GEO(ゲオ)の延滞金はCD、DVD、マンガで金額が違うの?払わないと罪になるの?

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

TSUTAYA(ツタヤ)と並んでDVD、CD、漫画(マンガ)のレンタルで人気のGEO(ゲオ)。

当日レンタルの他、1日から1週間まで希望するレンタル期間を利用できる事で知られていますが、期間を過ぎると延滞金がかかる話しはあまり知られていません。

また、テレビでやっていた事ですが、バナナマンの日村さんが押入れにTSUTAYAのDVDを借りっぱなしで放置していて20万円もの高額な延滞金を支払ったと言っていましたが、実は延滞金として支払うべき上限額は決まっています。

もちろん、GEOやTSUTAYAからすると、延滞金をきちんと支払いするように請求してきますので、上限額で請求することはなく、知らなければ高額な請求をそのまま支払うハメになってしまう・・なんて事になりかねません。

そもそも、支払いを忘れていたり、もしくは悪意を持って支払いを拒否していたり、支払えないほどの額になって放置していたり、理由はともあれ延滞している事自体は許されるべきではありません。

しかし、無知が原因で本来は高額な支払いせずに済むかもしれない延滞金を支払ってしまう事は、正直勿体無いですから、ここではGEOの延滞金について賢い支払い方をまとめていきたいと思います。

GEOのDVD、CD、漫画(マンガ)延滞金の仕組み

GEOでは、旧作と新作で変わらず延滞金に変わりがありません。

  • DVDは1日300円
  • CDアルバムは1日300円(一部店舗で290円?)、シングルCDで100円
  • 漫画(マンガ)は1日50円

となっていて、延滞日数に応じて加算されていきます。

また、GEOではオンラインレンタルも出来るようになっていて、DVD/CD-BOXレンタルの場合は1パック480円、スポットレンタルでは150円の延滞金がかかるようになっています。

ちなみに、郵送で返却する場合は消印有効とはならずに、GEOに到着した日で計算される事になりますので、少し余裕を持って送るようにはしておきましょう。

GEOで延滞するとどうなるの?

GEOで延滞すると、GEOから督促の電話や手紙が届きます。

ZOZOTOWNのようにGMOペイメントゲートウェイといった外部委託をしていないので、GEOから請求される事になります。

目安となるのは、返還期限の1週間後あたりで督促の手紙が届くようで、管理はレンタルした店舗で行っているようなので、まちまちな対応になります。

また、当たり前の話しですが、GEOで延滞中は新たなレンタルができませんし、全国の他の店舗でもレンタルができないようにブラックリスト管理されます。

ただしブラックリストの管理と言っても、借金のブラックリストとは意味合いが違い、信用情報機関に登録される事はありません。

GEOの延滞金に上限はあるの?

延滞金が1日あたり加算される事は、先に紹介した通りですが、延滞金が日々加算されると、何万、何十万と金額が膨らんでしまう可能性があります。

最初に紹介した通り、バナナマンの日村さんのケースでは20万円ほどの請求を受け、延滞金を支払ったという事例があるくらい、数年もすれば数十万円になってもおかしくはありません。

このように青天井に延滞金は加算されるのか?という素朴な疑問ですが、答えは「延滞金は実際は加算され続ける」となります。

しかし、実際に請求を受けたままの金額を支払う義務があるのか?といえば、実は不当に高い延滞金については、支払い不要と消費者契約法で定められています。

消費者契約法では、延滞金の上限目安として本体価格と同程度という事になっていて、それ以上の延滞金については無効とされています。

例えば、DVDであれば数千円程度、コミックであれば数百円程度が実費請求としては妥当と言えるラインになります。

また、督促の方法次第によっては「時効を援用」できるケースもあります。

民法174条5号、145条によると1年以上経過している延滞金については、時効の中断事由がない限り、時効を迎えている可能性が高いとなります。

もちろん、GEO側も黙って時効を迎える事を良しとはしませんので、場合によっては弁護士からの通知を発送されたり、支払督促を出して時効の中断(6ヶ月以内に訴訟する必要があります)を迫ったりはしますので、必ずしも時効を迎えるとは言えません。

延滞金を支払いできない場合はどうなる?

もし、GEOの延滞金を支払いできない場合、どうなるのか?という点ですが、1つの方法として「買い取り」を迫られる事があります。

DVDをレンタルしているのであれば、実費分を買い取りしてもらって延滞金の支払いとする事もあるみたいです。

先に述べたとおり、延滞金は本来実費程度が上限と考えればOKなので、買い取りを迫られるのは納得がいきます。

そのため、延滞請求を受けた際に、不当に高い請求を受けている場合は、まずは冷静に「この金額は本当に支払う必要があるのか?」という事を弁護士や最寄りの消費生活センターへ相談される事をオススメします。

場合によっては時効を迎えていて支払う必要がないものもありますので、そのあたりを確認しても良いかと思います。

ただし、延滞金を支払いせずに時効を迎えるのはあくまで「自己都合」であって、GEO側からすると入金していないとう履歴は「残り続けている」と思われますので・・

全国のGEOから出禁をくらう事にはなるだろう・・つまりレンタルは延滞金を支払いしない以上は出来ないであろう・・

と思われますので、あまり得策では無いかもしれないという事はお忘れないようにして下さいね。

当サイト調べ 債務整理に強い事務所はここ!

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る