債務整理する事のデメリットは?家族に迷惑をかける事はあるの?

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

債務整理には、自己破産、民事再生、任意整理、過払い金返還請求、特定調停と様々な手続きがありますが、それぞれの手続きによるメリットもあれば、逆にデメリットになる事もあります。

ここでは、債務整理をする事で考えられるデメリットについて、最初に大きく2つの問題を挙げさせて頂き、その後ケースバイケースによるQ&A形式にして紹介します。

債務整理で考えられるデメリット

債務整理をする事で考えられるデメリットですが、大きく分けて以下の2つになります。

  • 信用情報に関するデメリット
  • 社会的信用に関するデメリット

まず1つ目の信用情報に関するデメリットですが、過払い金返還請求以外のいずれかの債務整理の手続きを取った場合、必ず「信用情報に事故情報(異動情報)が報告される」事になっています。

この事故情報というのは、一般的にはブラックリストなんて呼び方をされる事もありますが、債務整理をしたという情報が指定信用情報機関に、一定期間登録される事になります。

一定期間の定めですが、一般的には5年と定められていますが、自己破産や民事再生については7年~10年の範囲内で登録されると言われています。

また、長期間に渡り未入金の状態を長期延滞として報告されたり、貸し倒れ債権の報告も異動情報として登録される事があります。

いずれの場合でも、借金をきちんと返済していないもしくは債務整理をしている事が信用情報を照会する事で丸わかりになります。

信用情報の照会ですが、債務者の同意がなければ、勝手に照会する事が出来ないようになっていますが、融資を受けたあとであれば与信保護などの目的の範囲内で照会をする事は認められています。

よって、

  • キャッシングやカードローンの途上与信の管理のため
  • クレジットカードの更新審査のため
  • キャッシング、カードローン、クレジットカード、その他ローン(住宅ローンやオートローン、リース契約なども含む)の新規申込の審査のため

など、様々な場面で金融業者は信用情報を照会する事があります。

もし照会したタイミングで、事故情報が登録されていると、金融業者としては返済リスクがある申込者に新たな融資を実施する事は出来ませんので、お断りする事になります。

このように、お金を借りたいと思った場合でも、信用情報も1つの与信判断の材料としているので、審査に通るのが難しいという事が考えられます。

続いて2つ目のデメリットですが、社会的な信用というところですが、「家族、会社、友人に内緒にしている借金が表に出る事で恥をかくのでは??」と、ご自身の信用を落とすのではないか?という懸念についてです。

誰にも内緒にしていた借金を、誰にも知られずに完済したい・・・

借金をしていて一番多いのが、内緒の借金であるパターンですが、実は誰にも内緒に債務整理の手続を取れる方法もありますし、逆に内緒にしておくのは難しい債務整理の手続もあります。

まず、内緒にできる債務整理ですが、「任意整理」と「過払い金返還請求」については、内緒で手続きをする事が出来ます。

任意整理とは、簡単に言えば債務者と債権者が和解の話し合いをするもので、過払い金請求とは、和解の中で開示された過去の取引履歴を引き直し計算した結果、過払い金が発生するものです。

いずれの場合も、家族や友人、会社に内緒で手続きを進める事が出来ます。

しかし、自己破産や民事再生となってくると、自分だけの問題に留まらず、資産の整理を受けるケースがあったり、裁判所から通知が届いたりするので、家族に知られず手続きするのは、相当難しいです。

また、誰でも見れる「官報」と呼ばれる国の機関紙で自己破産や民事再生した方は名前や事件番号などが掲載されますので、完全にバレないという事は難しいです。

ただし・・・

官報についてですが、誰しもが見るものでもありませんし、調べないかぎりは、まず官報からバレるという事は無いとは言えそうです。

債務整理のデメリット ケースバイケースで紹介

ここまではおおまかに債務整理をする事で考えられるデメリットについて、まとめてきましたが、ここからがケーススタディという事で、それぞれのケースに合わせてQ&A形式にしていますので、参考にして頂ければと思います。

任意整理で借金減額するのと、おまとめローン一本化するのはどちらにデメリットがあるの?

それぞれの借金の件数や金額、毎月の返済金額によっても違いますが、任意整理で和解すると将来利息はカットされ返済額が固定されます。

逆におまとめローンで一本化する場合は、一社に借金返済をまとめる事ができ、契約条件も返済計画に合わせて少しは良くなりますが、毎月の利息負担は多少なりともあります。

ただし、先にも話した通り、任意整理をすると信用情報に事故情報が登録、おまとめローンでは信用情報に事故情報が登録される事はありません。

任意整理は一括払いと分割払いでデメリットはあるの?

任意整理は将来利息がカットされ、元金についても利息制限法に引き直し計算した減額された状態で和解となります。

和解した金額を一括払い、分割払いいずれかの方法で返済しても良いのですが、分割払いにする場合は「期限の利益の喪失」には気をつけましょう。

期限の利益の喪失とは、和解契約どおりに履行していない場合(通常2回連続で決まった返済が出来なかったとするケースが多いです)、契約違反という事で以後は遅延損害金(20%とするケースが多いです)をあわせて支払して下さいといった違約条項です。

弁護士と司法書士、代理人にするのにデメリットはあるの?

弁護士と司法書士では、代理権限に違いがあり、司法書士の中でも債務整理の手続きを代理人として行う事が出来るのは、「認定司法書士」のみです。

この認定司法書士と呼ばれる方も、全ての代理人としての権限はなく、簡易裁判所で争うレベルの代理権となっているので、

  • 訴額が140万円を超える和解(過払い金請求も含む)
  • 地裁以上の案件(自己破産や民事再生も含む)

については、代理人として手続きや交渉する事は認められていません。

自己破産と民事再生、それぞれの違いとデメリットは??

自己破産は免責決定を受ける事で、届け出した借金の返済義務を免除される手続きですが、20万円以上の資産を持つ事は原則出来ないので、ほとんどの資産を失うデメリットがあります。

一方で民事再生をする場合は、例えば持ち家があったり、自家用車があったりする場合、売却しなくても再生計画を検討する事が出来ますが、債権者全員の同意が必要です。

今回は、債務整理のデメリットについてまとめてみましたが、様々なデメリットが見られますが、それ以上に債務整理をする事でのメリットも大きいです。

是非、ご自身の借金状況を考えた際に、債務整理が必要かどうか??を判断する1つの材料として、メリットとデメリットを比較してみてはいかがでしょうか?

当サイト調べ 債務整理に強い事務所はここ!

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る