債務整理すると携帯の分割(割賦)購入ができなくなるって本当なの?

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

債務整理には自己破産、民事再生、任意整理、特定調停の手続きがあります。

それぞれの手続きにはメリットとデメリットがありますが、どの手続きをとっても携帯やスマホの分割(割賦)購入や機種変更、MNP(携帯電話番号ポータビリティ)などに影響が出るのでしょうか?

ここではその影響や注意したいポイントについてまとめましたので、参考にして頂ければと思います。

債務整理をすると携帯やスマホの分割購入が出来ないの?

まず始めに、債務整理をすると、携帯はスマホの分割購入が出来なくなるのか?という問題ですが、携帯やスマホを購入する際に申込書に記載されている信用情報機関には、CIC、JICC、JBAと呼ばれる信用情報へ登録もしくは提携すると書かれています。

具体的には、

  • ソフトバンクは、CICとJICCへ登録、JBAは提携する。
  • au、ドコモはCICだけ登録、JICCとJBAは提携する。

となっていて、若干の違いがありますが、いずれにしても指定信用情報機関へ登録しているという事は、債務整理をした情報を携帯電話会社は知る事が出来るという事です。

その他に、携帯電話会社が通信費の未払いなどを管理する指定情報機関として「TCA」と呼ばれる情報がありますが、一般社団法人電気通信事業者協会から提供されます。

信用情報機関の異動情報は、借金返済に関わる問題ですので、必ずしも携帯電話会社が審査で重要視しているか?と言えないかもしれませんが、TCAの情報は「未払いに関する情報」ですから問題があれば、携帯やスマホの新規契約やMNPなどを使った他社乗り換えにも影響があると思って良いのでは無いでしょうか。

ちなみに、信用情報の中でCICについてはクレジットカードの返済状況を確認できる事になっていますが、クレジットカードで携帯電話料金の支払をする方も多いです。

もし、クレジットカードの返済状況に問題があれば、携帯電話の分割購入や機種変更の審査に影響を与える可能性は大きいと考えても良いのではないでしょうか。

債務整理をしても契約できたケースもあるの??

ただし、過去に債務整理をした方の中でも、

  • クレジットカードを債務整理せず、他を任意整理の手続きをした
  • 携帯電話の通信料金に延滞も未納もなかった
  • 10万以下の耐久消費財で、生活に必要なものとして扱い、クレジットカードの審査をしなかった

事で、問題なく携帯やスマホの分割購入や機種変更が出来た例もあります。

必ずしも分割購入や機種変更の契約が出来ないというわけでなく、最終的には携帯電話会社の判断次第という事になるかもしれません。

最近では格安スマホでMVNOがたくさんあったり、格安SIMを購入するケースも増えてきていますので、全ての携帯電話会社が一緒の扱いというわけではありません。

それぞれの債務整理の手続きによって違いがあるの??

最後になりますが、債務整理の4つの手続き+過払い金請求によって、新規契約、分割購入、機種変更の手続きに影響が出るのか?を表でまとめましたので、参考になればと思います。

新規契約
(分割購入含む)
ブラックリスト期間 備考
自己破産 × 5年~10年 契約が難しい可能性あり
民事再生 × 5年~10年 契約が難しい可能性あり
任意整理 5年 クレジットカードを外すなど
状況次第で可能な事も
特定調停 5年 クレジットカードを外すなど
状況次第で可能な事も
過払い金請求 無し※
(債務整理中は影響あり)
そもそも債務整理しても
影響が無いので問題無し

 一緒に読まれています。

当サイト調べ 債務整理に強い事務所はここ!

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする