「 特定調停 」一覧

特定調停の異議申し立て方法や効果についてまとめてみました。

特定調停の異議申し立て方法や効果についてまとめてみました。

特定調停で調停成立する以外の方法として17条決定と呼ばれる手続きがあります、和解に代わる決定とも呼ばれていますが、債権者と債務者双方の利益を損ねない形で和解できていない場合に、異議申し立てを2週間以内であれば行う事ができます。ここでは特定調停の異議申し立てについてまとめました。

トップへ戻る