任意整理するとクレジットカードはいつから作れる?更新ができるの?

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

債務整理には、自己破産、民事再生、任意整理、特定調停と手続きがありますが、今回は任意整理の手続を取る中で、クレジットカードに与える影響について、それぞれまとめましたので、参考にして頂ければと思います。

クレジットカードは任意整理をすると作れない?いつから作れるの?

まず最初の疑問ですが、任意整理をすると新たにクレジットカードを作れなくなると言われていますが、本当なのでしょうか??

結論としては、「100%では無いが、その可能性が高い」となります。

債務整理と信用情報の関係のところで詳しく述べていますが、任意整理をすると指定信用情報機関に異動情報(事故情報)と呼ばれる情報が5年間登録されます。

異動情報が登録されている間は、新たな借金をしたり、クレジットカードを作ったり、ローンの審査を受けても、審査落ちするケースも多いです。

理由は明白で、

  • 債務整理をする事は、金融機関からすると信用が落ちている事になる。
  • リスクの高い融資(デフォルトする可能性のある借金)は、金融機関としては抱えたくない。

ためです。

そのため、異動情報が消える任意整理をしてから5年後以降に、新たなクレジットカードの申込みをした方が審査に通る可能性が高くなります。

ただし、信用情報に関しては、与信判断の一つの材料にしか過ぎませんので、必ずしも信用情報に異動情報が登録されているからと言って、審査落ちする事では無いです。

過去の取引(延滞が無いか、返済は進んでいるかなど)も一緒に見られていますので、その点は抑えておきましょう。

クレジットカードの更新時期がきた、任意整理をすると更新出来ない?

新たなクレジットカードの審査に影響を与える可能性があるのは、ここまで書いてきた通りですが、クレジットカードの更新時期がきた際はどうなのか?

という疑問についてですが、結論としては「ケースバイケース」となります。

更新時期には、信販会社も信用情報を更新し、再度与信判断を行う事になりますが、その際に信用情報で異動情報が確認された場合、クレジットカードの更新をしないと決める信販会社もあれば、更新を認める会社もあります。

こればかりは、各社の基準となりますので、絶対という事は無いですし、Yahoo!知恵袋などでは、「更新できた」という声も見られます。

クレジットカードが使えなくなった?ショッピングの引き落としはどうなるの?

クレジットカードを使って、毎月の携帯電話料金、公共料金の支払、ショッピングの翌月一括払いなど、様々な引き落としをしている方も多いです。

しかし、クレジットカードが使えなくなってしまうと、クレジットカードの引き落とし先として指定している口座から落ちない事になります。

そうなると、携帯電話料金や公共料金の支払などを不払いする事にもなりかねませんので、延滞したり、不払いにならないように、任意整理をした際には注意が必要です。

クレジットカードも任意整理が可能ですが、注意したいポイント

通常のキャッシングやカードローンだけでなく、クレジットカードのショッピング利用分に関しても、任意整理は可能です。

ただし、ショッピング利用分を任意整理する場合には、手続きを開始する前にカードの支払をストップさせておいた方が良いです。

そのため、カードの支払い方法が銀行口座からの引き落としとしている場合は、「口座残高をゼロにし、引き落としできない状態にする」事が必要です。

もしくは、引き落とし先の銀行に自動振替を停止する手続きを取っておくか、いずれかの方法で引き落としされないようにしておきましょう。

あと、携帯電話料金、各種保険料、公共料金の支払いなど、毎月の支払いをクレジットカード払いにしているケースで、それぞれ任意整理の手続に含めない(公共料金はそもそも債務整理出来ませんが)場合は、クレジットカード払いから口座振替やコンビニでの直接払いなどの方法へと変更しておく必要があります。

その際に、カード会社に申し込みするのではなく、直接携帯電話会社や市役所などの機関へ問い合わせ、手続きを進める必要があります。

クレジットカードのショッピングローンで購入の商品の扱い

次に、クレジットカードで購入したショッピングローン(翌月一括払いもしくは分割払いいずれの場合も)を任意整理した場合、カードで決済をしても支払いはされていないので、自分の物では無いとされます。

そのため、換価価値の高いものであれば、商品を引き揚げられてしまう事もありますので、もし商品を引き揚げられるのが困るという場合は、任意整理の対象から外す必要があります。

ただし、クレジットカードに付帯しているキャッシングも利用している場合、一方だけ債務整理をする事は認められていませんので、ショッピングとキャッシングの両方を利用していれば、会社単位で任意整理する事になると覚えておきましょう。

以上、任意整理とクレジットカードに関する疑問をまとめました。

これから任意整理を検討するにあたり、心配事も多いかと思いますが、全ての疑問を解消し、メリットとデメリットを比較した上で決めて頂ければと思います。

 一緒に読まれています。

当サイト調べ 債務整理に強い事務所はここ!

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする