自己破産は借金の金額や理由で違いがあるの?

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

債務整理には、自己破産、民事再生、任意整理、特定調停とあります。

それぞれの手続の中で、今回は自己破産と借金踏み倒しの違いについて、借金の金額や理由によって手続きが出来ない事があるのか?についてまとめました。

自己破産 借金踏み倒しとの違いは何??

まず最初に、自己破産と借金を踏み倒すという行為ですが、同じ借金を払わないという点においては一緒のように見えますが、自己破産をすると免責決定といって、借金を返済する義務からも免除されます。

それに対して、踏み倒しというのは借金返済の義務から逃れることは出来ませんので、消滅時効を迎えるまでは債権者から取り立てを受ける事になります。

自己破産 借金の理由や金額で手続きに影響する事はあるの??

次に、自己破産の手続きですが、借金の理由や金額によって出来ない事があるのか??という問題ですが、まず借金の理由についてですが、

破産法252条4項では、

「浪費又は賭博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ、又は過大な債務を負担したこと。」

と書かれており、いわゆるギャンブルで借金をした場合は、破産の理由として認められない可能性があります。

ちなみに、「射幸行為」とは、FX、株取引、宝くじなど偶然得られたものを指します。

しかし、同じく破産法252条には

「前項の規定にかかわらず,同項各号に掲げる事由のいずれかに該当する場合であっても,裁判所は,破産手続開始の決定に至った経緯その他一切の事情を考慮して免責を許可することが相当であると認めるときは,免責許可の決定をすることができる。」

と書かれていて、「裁量免責」と呼ばれる裁判所の裁量で免責を認めていく事もあります。

ギャンブルで作った借金については、多くの場合が裁量免責によって、免責決定されていきますので、パチンコや競馬などで作った借金でも、ある程度認められます。

ただし、繰り返しの自己破産だったり、借金を今後も繰り返す可能性がある場合は、免責決定を受けられない可能性がありますので、注意しましょう。

自己破産 借金の保証人は要注意です。

最後に、自己破産をする際に借金に連帯保証人を付けている場合は、迷惑をかける可能性が高いので注意が必要です。

といいますのも、連帯保証人には、

  • 検索の抗弁権
  • 催告の抗弁権
  • 分別の利益

が認められていませんので、債務者が自己破産をしても、催告の抗弁権が認められない保証人に支払い義務は残り続けます。

よって、連帯保証人も自己破産をしない限り、免責決定の効力を共有する事は出来ませんので、要注意です。

以上、今回は自己破産と借金に関しての関連情報をまとめましたが、自己破産をすると信用情報にも当面事故情報(異動情報)が登録され、借金が出来ません。

大きなデメリットが有る事も理解した上で、手続きを取るべきかどうかを判断頂ければと思います。

当サイト調べ 債務整理に強い事務所はここ!

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る