任意整理をして完済後、住宅ローンや車のローンは組めるの?クレジットカードに影響はあるの?

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

債務整理には、自己破産、民事再生、任意整理、特定調停とありますが、今回は任意整理をした場合に、残債務の完済後に住宅ローンや車のローンは組めるのか?

クレジットカードの更新や新規契約にも影響が出るのでしょうか?ここでまとめていきます。

任意整理とは何??

まず、はじめに任意整理とは何?というところからおさらいですが、任意整理とは債務整理の手続の1つです。

任意整理は裁判所を介さず、債権者と債務者もしくは債務者の代理人となる弁護士や司法書士が和解交渉を行うものです。

和解交渉の材料のため、まずは取引履歴の開示請求を行い、過去の取引が利息制限法に則ったものか、過払い金返還が出来ないか?を確認する事になります。

この計算を「引き直し計算」と呼びますが、引き直し計算は複雑な計算になるので、取引履歴を元にエクセルやコンピューターなどを使って行われます。

一般人でも出来ないことは無いですが、相当面倒な計算になるので、多くの方が弁護士や司法書士へ相談し、代理人として計算から和解交渉、締結まですべてを任せるケースが多いです。

ちなみに、司法書士と弁護士の職権の違いですが、司法書士は「簡易訴訟代理人のみなる事が出来る」となっていて、地方裁判所で扱われる案件については、代理人となり手続きを取る事が出来ません。

そのため、自己破産や民事再生の手続を代理人として行う事は出来ませんし、任意整理や過払い金請求についても140万円を超える金額の案件は代理人となり扱う事ができません。

任意整理後、完済に至るまでは

債権者と債務者の間で、和解交渉が終わりますと、和解締結となり、和解した金額を分割なり一括で返済する事になります。

決められた金額をすべて返済し終えて、はじめて完済となるのですが、信用情報上は完済情報として報告はされますが、任意整理の手続をしてから5年以内は「異動情報」として登録される事になりますので、各種ローンの審査などに影響を与える可能性があります。

そのため、完済したからすぐに任意整理におけるデメリットを解消する事が出来るわけではない事を覚えておきましょう。

任意整理後、住宅ローンや車のローンは組めるの??

上記のとおり、完済してからすぐに信用情報の異動情報が解消になるわけではありませんので、住宅ローンや車のローンを組みたい場合は、要注意です。

理由としては、各種ローンの審査を受ける際に、信販会社や銀行などは個人の借入情報の確認として「信用情報」を確認するのが普通です。

信用情報では、借入状況の確認、完済情報、本人情報(個人情報など)の他、過去の債務整理歴や延滞歴などもチェックします。

この債務整理歴をチェックする方法として、「異動情報」を持って確認する事になりますので、ローン審査で異動情報があると審査に不利に働く可能性が高いです。

任意整理して完済後のクレジットカードには影響はどんな事があるの?

最後に、任意整理してから完済後に、クレジットカードを更新したり新規で発行したい場合に、何か影響があるのでしょうか?についてですが、クレジットカードの更新や新規契約の際にも各種ローンと同じで審査を行います。

その時の参考材料とするのが、信用情報になりますが、クレジットカード会社が信用情報を確認した上での判断になりますので、必ずしも審査に通らないという事は無いですが、相当不利だと思った方が良いでしょう。

以上、任意整理から完済後に考えられる影響についてのまとめでした。

もし、今の信用情報がどのような情報になっているのか?は各種信用情報機関に連絡を入れて、開示請求をする事も出来ます。

開示請求は本人請求が基本となりますが、本人の委任状があれば、代理請求する事も可能です。ただ面倒だと感じる場合は、アヴァンス行政書士法人で信用情報開示も出来ますので、上手く活用頂ければと思います。

当サイト調べ 債務整理に強い事務所はここ!

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする