりやすく言えば、

  • 消費者金融のキャッシング
  • 銀行系のカードローン
  • クレジットカードの支払

などは、サービサー法で認められている「特定金銭債権」となります。

アビリオ債権回収株式会社を語る架空請求もあります

上記のとおり、債権の譲渡や委託を受けた業者となるので、正規の手続きを踏んで債権譲渡されたり、委託されている事を示す事になりますが、詐欺案件で架空の債権を請求するような事例も多くあります。

実際にあった事例として

債権譲渡を受けた、債権の回収の委託を受けているといった内容の通知書や請求書が届き、連絡先が携帯だったケース

アビリオでは、連絡先を携帯電話で指定する事はありませんので、連絡先を指定している通知書には要注意です。

携帯電話や通信端末の利用など各サイトの利用料金が未納している、連絡がない場合に訴訟手続に移行するなどの内容がメールで届き、連絡先に指定の連絡先やメールアドレスの記載があったケース

アビリオでは、メールで支払いに関する連絡をする事はありません。

振込先が個人名で明記されていて、口座を指定してくるケース

アビリオでは、個人名義の口座を指定する事はなく、全て法人名義の口座となりますので、個人名義となっている場合は要注意です。

アビリオ債権回収株式会社の督促の流れ

アビリオでは、催告書→お電話のお願い→債権譲渡通知書という流れで、督促文書を債務者に送付するのが一般的です。

上記のような不正業者で無い限り、正当な権利に基づいて債権回収を委託されているか、もしくは譲渡されて請求している事になります。

期間にしておおよそ1ヶ月半~3ヶ月程度で、上記のような手続きを踏んで、裁判をするか否かを判断していく事になります。

アビリオ債権回収株式会社の口コミや評判

ここまでアビリオから督促を受けた場合に無視は出来ないという事をまとめてきましたが、実際の体験者の口コミや評判をここでチェックしておきたいと思います。

夫あてにアビリオ債権回収株式会社から通知が届きました。主人は借金をしているのか?本人には怖くてきけないのですが、どういった内容の手紙なのでしょうか?

書面には、

(譲受人会社)
・アビリオ債権回収株式会社
・法務大臣許可番号___

(譲渡人会社)
・ プロミス株式会社(現SMBCCF株式会社)
・関東財務局長(11)第___号

と記載があったとの事です、この内容より譲渡人会社に当たるプロミスでご主人様が借金をしていて、返済をしていないという事を示している内容だという事です。

そもそもアビリオ債権回収株式会社はプロミスの子会社にあたるので、債権回収ができない場合にプロミスは債権を譲渡する事がありますので、その典型例という事になります。

次の事例です。

アビリオ債権回収株式会社から「お電話のお願い」というはがきが届きました。主人は過去に知人に騙されて借金をしたそうで、カードも知人に渡していて返済していないとの事です。しかしもう9年以上も前の事で一度も返済していないのに、時効なのになぜ請求されるのでしょうか?

書面には、

(譲受け人会社)
アビリオ債権回収株式会社
(譲渡人会社)
プロミス株式会社(現SMBCコンシューマーファイナンス)

と書かれているので、プロミスの借り入れだという事は理解できますが、9年以上も前の場合は消滅時効を援用できる可能性は確かにありますが・・・

管理人が一つ気になる点が「カードを持っておらず、返済に関しては知人任せだった」という点です。

いわゆる「名義貸し」という状況だと思うのですが、知人がもし返済を本人に知らせず途中まではきちんとし続けていて、ある時から返済を滞らせ、現在に至っているという場合、消滅時効にかかっているのか?が問題になります。

名義貸しと言っても、返済義務があるのは本人ですので、今回のケースはご主人様が完全に悪い事になりますし、消滅時効になるのかどうかを先に確認した上で対処しなければ、全てご主人様の責任になってしまいますので、要注意です。

アビリオ債権回収株式会社を無視し続けると裁判になるのか?

架空請求や迷惑メールの類だと無視するのが一番なのですが、正規の債権管理、回収の業務としてアビリオから請求を受けているのを無視するのは、後々裁判への手続きへ発展する可能性があります。

裁判を起こすケースですが、通常の債権回収の委託業務だけでなく、消滅時効前の債権を譲受して裁判を起こしてくるケースもありますので、必ずしもアビリオに債権回収を委託したからといって訴えられるというわけではありません。

とは言え、無視し続けていく中で裁判を起こされてしまうと、判決になればゆくゆくは強制執行されてしまう可能性もありますので、きちんと対処しなければ損してしまう可能性もあります。

しかし、自分だけではどうやってアビリオとの交渉を進めて良いのか分からない・・・また場合によっては消滅時効で支払いする必要がないものがあるかもしれない場合に、債務の承認をせずに状況を見極めたいという事であれば、「債務整理の経験が豊富な強い弁護士や司法書士」へ相談した方が確実です。

債務整理に強い弁護士に相談した方が良い理由

アビリオに限りませんが、借金を放置していて得な事は何ひとつありません。

借金を長期間放置していると「期限の利益の喪失」といって、分割返済する権利であったり、期日まで返済を求められない権利を主張する事ができなくなり、一括で返済を請求される事になります。

しかも、完済までの間に遅延損害金として年率14%前後の利息も付けて支払う必要があり、負担が増します。

まず、債務整理をする事によって、遅延損害金や期限の利益の喪失によるリスクをなくす事ができ、任意整理で和解ができれば元金の分割返済を基本とした内容で和解ができます。

また、和解ができるまでの間、代理人となる弁護士や司法書士が代わりに交渉をしてくれるので、自分で交渉したり、手続きを進めるという面倒な事もありませんし、その間に本人に勝手に連絡を入れる事も禁止されますので、督促電話や取り立て行為を受ける事もありません。

まとめますと、

  1. 任意整理をする事で遅延損害金の支払いを含め将来利息をカットする事が出来る。
  2. 期限の利益喪失による一括請求についても、交渉して分割払いを認めてもらう事が可能。
  3. 弁護士や司法書士が代理人となる事で、取り立てがストップする。

というメリットがあるのでオススメです。

反対に債務整理をする事でデメリットが有るとすれば、

  • 弁護士や司法書士にお願いするのに、費用が発生する。
  • 信用情報に事故情報が登録され、その期間はカードが作れず、新たな借金も出来ない。

といったデメリットがあります。

債務整理をするにも、もちろんメリットやデメリットがありますが、アビリオの取り立てを無視し続ける事は、得な事はありませんので、借金を放置するよりも早期に解決をしたいと思う方は、一度きちんと相談に乗ってもらって、どうした方が良いか?の方向性を決めていかれてはいかがでしょうか。

現役時代 債務整理で手強かった事務所と言えば・・

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る