モラドカンパニーが破産 鈴木京香さんはじめ多数のタレントを輩出した事務所の結末

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

2011年までは仙台エス・オー・エス、以降はモラドカンパニーという名前で活動していた仙台のタレント事務所が2016年の10月以降業務を停止。

2017年10月27日には事業を停止し破産手続きに入っています。

鈴木京香さんを輩出したモデルタレント事務所ですが、年々業績悪化で事業継続が難しくなったようです。

それでは、鈴木京香さんも一緒に破産??

という事ではなく、すでに別の事務所に他のタレントさん同様に移籍はしているようです。

モデルやタレント事務所と聞くと、一山当てれば相当儲かりそうな気もしますが、鈴木京香さんも仕事が減ってきてたみたいですし、露出が減ればその分売上も減りますし・・

それでも、タレントさんを抱えるのって人件費とか物凄いかかりそうだから、大変なのかもしれません。

ところで、その鈴木京香さんは、今は何をしているのでしょうか?

せっかくなんで調べてみたんですけど、今はお母さんの介護もあって仕事はセーブしているようです。

王様のレストラン、セカンドバージンなどのドラマに出演していた鈴木京香さんも、今では50歳手前です。

俳優の長谷川博己さんとの交際や結婚の噂はありますが、現在は独身のようです。

話が逸れましたが、モラドカンパニーの破産と同じ地の仙台で記憶に新しい自己破産の会社と言えば、さくら野百貨店仙台店を経営していた「エマルシェ」さんです。

エマルシェさんは、2006年2月期に193億2600万円の売り上げを誇っていましたが、16年2月期の売り上げは79億3900万円まで落ち込み、4期連続の赤字だったそうです。

そのため、2017年2月に自己破産の申請をしているのですが、従業員は120名おられたようで全員解雇されています。

70年の歴史ある百貨店ではありましたが、時代の変化に取り残されてしまった事が経営悪化を招いたようですが、同じような事は我々でも起きます。

明日は我が身・・

という思いを持って、しっかりと取り組まなければ、時代の流れに取り残されてしまいますので、反面教師にしなければいけないところもあるでしょう。

今回は、仙台の地で起きた自己破産案件の2社を紹介させて頂きました。

現役時代 債務整理で手強かった事務所と言えば・・

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る