債務整理のメリットは取り立てストップと借金の整理が出来ることです!

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

債務整理には、自己破産、民事再生、任意整理、特定調停と様々な手続きがありますが、一番のメリットと言えば、「借金問題を整理し、解決するきっかけを作る」事だと思います。

債務整理をするだけで借金問題が全て整理される。

という事はなく、あくまで借金問題を整理するだけで、その後の生活の立て直しなどについては、別問題になります。

そのため、個人的には債務整理で借金問題を整理し、その先の生活再建までを含めて、包括的に問題解決を図るという事を考えて頂きたいと願っています。

ここでは、債務整理で得られる2つのメリット、それぞれのメリットの活かし方について、管理人なりの意見を述べさせて頂きたいと思いますので、参考にして頂ければと思います。

債務整理をする事で得られる2つのメリット

債務整理をするために多くの方が弁護士や司法書士と受任契約を結び、代理人になってもらい手続きを進めていきます。

理由としては、

  • 法律問題とも絡むので、素人では一筋縄に手続きを進める事が出来ない事もある。
  • 平日の出廷依頼など、仕事などに支障をきたす可能性がある。
  • 交渉事は慣れている法律家の方が進めやすく、素人だと金融業者の誘導に流されてしまう事もある

などが考えられると思うのですが、いずれにしても弁護士や司法書士といった、債務整理のプロを代理人にする事で、あなたに有利な条件を引っ張ってきてくれたり、手続きもスムーズに進める事ができ、問題解決もスピーディに進みます。

取り立て行為をストップ、その間に生活再建を

ここで1つ目のメリットですが、弁護士や司法書士と受任契約を結ぶと、各債権者の元に「受任通知(=介入通知)」が送られる事になりますが、この通知をもって以降は債権者は代理人の許可なく債務者と接触する事ができません。

つまり、「取り立て(督促)行為をストップ」する事に繋がります。

取り立て行為は、債務整理の手続が進んでいる間はできませんので、時間にして3ヶ月~6ヶ月程度、金銭的にも、精神的な負担からも開放されます。

この期間の間は、借金返済をする必要がありませんので、借金返済の原資を作ったり、家計管理の見直しを行い、無駄を省くようにしたり、生活再建を図れる事が、債務整理のメリットと言って良いでしょう。

また、取り立て行為がないという事は、日々の着信履歴に怯える事もないですし、メールや手紙が届いて家族に知られないか?とビクビクする不安からも開放されますので、ストレスが大きく軽減できます。

次に2つ目のメリットですが、「債務整理をする事で借金を大幅に減らす、もしくは完済するきっかけを得る」ことが出来ます。

例えば、自己破産や民事再生の手続きであれば、免責決定を受ける事で借金返済の義務は免除されますし、民事再生の計画を債権者の同意を得られれば、債権額を大幅に圧縮する事にも繋がります。

また、任意整理や特定調停の場合であれば、利息制限法に基づき借金を引き直し計算し、将来利息をストップし元金を確定する事で、借金返済ができるように和解する事が出来ます。

いずれの手続きにしても、債務整理を通して、借金問題解決の糸口を掴む事ができ、その先の生活再建に繋げていく事が出来ます。

この2つのメリットを活かして、しっかりと将来の生活再建を見据えて、債務整理の手続を活かす事が出来れば、必ず借金苦で悩んでいた日々から開放され、一からやり直しが出来ますので、上手く活かしていきましょう。

【参考】債務整理が出来る借金の種類

債務整理が出来る借金には、

  • キャッシングやカードローンなど消費者金融や銀行系カードローン、クレジットカード会社のもの
  • クレジットカードのショッピング利用額
  • 住宅ローン、オートローン、リースなど銀行やリース会社から借入しているもの
  • 個人間の借金(借用書や契約書ない場合もOK)

などがありますが、養育費や慰謝料、税金や健康保険料などは「非免責債権」と呼ばれるもので、債務整理できないです。

 一緒に読まれています。

→ 債務整理のデメリットについて

当サイト調べ 債務整理に強い事務所はここ!

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする