グラミン銀行が日本進出、時期は?仕組みや問題点についてまとめました。

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

バングラデシュで貧困者向けに無担保の融資を行っているグラミン銀行が、日本進出を決定し、「グラミン日本」となるそうです。

創設者ムハマド・ユヌス氏が、日本進出をを決めた理由、時期はいつくらいなのか?について、日本での融資条件について、また日本進出に対する問題点について考えてみました。

グラミン銀行 日本進出の時期は??

グラミン銀行の日本進出ですが、2017年8月に準備委員会が立ち上がったところです、そのため2017年末までに進出は難しいと思われます。

準備に取りかかり、1年近くをかけると考えれば、2018年夏頃には運営しているのでは無いか??と思われています。

グラミン銀行の仕組みは??

日本での融資条件ですが、初回貸付額は20万円を想定し、返済状況によってその後の増額も可能です。

利用目的は就労支援、起業支援とし、5人一組の互助組織で借りる方法はグラミン銀行の融資形態そのままです。

そのため、5人のうち一人が返済を滞ってしまうと、その他の4人も含めた全員の融資ペースが落とされてしまう「連帯責任制」です。

連帯保証人とは違いますので、互助関係にあたる相手の融資を返済する必要はありませんが、お互いの信頼関係で縛る仕組みになっているのでは無いでしょうか。

また、一週間に一度、お金の使いみちだったり、就労の状況をチェックする事もグラミン銀行の特徴と言えます。

グラミン銀行 日本進出にあたっての問題点は?

グラミン銀行の日本進出にあたって、様々な事が考えられますが、一番の問題点は「グラミン銀行が新たな多重債務の引き金にならないか」という懸念です。

グラミン銀行の理念にあたるマイクロファイナンスという考えですが、少額の融資から始まり、日々の生活資金を支援するのでなく、就労や起業を支援する事が目的です。

そして、就労して得た給料や事業で得た収入を資産に変えていく事で、貧困からの脱出を試みるのがグラミン銀行の狙いです。

しかし、この制度をそのまま日本人にあてはめた場合に、本当にハマるのか??という点に最初の疑問があります。

と言いますのも、日本にはすでに消費者金融が存在し、歴史で言えば50年以上となります。

無担保、無保証で借入できる金融会社は、すでに世の中にある中で、また生活保護や奨学金、起業支援融資などセーフティーネットも充実する日本の中で、グラミン銀行の考えがどこまで浸透するのか?は注目されると思います。

一方で、融資対象が貧困者向けという事になるので、消費者金融などでも融資出来ない方が、生活保護受給ではなく、グラミン銀行を選択する事も期待できます。

が・・生活保護受給できるのであれば、融資を受けて金利を払うよりは生活保護受給をするでしょう・・

と考えるのが普通ですよね・・

さらに、バングラデシュの年率は20%となっていて、世界中にも同じようなマイクロファイナンスを扱う銀行がありますが、どこも高金利であるという批判も出ています。

日本での金利はどの程度になるのか?という議論は続くでしょうが、いずれにしても高金利を貧困者向けに行う事は批判の的になるでしょう。

とは言え、グラミン銀行が日本人吹き込む新風は、日本の社会保障制度を変える可能性がありますし、管さんは「金融には貧困を解決する力がある。生活に困窮する人を孤立させず、支援していく」と政府肝いりの事業である事を語っていますので・・

上手く機能する事を願ってやみません。

是非、多重債務の温床とならないように・・

運営が上手く行きますことを願っております。

 一緒に読まれています。

当サイト調べ 債務整理に強い事務所はここ!

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る