借金返済に疲れた、きついと思った時は即時に行動を起こして楽になりましょう!

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

借金返済をずっと続けてきたけど、いっこうに元金が減らない、利息のみの返済となっているという方、借金返済を続けても先が見えずにきついだけで返済に疲れてしまっている方、また毎月返済期日を遅れてしまい、取り立ての電話や手紙が届いて精神的にも疲れている・・

という方、実は借金は毎月返済するだけが全ての解決策ではなく、様々な借金問題の解決方法がある事をご存じでしょうか?

ここでは、借金返済に疲れた、そんな方にオススメの借金問題を解決する方法をいくつかご紹介したいと思います。

すべてこの方法を使えば即時に解決というわけではありませんが、有効な手段がない場合は、借金返済がきついと思った時には即座に行動を起こす事が大切です。

また、即時に行動を起こした事で、精神的にも、肉体的にも、金銭的にも楽になり、結果的に自分だけでなく、家族や会社の同僚など周りの方への影響も最小限に留める事が出来る可能性がありますので、ここでは影響を抑える事ができるメリットも含めてまとめていきます。

借金返済に疲れている理由は何??

辛いことかもしれませんが、借金返済に疲れていたり、嫌な思いをしている理由は何でしょうか?一度思い出してみましょう。

例えば、

  1. 毎月の借金返済をしているけど、限度額が空いているとついつい使ってしまい減らない。
  2. 毎月の借金返済はきちんとしているけど、元金がなかなか減らない。
  3. 毎月の借金返済は期日には遅れていないけど、利息の入金で元金はそのままである。
  4. 毎月の返済に遅れ遅れで返済している。
  5. 毎月の返済が遅れがち、金融会社から毎月電話、メール、手紙が届く。
  6. 毎月の返済が遅れがち、複数の金融会社から連絡が入り、毎日のように督促されている。

など、様々な理由があるかと思います。

それぞれの理由の程度によって、どのような方法を取れば良いか?は変わりますが、そもそも借金返済が進まず、イライラしたり、不安を感じたり、またしんどくなってしまうというように疲れてしまって気が進まないという事があるのであれば、精神的にまいってしまっていますので、現状を維持するのはオススメ出来ません。

むしろ、今はなんとか気が張っていたり、返済義務があるのでモチベーションも保てているかもしれませんが、一歩間違えれば鬱状態になったり、モチベーションが下がってしまうという事もありえます。

精神的な病は、長期化しやすいですし、場合によっては休職する方も出てきたりと、自分だけでなく、家族や会社の同僚にも心配をかけてしまう事もあります。

そうなってからでは、借金問題だけでなく、自分自身の経済やメンタルの立て直しにも時間がかかってしまい、根本的な問題解決からは遠ざかってしまいますので、その前に早期解決を試みた方が良いかと思います。

その第一歩として、

「自分自身が、何が理由で借金返済がしんどいと感じているのか?」

という根本的な理由を探っておいた方が、これから紹介する問題解決の方法を選択する際にも役立つかと思います。

借金返済に疲れた方におすすめの借金問題解決方法

ここまで、自分自身への問いかけを進めて頂いた上で、具体的な問題解決方法について見ていきたいと思いますが、結論を先に言いますと「債務整理」をする事が一番の問題解決の方法となります。

ただし、上記の理由の中で、

  • 毎月の借金返済をしているけど、限度額が空いているとついつい使ってしまい減らない。
  • 毎月の借金返済はきちんとしているけど、元金がなかなか減らない。

という段階の場合、債務整理をするよりも自分自身の生活の見直しや気持ちの引き締めで解決出来る可能性が高いですし、債務整理をして受けるデメリットも無いのでおすすめです。

債務整理をすると、

  • 借入先の金融業者との信頼関係は壊れるので、今後の借入が出来ない可能性が高まる。
  • 信用情報機関へ異動情報と呼ばれる事故情報が登録されるので、一定期間はクレジットカードの新規作成、更新、ローンやキャッシングなどの審査に通りにくくなる。

というデメリットがあります。

現時点で利息入金と元金の入金ができている場合、または限度額を利用しているような状況の場合であれば、上記のデメリットを受けるよりも、各金融業者へ金利や返済額の引き下げなど契約条件を見直ししてもらったり、限度額を使えないように手続きを取る事も良いかと思います。

しかし、

  • 毎月の借金返済は期日には遅れていないけど、利息の入金で元金はそのままである。
  • 毎月の返済に遅れ遅れで返済している。
  • 毎月の返済が遅れがち、金融会社から毎月電話、メール、手紙が届く。
  • 毎月の返済が遅れがち、複数の金融会社から連絡が入り、毎日のように督促されている。

という状況の方の場合は、今後いつまで借金に対して怯えていたり、不安を感じたりするのか、先が見えないと思いますので、思い切って債務整理をする事もオススメです。

また、債務整理をする際には、自分自身で手続き取るのも良いのですが、どの方法が最適なのか?を相談してもらいながら、執拗な取り立て行為もストップさせる事ができる代理人に介入してもらうのが一番の方法です。

とは言っても、誰でも代理人になれるわけではなく、借金問題に関しての本人に代わり金融業者と債務整理の手続きについて代理できるのは、

  • 弁護士
  • 認定司法書士

のいずれかの方になります。

弁護士と司法書士の違いについては、債務整理には評判や口コミが高い弁護士や司法書士選びが重要ですで詳しく紹介していますので、参考にしてください。

弁護士や司法書士が介入すると、「受任通知」と呼ばれる、代理人となった事がわかる書類を各債権者へ送付し、受任通知の中には取り立て行為を禁止する事が書かれているのが通常です。

そのため、代理人が付いている限り、債権者から電話や手紙などが送付される事もありませんので、精神的には相当楽になります。

また、債務整理の手続中に返済はストップする事になりますので、金銭的な負担も減り、今後の見通しを考える時間を持つ事も出来ます。

こうして、精神的にも金銭的にもゆとりを持つ事ができるため、気持ちが落ち着けば周りの方への接し方も変わってくると思いますので、家族や会社の同僚、友人にも心配をかける事もないのでは??という事になり債務整理をするメリットが有るのでは?と言えます。

債務整理には4種類の方法が

ここまで債務整理をすることでのメリットをお伝えしてきましたが、債務整理には4種類の方法があり、どの方法で手続きを取ればよいのか?は、借金額だけでなく収入や家族構成などの属性によっても変わってきます。

そのため、一概に同じ借金額であっても、最適な手続きが変わる事もありますので、どの方法が良いか?を考えるのに、代理人としっかりと相談して決めるのがベストでは無いかと思います。

債務整理ですが、

  1. 自己破産 借金をチャラにできる免責決定を受けると、返済義務はなくなります。
  2. 民事再生 最大で5分の1程度借金を圧縮する事ができ、持ち家や自家用車など資産を売却する事なく債務整理が出来ます。
  3. 任意整理 債権者と和解し、将来利息をカット、確定した元金を分割返済します。
  4. 特定調停 裁判所の調停委員が仲介し、債権者と和解し任意整理と同じ手続きを取ります。

とありますが、どの方法で手続きを取るのか?をしっかりと方向性を決めて手続きを取るのですが、それぞれの手続きも全てメリットばかりではなく、デメリットもあります。

自己破産のデメリットは、

  • 信用情報に10年異動情報が登録される。
  • 免責決定を受ける間、資格制限と呼ばれて、職業を制限される事がある。
  • 申し立てと免責の二回、官報に掲載される。
  • 非免責債権、免責不許可事由にあたるものは、破産しても免除できない。
  • 一度破産をすると、7年間は自己破産の手続きは取れない。

民事再生のデメリットは、

  • 債権者の同意が一定以上なければ、再生計画は可決されない。
  • 最低弁済額があり、その金額を下回る再生計画は認可されない。
  • 信用情報に5~7年程度の異動情報が登録される。

任意整理のデメリットは、

  • 借金がチャラになるわけでないので、元金の返済は必ず必要になる。
  • 期限の利益を喪失する場合は、遅延損害金が発生(遅延利率は20%前後)する。
  • 信用情報に5年程度の異動情報が登録される。

特定調停のデメリットは、

  • 任意整理のデメリットの他に、期限の利益を喪失すると調停調書が債務名義となるので、そのまま強制執行に入りやすい。
  • 信用情報に5年程度の異動情報が登録される。

とそれぞれデメリットも必ずありますので、万全な解決方法とは言えませんが、それでも借金返済に疲れたり、将来に不安を感じているのであれば、今ここで問題解決をしておき、5年後、10年後の未来を見据えての行動を起こすのも必要では無いかと思います。

当サイト調べ 債務整理に強い事務所はここ!

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る