カードローンやキャッシングの返済ができない、そんな時どうすれば良いの?

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

銀行系カードローンや消費者金融でキャッシングで借金できたのは良いけど、返済できなくなってしまったという方も少なくありません。

借金は、どれだけ余裕のある方でもリスクですので、借金しないに越した事は無いですが、それぞれ事情があって返済できなくなってしまう事もあります。

ここでは、銀行系カードローンやキャッシングの返済ができなくなった時にどうすれば良いのか?について、元消費者金融社員である管理人の経験から、状況別に紹介させて頂きます。

借金返済ができないからと逃げるのはNG

まずはじめに、借金が返せないからと言って、何もしないのは一番NGです。

理由は、「自分自身の責任を果たさない事は、他にも影響が出るから」です。

正直なところ、消費者金融レベルの返済ができなくなっても、社会的な制裁や影響力というのは大した事がありません。

また、再起しようと思えばいくらでも再起できます。

実際、芸人さんは消費者金融で若手時代にお世話になっていたという方も多く、大変なん借金をしているという話を売れてから笑い話でされる方もいます。

消費者金融レベルの借金で、逃げ回ったり、取り立ての連絡が立て続けに入り、面倒が起きる事の方が時間の無駄です。

そんな電話などに付き合うくらいであれば、きちんと問題解決をして、未来を良くする方法を考えた方がマシでは無いでしょうか。

借金返済のための借金 ヤミ金の利用はNG

借金から逃げ回るのは無し・・という事で、それであれば借金返済をすれば良いのか?と言えば、そういった問題でもありません。

借金返済のための借金を繰り返すような自転車操業だったり、正規の借入先では無理なのでヤミ金を使うなんて事は、なおさらNGです。

借金から逃げ回らない上に、借金返済をしなくても解決もしくは今までよりも良い条件で返済できる方法は無いか??を考える事も出来るのでは無いでしょうか。

まずは各金融業者と話し合い 条件の譲歩を引き出す

ここからは、借金返済をしなくても解決もしくは、今よりも良い条件で借金返済ができる方法について、状況別で紹介します。

まずは、返済が継続できるが、将来の収入や支出で問題があり、将来的に返済ができなくなってしまう可能性がある場合についてですが、「各金融業者と話し合い」が一番です。

各金融業者の返済金額、利率、返済期日を今の収支状況に合わせて継続できるように見直しをしてもらうという方法です。

例えば、年金受給者のカードローンやキャッシングの返済であれば、偶数月に返済日を設定し、隔月で入金できるようにしてもらう、もしくは奇数月は半額にしてもらい偶数月に多めに支払いするなど、年金受給月に合わせて返済をしていくという方法です。

通常、カードローンやキャッシングの返済は毎月1回の返済ですので、期日を守らない場合に延滞が発生したとなり、取り立て(督促)を開始します。

しかし、きちんと期日設定が収入がある月に合わせられていれば、延滞が発生しないですし、取り立て(督促)で嫌な思いをする事はありません。

また、二ヶ月に一度の入金設定となると二ヶ月分の利息が発生する事になります。

入金が二ヶ月に一度になったとは言え、通常の利息負担のままでは、負担が和らいだと感じないはずです。

そのため、例えば利息負担を軽減したもらえるように、実質年率を見直しする事も相談して見るも良いかと思います。

実質年率を見直し出来れば、毎月(もしくは隔月)の返済額も見直し出来るようになり、元金返済も進むようになります。

そうなれば、将来収支の不安があっても、返済を継続していく事が出来るのでは無いでしょうか。

また、実質年率の引き下げについても、単純に率ベースを下げてもらうというよりは、「無利息に出来ないか?」を考えた方が良いです。

利息がゼロになれば、その分元金に全て入金されますので、完済できる可能性が高まりますので、最初から出来ないと決めるのでなく、交渉してみましょう。

【参考】金融業者と相談する際に見直しポイント

対応 期待できる効果
利息 無利息もしくは利率引き下げ 毎月の元金返済が進む。
返済額 金額を減らす 毎月の返済額が減るので負担は下がるが、下げすぎると返済回数が伸びたり、利息負担になるので要注意。
返済回数 返済回数をあらかじめ定める 返済回数が決まれば返済目標が立ちます。
返済期日 給料日や収入に合わせる 延滞発生リスクが抑えられる。

各金融業者と話し合いするメリット

各金融業者と話し合いする効果は、あとで紹介する債務整理の中で「任意整理」と同じ効果が得られますが、自分で話し合いができる場合は、大きなメリットが有ります。

まず1つ目のメリットとして、「費用がかからない」という点です。

任意整理を自分でしない場合は、弁護士や司法書士が代理人となって手続きを進めるのが一般的です。

その場合に、無料で手続きをしてくれませんので、ある程度のまとまった費用が必要になりますが、自分で話し合いが出来れば費用がかかる事はありません。

2つ目のメリットとして、「信用情報に異動情報の報告をされない可能性が高い」という点です。

信用情報の異動情報は、事故情報やブラックリストと呼ばれたりしますが、債務整理をした時に登録されます。

しかし、自分自身で話し合いをして契約条件を見直しした場合は、債務整理と見られない可能性が高いです。

あくまで各金融業者の判断になりますが、できるだけリスクを背負わない方法として話し合いが有効なメリットの1つとしてご紹介させて頂きます。
※話し合いの結果、契約条件を見直しできた場合は、信用情報について確認しておいた方が良いでしょう。

交渉が苦手 話し合いが出来ない金融業者が相手の場合

今までは自分自身で返済ができる見込みがある、もしくは話し合いが出来る前提でお話してきましたが、もし相談ができない相手だったり、交渉が上手く出来ない・・

という場合であれば、「任意整理」、「特定調停」、「民事再生」といった再整理の手続きを検討すると良いです。

それぞれの手続のメリットとデメリットを簡単に挙げると、

メリット デメリット
任意整理 将来利息をカット、返済額や回数もある程度譲歩してもらえる。 期限の利益を喪失すれば遅延損害金が発生
特定調停 調停委員が間を仲介し債権者と和解しやすい。 和解調書は債務名義となるので、返済不履行時は強制執行も有りえます。
民事再生 最大で借金が5分の1程度に、持ち家などの資産も処分しなくて良い可能性もあります。 再生計画案に債権者の同意が必要、官報に掲載されます。

上記の通りとなります。

それぞれの手続にはメリットとデメリットが有りますので、今の借金額や返済状況を考えた上で、弁護士や司法書士に相談し、どの方向で手続を進めるか検討するのが一般的です。

【弁護士や司法書士探しのポイントを伝授します】

債務整理の口コミや評判を比較するポイントは?評判の高い事務所ランキング
債務整理では、弁護士や司法書士事務所の口コミや評判を比較しながら、なるべく高い評価を得ている法律(法務)事務所を選びたいものです。ここでは任意整理(過払い金返還請求)、自己破産、民事再生それぞれの実績、口コミともに高い事務所をランキングにしましたので、参考にして下さい。

借金返済ができない場合は、自己破産を検討

任意整理、特定調停、民事再生それぞれの手続を検討するも、今後まったく返済目処が立たないという方の場合は「自己破産」を考えるのが一番です。

自己破産に関しては、

などでまとめていますので、こちらも合わせて参考にして頂ければと思います。

自己破産のメリットとデメリットを簡単にまとめると、

メリット デメリット
自己破産 免責決定を受けた借金の返済義務は無し 一度自己破産すると7年間は自己破産出来ない

などが挙げられます。

なお、債務整理全ての手続に共通するデメリットですが、

信用情報に事故情報が登録

される事になります。

事故情報によるデメリットは、

債務整理と信用情報の関係 ブラックリストとは何の事?
債務整理には自己破産、民事再生、任意整理、特定調停の手続がありますが、信用情報には事故情報(異動情報)やブラックリストと呼ばれる債務者に不都合な情報を報告、登録される事になります。ここでは信用情報の種類、登録期間、家族や本人からの開示請求についてまとめていきます。

でまとめていますので、参考にしてください。

債務整理を進めるメリット

最後になりますが、信用情報に事故情報が登録されるなどのデメリットがあるにもかかわらず、なぜ債務整理をするのが良いのか?ですが、デメリットよりもメリットが大きいからです。

一番のメリットは、「債権者からの取り立てが収まる」という点です。

延滞が続いたり、返済ができない時に、取り立ての連絡が来るのは、精神的にも肉体的にも苦痛が大きいですが、債務整理をして弁護士や司法書士に代理人となってもらう事で、「受任通知」が発送されます。

受任通知には、今後債権者への取り立てを行ってはいけない事などが書かれていて、仮にやぶった場合は貸金業法違反にも問われ、営業停止される事もありますから、正規の金融業者は遵守します。

取り立てが収まり、債務整理の手続きをしている間は返済も行う必要がありませんので、その間に生活を立て直せます。

それだけの時間と心の余裕を得られる事、また合法的に借金問題を解決できる方法は、他にありませんので、債務整理をする事のメリットが大きいと言えるのではないでしょうか。

以上、銀行系カードローンやキャッシングの返済ができない場合にどうすれば良いのか??状況別に応じてまとめました。

今行き詰っている方でも、決して一人で悩んだり、下を向く必要はありません。

まずは、弁護士や司法書士といった借金問題解決のプロに、現状を話し、相談に乗ってもらうだけでも、解決の糸口は必ず見つかります。

債務整理や借金トラブルの相談は、無料相談で受けている弁護士や司法書士も多いですので、まずは気軽に相談するところから始めてみてはいかがでしょうか?

当サイトでも、借金トラブルに強い弁護士や司法書士に関する情報を提供していますので、合わせて参考にして頂ければと思います。

当サイト調べ 債務整理に強い事務所はここ!

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする