債務整理すると車のローンは組めない?保証人が必要になるの??

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

債務整理(自己破産、民事再生、任意整理、特定調停)は、借金返済ができなかったり、借金が減らない時に手続きする事で、借金問題を解決する可能性を秘めていますが、メリットもあればデメリットもあります。

特に、信用情報上に異動情報と呼ばれる事故情報が一定期間登録される事になりますので、当面の間は新たな融資やクレジットカードの発行審査、ローンの申込みをしても、審査に通らない可能性が高いです。

審査に通らないのは、消費者金融のキャッシングやカードローンといった個人向けの融資だけでなく、住宅ローンや自動車ローンにも影響が及びます。

その理由は、登録される信用情報機関が

  • JICC(日本信用情報機構)
  • CIC
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)

といった複数の機関に異動情報が登録される事が理由になります。

まず、JICCについては、キャッシングやカードローンに関する借入情報が、CICについてはクレジットカード関連の借入情報が、KSCについては銀行関係のローンの借入情報が登録された情報機関になっていて、それぞれの情報センターは事故情報に関しては互いに交流しあっています。

例えば、キャッシングで事故情報(債務整理や延滞、貸倒といった情報)を登録されると、CIC、KSCにも事故情報が登録される事になります。

登録期間ですが、

  • 自己破産と民事再生で5年~10年程度
  • 任意整理、特定調停で5年程度

事故情報を登録する事になりますので、上記の期間程度は審査に通らない可能性が高いと思って良いでしょう。

債務整理をすると、自家用車は処分しなければならないの??

続いて、債務整理をするのに、所有する車を処分しなければいけないのか??ですが、必ずしも処分する必要がありません。

ただし、自己破産や民事再生の場合は、資産価値がある換価価値の高いものと管財人に判断された場合は、処分をしなければいけない可能性があります。

その他の任意整理、特定調停の場合は、自家用車のローンを債務整理の対象としていない限り、処分せずに引き続き所有する事が出来ます。
(民事再生でも、管財人の判断で処分を不要とする場合もあります。)

自家用車のローンは債務整理する事は出来ないの??

次に自家用車にローンがある場合に債務整理が出来ないのか?もしくは自家用車のローンそのものを債務整理出来ないのか??という点です。

まず、自家用車のローンがある場合、その他の借金を債務整理する事は「可能」です。

債務整理するかどうかは、個別の債権ごとに確認していく事が出来ますので、自家用車のローンを含めずに、その他の借金を債務整理すれば良いです。

また、自家用車のローンそのものを債務整理する事についてですが、自家用車を処分する前提であれば「可能」です。

引き続き自家用車が必要なのか、維持費などの必要経費を考えた場合に、引き続き所有する事が望ましいのか??を考えて、ローンを債務整理するかどうかを検討してはいかがでしょうか。

車のローン審査の仕組み

ここまで、債務整理をする事でデメリットがある事をお話してきましたが、自動車ローンへの影響について、ここから書き進めていきたいと思いますが、理解を深めるために自動車ローンの一般的な仕組みについて解説しておきます。

自動車ローンですが、その名のとおり「自動車購入のために組むローン」です。

ローンは新車もしくは中古車でも組むことができますが、

  1. 銀行などの金融機関で組むローン
  2. ディーラーローン(購入先のディーラーで組むローン)
  3. ディーラーの残価設定型ローン

が主なローン形態です。

金利は、それぞれの金融機関やディーラーでまちまちですが、3%後半~6%前後の年率が多く、固定型や変動型などがあります。

また、「保証料」と金利を表示している金融機関もありますので、その場合は年率+保証料が実質年率だと考えておきましょう。

自動車ローンの金利ですが、車種別に設定している場合、キャンペーンで金利を下げているケースもありますので、欲しい車種の車がある場合は定期的にチェックしておくと良いでしょう。

残価設定型ローンとは

一般的な自動車ローンはだいたいイメージできますが、「残価設定型」とは何??という方向けに簡単に紹介しておきます。

残価設定型ローンとは、

数年後に車を下取り車として車を出した場合の価値を支払い期間に応じて設定された残価が据え置きされたローン

の事をいいます。

例えば、500万の自動車ローンを5年残価設定型にし、3年後の下取りを200万円とした場合、2年で300万円を分割して返済し、残価は最終回にお支払する返済計画を立てる事になります。

自動車ローンに限りませんが、ローンの仕組みは「所有権留保」に特徴があり、ローンが支払い終わるまでは、所有権は購入者の元にはきません。

自動車の場合は分かりやすいのが「車検証」です。

車検証の車の名義にはローン会社(金融機関)が記載されていて、ローンを完済する事で所有権移転の登記を行う事になります。

そのため、自動車ローンが残っていて債務整理をする場合は、所有権留保された状態のため、車は没収され、ローン会社によって換金手続きが行われて、債務の返済に充てられる事になります。

以上、債務整理と自動車ローンへの影響についてまとめました、自動車を所有し続けるかどうかで債務整理の手続きをどうするのか??も変わってきます。

そのため、持ち家や車のローンがある場合は、弁護士や司法書士といった専門家に相談した方が良いかと思いますので、これから債務整理の手続を検討している方は当サイトのトップページを参考にして、最適な手続方法やオススメの事務所探しのヒントを得て頂ければと思います。

当サイト調べ 債務整理に強い事務所はここ!

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする