【ドラフト直前】高橋由伸は清宮幸太郎を引き当てるのか?かつてのドラフトで借金による逆ドラフトの過去とは?

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

10月26日と言えば、野球界が待ちに待ったドラフト会議の日です。

巨人の現監督にあたる高橋由伸、ドラフト直前に早実清宮幸太郎選手について右手で引き当てるなどの意気込みを語っていますが・・・

巨人の一位氏名は本当に清宮幸太郎で間違いないのでしょうか?

過去に、高橋由伸監督自身も「ヤクルトのドラフト一位で間違いなし」と言われていましたが、実は父の借金問題があり急転したとか。

そして、逆ドラフトで巨人入りしたという噂もありますが、真相はどうなのでしょうか?

ここでは、ドラフト会議直前!逆指名がない時代のドラフトと借金との関係についてまとめてみました。

まずは、高橋由伸監督について、簡単にプロフィールを紹介しますと、

  • 慶應義塾大学で大学1年の頃スタメンで活躍
  • 大学3年時には打率5割以上で5本塁打を記録し三冠王を獲得
  • 日米野球では決勝点を放ち、日本の優勝に貢献
  • ドラフト会議では、広島東洋カープ、中日ドラゴンズ、日本ハムファイターズを除く9球団が逆指名を打診。
  • 最終的に、読売ジャイアンツ、ヤクルトスワローズ、西武ライオンズに絞られ、読売ジャイアンツに入団する事に。

一年目から走攻守三拍子揃ったプレーでファンを魅了し、通算成績は1819試合に出場、1753安打、321本塁打、986打点、.291の打率を誇っています。

ただ、現役中は怪我に泣かされている印象も多かったですし、また松井秀喜の存在もあって、巨人では大黒柱というよりはプリンスと称される事もありました。

そして、2015年に第三次原政権の終焉に伴い、高橋由伸監督へ引き継がれましたが、2017年度は屈辱の4位とBクラス転落・・・

というところで、今年のドラフト会議は一位指名ではスター性、将来性がある大器清宮幸太郎選手を獲得するのでは無いか??

と言われているのですが、一方で怪情報が飛び交うのもドラフトならではです。

実は、履正社の安田正憲選手を単独指名しようとしているという噂もあるようです。

さて、どうなるか・・は当日のお楽しみにしておきまして、今回は高橋由伸選手の借金問題が原因で逆ドラフトが直前にひっくり返ったという話についてです。

当時、大学生ドラフトについては学生側が指名する事ができましたが、当初高橋由伸はヤクルト入りが決まっている状況でした。

しかし・・

当時はバブル崩壊のあおりを受け、多くの会社が倒産に向かう暗黒の日本です・・

実は、高橋由伸自身が借金を背負っていたわけではなく、父の経営する不動産会社が多額の借金を背負った事が理由のようです。

その額は・・なんと60億円!

バブルとなれば、不動産関連が一番の煽りを受けるわけですから、当時の経営状況は危機迫るものだったのでしょう・・

金額からしても、想像するに耐え難い状況です。

そんな中で、ヤクルトは借金を10億円肩代わりする条件を出していたとも言われていたのですが、ヤクルトへ進み、慣れ親しんだ神宮球場で活躍を夢見る高橋由伸からすると有り難い話だったのでは無いでしょうか・・

しかし・・

ここで反転攻勢に出たのが、読売ジャイアンツだったようで、なんでも60億円の借金まるまる肩代わりする事を決めたんだとか。

この事が決め手となり、高橋由伸は逆ドラフトで読売ジャイアンツ入りする事に・・

今回のドラフトには逆指名制度はありませんので、完全なくじ引きになりますが、巨人であればなりふり構わず、清宮幸太郎指名に何か手を打つのか??

はたまた、別の指名をするのでしょうか??

果たしてどうなるのか・・とても興味深いです。

とにかくドラフトは情報戦です。

少しでも競合を減らそうと思えば、怪情報でも何でも流して、相手を混乱に陥れるのも1つの情報戦なのでしょう。

安田の単独指名が本当なのか、それともフェイクのためなのか。

当日になれば分かりますが、逆指名のようなお金を積んだら何とかなる世界でも無いので・・・そのあたりは楽しみには見れそうですね。

当サイト調べ 債務整理に強い事務所はここ!

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする