ブックメーカーを日本でやるのはNG?借金を作る危険性は無いの?

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

海外のブックメーカーサイト、10betでは現在ワールドカップ2018年ロシア大会に向けて、着々を準備が進められています。

また、各グループのオッズ予想も出てきて、これからのワールドカップをさらに盛り上げる事間違いありません!

しかし、我々の済む日本では賭博行為は法律違反なのか?そもそも借金する危険性のあるものではないのか?気になりましたので調べてみる事にしました。

ブックメーカー 日本国内でやる事は問題なし?

最初に、ブックメーカーですがスポーツの勝敗にお金を賭けて楽しめるオンラインサイトですが、日本では野球賭博が問題になったように、賭博行為に関する法律整備は進んでいないため、日本国内で賭け事をして逮捕者が出る事もあります。

実際、オンラインカジノで逮捕者が出たという報道も見かけましたが、同様の理由で逮捕者が今後も出てもおかしくないのでは?と思ったので、調べてみたところ・・

なんでも、スマートライブカジノというオンラインカジノは、明らかに日本人をターゲットにしたサイト構成(日本語のみの対応だったり、日本仕様に作られていて多国籍で利用できるものではなかったという解釈)だった事、そのサイトを日本で利用する事は実店舗がなかったり、海外のサーバーであっても利用者は逮捕される恐れがあります。

そのため、上記のようなサイトは今では少ないとは思いますが、日本国内でオンラインであっても利用するような事は控えて下さいね。

ブックメーカーは借金をする危険性は無いのか?

ブックメーカーに限らず、パチンコや競馬など賭け事に熱を入れすぎる事で借金に走ってしまう方のリスクは、平等にあると思いますので、ブックメーカーだけを見て借金をする危険性を語る事ができませんが・・

ブックメーカーそのもののシステムが負けるように出来ていたり、借金を背負うような危険性はないのか?を念の為調べてみました。

すると、ブックメーカーの危険性という事であげていたのが、情報商材で紹介されている「アービトラージ」と呼ばれる絶対に負けない法則を利用してのベットです。

例を挙げると、

AとBのブックメーカーで、ドイツ対イタリアの試合があり、それぞれのオッズが

  • Aブックメーカー ドイツ 2.2倍、イタリア 1.8倍
  • Bブックメーカー イタリア 1.7倍、ドイツ 2.1倍

となっていた場合、Aはドイツに、Bはイタリアそれぞれに同額をかけておきます。

すると、どちらが勝とうとも差額分を儲ける事ができるという事で必ず勝てるという事になっているのですが、システム上必ず望んだ通り取引ができなかったり、片方の取引を一方的に中止する事もあるそうで、思うように取引が成立しなければ、大きな損失を出してしまう事もあります。

また、マックスベットといってアービトラージで勝ち続けていると、ベットできる金額の規制を行われる事もあって、今まで300ドルまで賭けられていたものが、10ドルしか賭ける事ができなくなってしまう事もあるそうです。

ブックメーカーを日本でやるのはNG?まとめ

これからワールドカップが盛り上がり、野球くじも発売、IR法案を経て日本にもカジノが出来てくれば、日本国内でブックメーカーをしても規制はどんどん低くなっていくと思われます。

しかし、まだ現在のところはグレーな部分も多いため、きちんと知った上で行わないと日本国内で間違ったサイトを利用すれば、逮捕されてしまう可能性があります。

また、アービトラージという絶対勝利の法則に踊らされて、必ず勝てる方法を実践しても、そのうち稼げなくなるマックスベットを導入されてブックメーカーサイトからマークされたり、システムの都合や運営会社の都合で取引を中止されたりする事もあります。

これらの危険性を理解した上で、自分で楽しめる範囲でブックメーカーを楽しむのは良いかと思いますが、借金を背負い込んでまでやる事ではないという事はここでも理解頂ければと思います。

現役時代 債務整理で手強かった事務所と言えば・・

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る