債務整理の事故情報の期間はCICとJICで違うの?支払い期間の定めはあるの?

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

債務整理には、自己破産、民事再生、任意整理、特定調停とありますが、JICやCICといった各信用情報機関に異動情報が登録される期間はどれくらいなのでしょうか?

また、債務整理の返済期間に期限の定めはあるのでしょうか?ここでは債務整理と期間についてをまとめました。

債務整理に関する信用情報の登録期間

過払い金を除く債務整理の手続きを取ると、信用情報上に「異動情報」と呼ばれる事故情報が登録されます。

登録期間は、それぞれの手続によって違いがあり、

  • 任意整理や特定調停については、手続き後最大5年
  • 自己破産や民事再生については、手続き後最大10年

と言われています。

期間は一応の目安で、各債権毎で登録期間も変わってくると言われていますので、短ければ5年以内で事故情報が抹消される事もあります。

また、各種信用情報機関でも、それぞれ登録期間に違いがありますので、1つの信用情報機関で事故情報が抹消されても、別の信用情報機関では登録されたままという事もあります。

信用情報機関には、

  • JICC 日本信用情報機構
  • CIC
  • KSC
  • テラネット

など代表的な機関がありますが、それぞれの情報センターごとに今の情報がどうなっているのか?をきちんと確認しておく必要があります。

もし、今の信用情報がどうなっているか気になる場合や、今後新たなローンの審査、クレジットカードなどの審査を受ける場合には、債務整理をした後の場合は確認しておいた方が良いでしょう。

債務整理の返済期間に定めはあるの??

次に、債務整理の中で毎月の返済が発生するケースと言えば、

  • 民事再生
  • 特定調停
  • 任意整理

となりますが、それぞれ返済期間に一応の定めがあります。

民事再生と特定調停の場合は、原則3年以内で返済できる計画を立てる必要がありますし、任意整理の場合は最大でも5年と言われています。

一応の決まりではありますが、絶対条件ではありませんので、債権者の同意が得られれば民事再生も特定調停も手続きを進める事が可能です。

ただし、債権者から譲歩された返済計画ですから、簡単に返済出来ませんでした・・

なんて事は言えませんので、決められた返済計画はきちんと履行するようにしなければなりません。

最初から無理な計画をたてるのではなく、現実的な完済可能な返済計画案を立てるように返済金額と返済期間には無理のない範囲で決めるようにしましょう。

 一緒に読まれています。

当サイト調べ 債務整理に強い事務所はここ!

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする