債務整理すると月々の支払いはどれくらい変わるのかシミュレーションしてみました。

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

債務整理の中で自己破産は借金の支払いはなくなりますが、民事再生、任意整理、特定調停については手続き後も支払いが続きます。

中でも任意整理と特定調停は、毎月の支払いが一緒でも大きく負担が軽減されますので、とても有効な手続きではありますが、文字情報だけでは伝わりにくいかと思いますので、ここではどれくらいの負担軽減があるのか?を比較できるように表でまとめましたので、参考にして頂ければと思います。

債務整理で月々の支払いを軽減

実際の例を挙げながら紹介したいのですが、例えば200万(A社100万、B社50万、C社50万)の借金を任意整理で手続きした場合とします。

最初に、通常どおり返済をする場合ですが、

利率 利息総額 返済金額
A社 15.00% 427,378 約26,000
B社 18.00% 261,781 約13,000
C社 18.00% 261,781 約13,000

今回は5年でシミュレーションをしていますが、利息総額は950,940円となり、返済総額は300万円近くになるという計算になります。

一方で、任意整理の手続をした場合ですが、この利息負担はゼロとなりますので、200万円を毎月の返済額に合わせて分割払いする事になりますが、月々の返済額を変えない場合は、

返済総額 返済金額 返済回数
A社 1,000,000 約26,000 39回
B社 500,000 約13,000 39回
C社 500,000 約13,000 39回

となり、返済回数が約3年となりますし、返済回数を5年のままで考えたい場合は、

返済総額 返済金額 返済回数
A社 1,000,000 約17,000 60回
B社 500,000 約8,400 60回
C社 500,000 約8,400 60回

返済額は33,800円の返済額まで抑える事ができますので、返済額にして18,200円の負担減という事になります。

任意整理は、毎月の返済額の負担が減っても利息がかからないので、返済年数を短縮しても特にメリットがありませんので、最長年数で和解した方が、月々の返済額を抑える事もできますので、オススメです。

上記の通り、利息負担が軽減されるだけでなく、月々の返済額をぐっと抑えることができる点でも大きなメリットかと思います。

是非、借金返済で首が回らない・・という方は債務整理を検討頂ければと思います。

当サイト調べ 債務整理に強い事務所はここ!

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る