貯金ゼロで借金地獄 借金をゼロにして人生をやり直す方法は無いの??

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

借金を毎月毎月返済しても、全く完済目処が見えずに、いつになれば借金から開放されるんだろう・・

そうやってお悩みの方、貯金ゼロでも借金地獄から抜け出す方法は、実は様々あります。

また、ずっと借金を返済してきた方の中には、返済しなくても良い借金を返済し続けている可能性があります。

ここでは、借金地獄から一日でも早く抜け出し、人生をやり直したいという方が必見の情報をまとめていますので、参考にして頂ければと思います。

借金をゼロにできる債務整理について

まず最初に借金をゼロにできる可能性がある方法についてですが、「債務整理」と呼ばれる手続きがあります。

債務整理には、

  • 自己破産
  • 民事再生
  • 任意整理(過払い金返還請求)
  • 特定調停

と4つの手続きがありますが、この中で借金をチャラにできる方法は「自己破産」です。

自己破産と聞くと、場合によってはネガティブなイメージを抱く方もいらっしゃるかもしれませんが、自己破産をしても大きなデメリットは日常生活を歩み上で特にはないと感じています。

自己破産のデメリットに関しては、

自己破産のデメリットは家族、仕事、選挙権にまで影響するの?
債務整理には自己破産、民事再生、任意整理、特定調停とありますが、借金を免責しチャラにする事ができる自己破産はもっとも強力な債務整理の方法になりますが、デメリットとして旅行に行けないなどの行動の制限、選挙権の剥奪、職業の選択の制限、家族への影響があるのか?などは気になるところですので、ここでまとめていきます。

こちらで詳細をまとめていますので、合わせて読んで下さい。

自己破産をすると、「官報情報」と呼ばれる国の機関紙に氏名や破産番号などが掲載される事になりますが、その情報を見て自己破産をしていると見つける事は、そうそう出来るものではないですし、そもそも一般人が官報を見る機会は、ほとんどありません。

ご自身の事を振り返って頂きたいのですが、自分が官報情報を目にした事はありますか?管理人は元金融業者のため見たことがありますが・・・

もしあるとすれば、官報に関わる情報を必要とする仕事に就かれているか、大学の法学部に所属しているなど、一部の方に限られます。

このように、自己破産をしても、基本的に周りの方に知られるという心配はないという事です。

さすがに家族にも内緒にしてほしい・・となる場合は、自己破産は自宅にある資産を処分する事にもなるので、難しい可能性が高いです。

むしろ、人生をやり直すという転機にするべきなので、家族にも借金があった過去を告白し、これから心新たにやり直す意思を示す方が、協力を得やすい場合もあります。

借金がゼロになっても、新たな借金を背負ってしまっては全く意味がありません。

新たな借金を背負わないためにも、家族の協力も不可欠かと思いますので、この点は真剣に向き合って考えて頂ければと思います。

自己破産以外にも借金がゼロになる可能性が

消費者金融などで借金をしている場合、返済義務は本人以外に保証人がいない限りは発生しません。

そのため、消費者金融で借入している分は自己責任で解決するもので、いくら家族、親、子供であっても、返済義務を背負う必要はありません。

逆を言えば、本人の返済義務も「なくしてしまう事が出来れば」借金を返済する義務もなくなってしまうという事になります。

とは言え、借金返済の義務をなくす事なんて出来ない・・と思われる方がほとんどかと思いますが、2つの方法があります。

まず1つ目の方法は「時効を援用する」方法です。

借金返済を放置し、5年間一定の条件を満たす事で、消滅時効を援用する事が出来ます。

ただし、消滅時効を援用する事を妨害された場合は、時効の条件を満たす事ができなくなります、この事を「時効の中断」と呼びます。

時効の中断事由については、

債務整理よりも時効待ちするのは有効?時効の中断事由や援用と合わせてまとめました。
債務整理には自己破産、民事再生、任意整理、特定調停、過払い金返還請求とありますが、手続きを取るよりも時効を援用する方が良いもの?時効の中断事由や時効の援用に関して知っておきたい情報をまとめましたので参考して下さい。

こちらで詳しくまとめていますので、参考にして頂ければと思います。

時効を援用出来れば、借金はチャラ(そもそも権利義務がない状態になるので)となりますので、返済する必要がなくなります。

2つ目の方法は「業者と和解する」方法です。

金融業者と話し合い、借金ゼロで和解をしてもらうという方法です。

いやいや・・それは現実的な話ではない・・・と思われた方も多い方と思いますが、通常であれば現実的な話ではありません。

しかし、生活保護を受給している場合は、業者と和解する事が出来る可能性があります。

理由としては、消費者金融などの正規業者は生活保護を受給している方に対して、返済を迫る事は出来ないからです。

返済を迫られないのであれば、借金返済を将来できないという事で和解を提案すれば、相手も納得してくれる可能性がありますので、ダメ元ですが試してみて下さい。

最後に、例外として借金をゼロにする方法として「過払い金の請求」があります。

過払い金とは、利息制限法を超えるグレーゾーン金利を利用中の方が、引き直し計算をする事で払いすぎた利息が発生する事があり、この分を言います。

過払い金の請求をすると、元金はゼロになりますし、業者に対して逆に過払い金を返還してもらうように請求する事になりますので、ある意味借金をゼロにする事になります。

ただし、今では利息制限法で消費者金融では融資を行っているので、過払い金が発生している方は、全ての方というわけではありませんので、ここでは例外とさせて頂きました。

過払い金を請求するのに気をつけたいポイントは、

過払い金請求をするリスクは何かあるのでしょうか?気をつけたい3つのポイントを紹介
債務整理には、自己破産、民事再生、任意整理、特定調停とありますが、この中で任意整理を行う過程で利息制限法に基づいてグレーゾーン金利の引き直し計算を行う事で、過払い金が発生しているかを確認する事が出来ます。ここでは過払い金請求のリスクについて3つのポイントをまとめましたので、参考にして頂ければと思います。

こちらでまとめていますので、合わせて読んで頂ければと思います。

以上、借金をゼロにするための方法を3つの視点からお伝えさせて頂きました。

どの方法が一番最適か??はそれぞれの債務状況によって変わってきますので、一概には言えませんので、もし迷う場合は弁護士や司法書士といった借金問題を解決してくれる専門家に相談してみるのが一番です。

早期に問題解決が出来ますよう、当サイトの情報がお役に立てれば何よりです。

当サイト調べ 債務整理に強い事務所はここ!

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする