債務整理で借金返済がなくなり楽になったというより精神的プレッシャーがなくなるメリットの方が大きいです。

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

よく借金返済に困った時に債務整理をすれば、借金返済がなくなったり、負担が軽減されるので楽になりますよというような話を体験談などでも見られますが、実際のところ体験者の方にお聞きしても、たしかに借金返済は以前よりも楽になってはいますが、中には弁護士や司法書士費用に苦しんでいる方もいらっしゃったり、債務整理後の返済ができずに悩んでいる方もいます。

一方で、全ての方が共通して言われる事が「債務整理をすれば取り立てがなくなるので、精神的な負担は相当楽になった」という事です。

借金をしている方の精神的なプレッシャーの原因となるのは、

  • 借金を返せないので金策に走らないといけないというプレッシャー
  • 借金している事を内緒にしている場合、誰にも言い出せないプレッシャー
  • 借金がバレてしまうのではないか?というプレッシャー

と2つの原因がありますが、特に誰にも相談できない状況というのは、本当に孤独ですし、気持ちを保ち続けるだけでもストレスがかかる事です。

そんな時に債務整理をして精神的なプレッシャーから開放される事は、とても意義のある事ですし、日々金策の事を考えなくても良かぅったり、内緒にしていていつバレるか分からないという心配もする事もなくなります。

しかし、先ほども挙げたように借金自体は債務整理をした後でも自己破産をしない限り大なり小なり残る事になり、分割して返済する事になります。

また、自己破産をしても「非免責債権」と呼ばれる自己破産できない借金もあり、この借金は債務整理をしても返済義務を逃れる事ができません。

ちなみに非免責債権には、

  • 租税などの請求権(税金は個人でも法人でも免責されません)
  • 不法行為に基づく損害賠償請求権(交通事故の賠償金などは免責されません)
  • 夫婦間の協力および扶助の義務
  • 婚姻から生じる費用の分担の義務
  • 子の監護に関する義務
  • 扶養の義務
  • 雇用関係に基づいて生じた使用人の請求権や使用人の預り金の返還請求権
  • 破産者が知りながら債権者名簿に記載しなかった請求権
  • 罰金などの請求権

がありますので、税金や子供などの扶養者への支払い、離婚などに基づく慰謝料の請求権、従業員の給料、交通違反などの罰金については自己破産をしても免責される事はありません。

また、自分自身が知っていて破産者名簿に記載しなかった債権者に関しては、支払意思があるとみなされて、自己破産の対象外となります。

上記のとおり、債務整理をしても多くの場合は借金が残り続けますので、必ずしも楽になったという事になりませんし、さらに弁護士や司法書士費用も支払う必要がありますので、債務整理が必ずしも有効な手段ではないという事も、一方では言えるかもしれません。

この事から債務整理で楽になったのは、借金返済そのものが楽になったというよりは、債務整理をする事で精神的なプレッシャーから開放される可能性が高いという事が債務整理をする事での最大のメリットと言えるかと思います。

特に、弁護士や司法書士が代理人になる事が決まった時点で受任通知が債権者に送られ、債務調査や今後の債務整理の方向性を決めるために取引履歴の開示請求をしてくれたり、手続き期間中の連絡は代理人を通さないといけないという点で、債権者から債務者へ無断で連絡が行われる事はなくなりますので、その間に今後の借金返済に向けて立て直す時間も取れますので、とても有効な手段です。

この期間に、今後の借金返済の原資を貯めておいたり、毎月無理のない返済額はどれぐらいか?という事まで考えていくと良いかと思います。

また、弁護士や司法書士としっかりと話し合い、どの方法で債務整理するのが一番良い方法なのか?を決めていく有効な時間にすると良いかと思います。

債務整理で借金返済がなくなり楽になったというより精神的プレッシャーがなくなるメリットの方が大きいまとめ

ここでお伝えしたように、債務整理は万人にとって一番良い選択というわけではなく、あくまで弁護士や司法書士費用を支払ってでも、借金返済の負担が大幅に減らせるという方でなければいけません。

これは自己破産でも同じ事が言えて、自己破産をしても非免責債権が含まれていれば、それらの借金をなくす事はできませんので、結局は債務整理の費用のほうが高く付いた・・という事にならないように気をつけなければなりません。

しかし、一方で債務整理をした事で借金の事を考えなくてよくなる時間を作れたり、プレッシャーが小さくなるのであれば、それだけでも大きなメリットがあります。

借金をしている事自体に後ろめたい気持ちを持っていたり、誰にも内緒で借金をしていて相談する相手がいない・・

という方こそ、債務整理をする事で弁護士や司法書士といった法律の専門家が味方になってくれますので、とても大きな効果があると言えます。

借金返済に困って債務整理を検討しなければならない・・

という場合に、精神的なプレッシャから開放されるだけでも大きな違いがあるという認識を持って頂くだけでも自分に必要な手続きかどうかを考えるきっかけになると思いますので、参考にして頂ければと思います。

 一緒に読まれています。

現役時代 債務整理で手強かった事務所と言えば・・

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る