家計や生活が苦しいのが借金が原因の場合、有効な解決方法は何??

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

家計のやりくりをいくらしても生活が苦しい時に、借金の返済がさらに増えてしまうと、貯金も出来ませんし、場合によっては毎月赤字で生活する事になりかねません。

ましてや毎月赤字なのは借金が原因・・

という事では本末転倒ですし、早急に改善策を考えなければ、家計がパンクしかねません。

ここでは、借金で生活が苦しい方は必見!

借金に悩まない有効な解決方法について、まとめてみましたので、参考にして頂ければと思います。

借金を自力で解決したい!お金をかけたくない方にオススメの方法

まず最初に、借金を自力で解決しようと思っている方にオススメの方法ですが、借入先に個別に相談していく方法です。

各金融業者ごとに相談体制が違いますが、最初に譲歩をしてもらうとすれば「金利の引き下げ」または「毎月の返済金額の見直し」です。

例えば、年率18.00%で利用している金利が10.00%まで引き下げできた場合、8.00%もの金利負担が軽減されます。

この差は相当大きくて、例えば50万円で1.5万円ずつの返済を行う場合では、110,188円もの利息負担を軽減する事になります。

そのため、一番最初に契約内容の見直しを出来る場合は、金利引下げから始めるのが一番と言えます。

次に、毎月の返済金額の見直しになりますが、毎月の返済金額を下げるという事は、結果的に元金返済も減る可能性がありますので、出来ればあまりオススメはしません。

しかし、毎月の返済額が下がる事で、家計のやりくりが楽になるのであれば、検討した方が良いかと思います。

もし、毎月の返済額を下げたい場合は、「あと何年以内で借金を完済したいか」という事は念頭に置いて、返済金額を調整するようにして頂ければと思います。

この2つの契約内容の見直しについては、専門家の力を借りずとも、自分自身で手続きができる初歩的な借金返済相談になります。

まずは、債権者との契約内容の見直しで、負担を軽減できるか、借金返済を継続できるかを探ってみるところから始めてみましょう。

お金はかかるが、借金に苦しい場合には専門家へ相談を

各債権者へ相談するも、契約内容の見直しが思うような結果が出ない、家計のやりくりが依然として楽にならない、赤字のままというケースの場合は、抜本的な見直しが必要です。

その場合に、ご自身の手だけでは借金問題を解決するのは難しいので、そのような場合には「債務整理」という方法を取るのが一番です。

債務整理には、

  • 自己破産
  • 民事再生
  • 任意整理(過払い金請求)
  • 特定調停

と呼ばれる4つの方法があります。

自己破産は、申立てと免責をする事で「借金をチャラ(免除)」にする事が出来ます。

民事再生は、債権者の同意を得て、再生計画認可を得る事で、「借金を大幅に圧縮」する事が出来ます。

任意整理は、債権者との話し合いで和解する事で「将来利息をカット」する事が出来ますし、任意整理は調停委員が裁判所の仲介となり和解をする事が出来ます。

それぞれの手続きをする事でメリットもありますが、信用情報にはブラックリストが登録される事であったり、ブラックリスト登録期間中の5年~10年以内は、新たな借金が出来なかったり、クレジットカードを作れなかったり、各種ローンの審査に通らないという事も考えられます。

それぞれの手続きには、印紙代や手続き代などがかかりますが、自分自身で出来る場合はそこまで費用はかかりません。

ただし、債権者と交渉したり、裁判所に出廷したり、法律的な知識も必要となる場合などもあるので、もし面倒だったり、自信がない場合は弁護士や司法書士といった法律の専門家に任せるのが一番です。

弁護士や司法書士に任せるメリット

債務整理を弁護士や司法書士にお願いすると、受任費用がかかりますが、それ以上にメリットがあります。

メリットとしては、

  • 代理人として本人代わり、和解交渉、手続き、書類作成など出来ます。※1
  • 債務者の状況を理解し、債権者に妥協する事なく有利な条件で手続きを進めます。

※1ただし、認定司法書士の場合は、簡易訴訟代理権までの範囲となりますので、注意が必要です。

簡易訴訟代理権については、

任意整理って費用は安いの?CMでおなじみの弁護士アディーレ法律事務所を例に紹介
債務整理には、自己破産、民事再生、任意整理、特定調停と手続きの方法がありますが、今回は任意整理の費用についてまとめていきます。費用を安い、分割などの相場や弁護士や司法書士による違い、またCMでおなじみのアディーレ法律事務所を事例に紹介したいと思います。

こちらでまとめていますので、一緒に参考に読んで頂ければと思います。

以上、借金が苦しい時にやって頂きたい3ステップとして、

  1. 各債権者に契約見直しを自分で相談する。
  2. 契約見直しが難しい場合は債務整理を検討する。
  3. 債務整理を自分で出来ない場合は、弁護士や司法書士に相談する。

という事を理解頂ければと思います。

 一緒に読まれています。

現役時代 債務整理で手強かった事務所と言えば・・

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る