借金を踏み倒したら刑事事件に問われるの?ローンやクレジットカードの今後の審査に影響が出るの?

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

借金を踏み倒すというのは、借りたお金を返さない行為の事を言いますが、借金を踏み倒すと刑事事件に問われるのでしょうか?

また、今後将来に渡って各種ローンやクレジットカードの審査に影響が出たり、例えば結婚をしたりする時に借金を踏み倒した事がバレたり、家族などにバレたりするのか?

ここでは、借金の踏み倒しに関する事で気になる点をまとめましたので、参考にして頂ければと思います。

借金を踏み倒すと刑事事件?民事事件で問われるの?

まず最初に、借金を踏み倒すと刑事事件に問われるのか?という点ですが、刑事事件に問われる可能性は低いです。

仮に罪を問えるケースがあるとすれば「詐欺罪」だけだと思いますが、詐欺罪を適用しようと思うと、

  • 最初から騙す気があった
  • 身分などを偽って、契約をしている
  • 借金をして、一度も返済せず、また返済意思も無い
  • 借金をしてすぐに自己破産をする

など、相手を欺く行為があった時だけ、詐欺罪といえるのでは無いでしょうか。

そう考えると、もともと返す気で借入した借金に対して、途中で何かの理由で返せなくなったからと言って詐欺罪を問う事は出来ませんし、民事事件として解決を図るのが通常です。

そのため、警察は不介入となりますので、裁判所だったり、債権者との間で解決策を模索するのが一般的です。

ちなみに債務不履行に対する罰則としては民法415条の「債務不履行による損害賠償」がありますが、

債務者がその債務の本旨に従った履行をしないときは、債権者は、これによって生じた損害の賠償を請求することができる。債務者の責めに帰すべき事由によって履行をすることができなくなったときも、同様とする。

とされていますので、借金を踏み倒した事について、消滅時効の援用がないかぎり、借金返済義務から逃れる事は出来ません。

ここで消滅時効の話が出てきましたので、お話させて頂きますと、消滅時効ですが「ある一定の期間権利を行使されない場合、権利を消滅させる制度」です。

借金についても、5年間弁済期間を経過している場合に、消滅時効が成立する事になり、この権利を行使する事を「消滅時効の援用」と呼びます。

ただし、債権者も黙って時効が成立するのを迎えるわけはありませんし、時効の成立を防ごうと様々な手を考えます。

これらの手を法律上認められている方法として「時効の中断事由」と呼んでいて、

債務整理よりも時効待ちするのは有効?時効の中断事由や援用と合わせてまとめました。
債務整理には自己破産、民事再生、任意整理、特定調停、過払い金返還請求とありますが、手続きを取るよりも時効を援用する方が良いもの?時効の中断事由や時効の援用に関して知っておきたい情報をまとめましたので参考して下さい。

こちらの記事で詳細をまとめていますので、合わせて参考にして頂ければと思います。

借金を踏み倒すとクレジットカードやローンの審査に影響が出るの?

次に、借金を踏み倒していると、今後影響が出るのでは無いか?という点ですが、信用情報上に「延滞情報」、「未入金情報」、「貸倒情報」などが掲載される事が考えられます。

JIC(日本信用情報機構)の場合は、「21」というコードで延滞情報を示し、CICの場合は「C」というコードで延滞未入金を表します。

こちらのコードは、入金して延滞状況が解消されるか、時効を援用しない限り消える事はありません。

これらの信用情報ですが、クレジットカードやローンの審査をする際に、金融業者は必ず信用情報の照会を行い、債務者の借入情報を確認しますので、その際に延滞情報や貸倒情報があると、審査に不利に働きます。

審査に不利という事は、ローンが組めなかったり、クレジットカードの更新や新規作成に影響が出るという事です。

結婚したり、家族がいる場合に踏み倒すとバレるの?

借金を踏み倒しするとクレジットカードの審査などに影響が出る事は理解頂けたかと思いますが、実際にこれから先結婚をして新たに家族が増える場合や、家族がいる場合に踏み倒しした事がバレる事はあるのか?

は、心配事の1つでは無いでしょうか。

結論としては、

  • 家族が信用情報の開示請求をする場合は、本人の同意が必要。
  • 家族が信用情報の開示請求を普段からする事は、なかなか考えにくい。
  • 結婚前に身元調査されない限りは問題ない。

と思って良いでしょう。

仮に、結婚前に探偵を雇われて、身元調査をされても、探偵は信用情報の開示請求だったり、信用情報の照会をする権利は持っていません。

しかし、探偵の情報網を使って、個人信用情報でも集めてしまう事はやってしまう可能性があります。

とは言え、探偵を雇うだけでも、相当なお金が必要になりますので・・

それだけの費用をかけられるくらいなら、自己開示した方が良い気もしなくも無いですが・・隠しても隠せないケースがレアケースであるかもしれない・・

という事は知って頂ければと思います。

借金を踏み倒すのに海外逃亡は現実的??

ドラマのような話ですが、借金を踏み倒すのに、一時的に海外逃亡をしよう・・と考える方もいらっしゃるみたいですが、海外へ逃亡しても信用情報が変わる事はありません。

また、ヤミ金などで借入している場合は、いくら逃亡を図っても、見つかってしまえば相当ひどい目にあう事も予想されます。

その事を考えると、海外逃亡も現実的ではないと感じます。

最終的には債務整理で問題解決を図った方が早い可能性も

ここまであらゆる方法で借金を踏み倒した場合にどうなるのか?についてまとめてきましたが、踏み倒した状態で信用情報を放置しておくよりも「債務整理」ですっきりさせた方が、今後のデメリットも限定的ですし、何より心もスッキリするはずです。

まず、デメリットの限定ですが、先に書いた信用情報ですが延滞情報については解消されない限りずっと残り続ける事になります。

しかし、債務整理をした場合は、債務整理をしてから5年~10年の異動情報の登録後は、移動情報も消えます。

そしてもう一つ、心がすっきりですが、借金を踏み倒している時は、後ろめたい気持ちを持っている人も少なくありません。

そもそも

「借りたものは返す」

と思って借りている人も多いですし、その気持は心のどこかに持ち続けている人も多いです。

何かの理由で返せなかっただけで、返せるものであれば返したい・・

と思う方が、ほとんどなのでは無いでしょうか。

また、債権者もいつまでも督促(取り立て)し続けるよりも、早くケリをつけたいと思っている方も少なくはないはずです。

そう考えると、借金を踏み倒すよりも債務整理をする事で、債権者を納得させてあげるのも大事なのでは無いでしょうか。

以上、借金を踏み倒す事のリスクについて、借金を踏み倒すよりもオススメの方法についてまとめましたので、参考にして頂ければと思います。

 一緒に読まれています。

当サイト調べ 債務整理に強い事務所はここ!

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る