債務整理してもローン組めた、何か理由があるの?

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

債務整理には、自己破産、民事再生、任意整理、特定調停の手続きがありますが、それぞれの手続きを取ると信用情報に異動情報の登録が債務整理を取ってから5年以内行われる事になります。

今後のライフイベントを考え、例えば子どもの教育費(入学、受験など)、住宅購入、家族の介護などがあると、大きなお金を必要とする場合があります。

その時に、債務整理をしてしまう事でローンが組めない・・・となると、ライフイベントを見直ししなければいけなくなります。

しかし、それでは家族に迷惑をかける事になりますので、出来れば避けたいところです。

債務整理でローンが組みにくくなる真意は?

一方、債務整理をしたからと言っても、必ずしもローンが組めないという事もなく、「ローンの審査に通りにくくなる」というのが、正確な答えになるかと思います。

特に、住宅ローンや車のローンのように、大きな融資が必要な借金の場合は、銀行も慎重に与信判断を行いますので、融資が受けられない可能性が高いです。

また、信用情報に異動情報が登録されていると、保証人になれない可能性もあります。

保証人になる事はあまり多くは無いのですが、例えば奨学金を子どもが借りようと思う場合に、親は連帯保証人になるケースもあります。

その時に、信用情報の照会をされて、異動情報が判明すると、奨学金申請に影響が出てしまう事も考えられます。

しかし、先ほどもお伝えした通り、信用情報に異動情報が登録されていても、

  • 異動情報は5年を超えない範囲で削除されます
  • 与信判断の一つの材料にしか過ぎません

ので、この情報だけを持ってローンが組めないとなるわけではありません。

【参考】信用情報と債務整理の関係について

債務整理と信用情報の関係 ブラックリストとは何の事?
債務整理には自己破産、民事再生、任意整理、特定調停の手続がありますが、信用情報には事故情報(異動情報)やブラックリストと呼ばれる債務者に不都合な情報を報告、登録される事になります。ここでは信用情報の種類、登録期間、家族や本人からの開示請求についてまとめていきます。

過払い金返還請求については、債務整理での影響は無し

ただし、債務整理の手続の中でも「過払い金返還請求」については、債務整理をしても異動情報が登録されませんので、信用情報が理由で審査落ちという事はありません。

以前までは、過払い金返還請求の手続きを行うと異動情報からサービスコード:71と呼ばれる情報へ変更していたのですが、今では信用情報センターが登録する事はないという見解を示していますので不要です。

債務整理でもローンが組めた まとめ

ここまで見てきた通り、債務整理でもローンを組める可能性がありますが、一つだけ理解して頂きたいのが、

ローンを組む=新たな借金をする

という事だと理解しておきましょう。

実際に、ローンを新しく組んだは良いものの、そのローンの返済ができなくなってしまい、再び債務整理の手続を取る・・・

という事は、手続きによっては出来ない可能性があります。

【参考】二度目の債務整理は注意が必要??

債務整理を二回目すると一生ブラックリスト入りするの?
債務整理は何度でも手続きする事ができるの?二度目になると一生ブラックリストになるの?自己破産、民事再生、任意整理、過払い金返還請求それぞれの手続きごとに二度目の債務整理についてまとめます。

何度も債務整理の手続は取りたくないのはもちろんですが、借金をする度に、返済が出来ないという事で、自分自身の信用を落としていくばかりですので、オススメできません。

ローンを組むにしても、しっかり返済できるかどうか、最初に家族も含めて話し合ってから、決めていく方が良いのでは無いかと、管理人は考えます。

当サイト調べ 債務整理に強い事務所はここ!

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする