債務整理すると銀行の融資が受けられない?新規口座を作る事も出来ないの?

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

債務整理には、自己破産、民事再生、任意整理、特定調停と手続きがありますが、それぞれの手続を取る事で大きなデメリットを上げるとすれば「信用情報に異動情報(ブラックリスト)が登録される」という点です。

ブラックリストがあると、銀行をはじめとする金融機関が新規に融資を行う際に、信用を落とす事になり、融資を受けられない可能性が高くなってしまいます。

それぞれの信用情報への登録期間としては、

債務整理の事故情報の期間はCICとJICで違うの?支払い期間の定めはあるの?
債務整理には、自己破産、民事再生、任意整理、特定調停とありますが、JICやCICといった各信用情報機関に異動情報が登録される期間はどれくらいなのでしょうか?また、債務整理の返済期間に期限の定めはあるのでしょうか?ここでは債務整理と期間についてをまとめました。

で詳しく紹介していますが、5年~10年程度と、それぞれの手続によって違いがありますので、その期間内は融資を受けるのは難しいと考えても良いかと思います。

債務整理が理由で口座開設は出来ないの?

ただし、信用情報に異動情報が登録されているからと言っても、他の銀行業務について制限される事はありません。

例えば、新規の口座開設ですが、犯罪収益移転防止法という法律によって決まりはありますが、免許証などで本人確認を必ず行う事は決まっていますが、信用情報の異動情報があるというだけの理由で断られるという事は基本的にはありません。

※法人の口座開設については、別途審査基準がありますので、あくまで個人の口座開設という事で理解して下さい。

疑いのある取引で口座開設を断られるケースも

ちなみに、個人の口座開設で開設をお断りされるケースで、もっとも考えられるのは「資金洗浄」と呼ばれるマネーロンダリングなど、取引に疑いがあるケースです。

マネーロンダリングは、ヤミ金ウシジマくんや新宿スワンなど、金融系の漫画を読んでいると、ちょくちょく出てくる言葉なんですが、ヤミ金業者などが、不正にあげた利益は、そのまま表に出ると、税金がかかってしまったり、不正に稼いだ事がバレてしまいます。

これを防ぐために、架空会社を通したり、お金をいくつかの会社を巡回させたりする事で、表に出てもバレないように資金をきれいにする(=洗浄する)事が、マネーロンダリングと呼ばれるものです。

このマネーロンダリングのために、不正に取得した口座が取引で使われたり、裏帳簿の口座を管理するために使われる事があり、これらの不正な取引ができないように、口座開設を行う際には本人確認を徹底する事になっています。

銀行口座の預金を封鎖される事がある?

一つだけ債務整理をする事で銀行口座に影響を与える可能性がある事があります。

それが、

銀行カード ローンが支払えない!任意整理を検討する前にやるべき事は?
債務整理には、任意整理、自己破産、民事再生、特定調停と手続がありますが、消費者金融(サラ金)などの借金を任意整理する時と違って、銀行系カードローンの場合にはいくつか注意しなければならない点があります。ここでは総量規制対象外の銀行系カードローンの任意整理において気をつけるべきポイントをまとめましたので、参考にして頂ければと思います。

上記の過去記事で書いているのですが、銀行系カードローンを利用している場合に、債務整理をすると口座内のお金と相殺するために、預金口座を凍結する場合があります。

もし、給料の振込先として使っている口座の場合は、給料が振り込まれても、口座を凍結されているので引き出し出来ませんし、クレジットカードの引き落としも出来ない可能性がありますので、要注意です。

以上、債務整理と銀行口座に関するまとめになります。

債務整理をしても、口座を作る事には影響しませんが、銀行系カードローンを利用していて、その分も債務整理をしようと考えている場合は、注意しましょう。

現役時代 債務整理で手強かった事務所と言えば・・

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る