債務整理の弁護士や司法書士費用が払えない時はどうすれば良いの??

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

債務整理には自己破産、民事再生、任意整理、特定調停と手続きがありますが、弁護士や司法書士に代理人をお願いする場合は費用が発生します。

タダでは手続きをしてもらえませんので、ある程度は仕方無いですがもし支払いができない場合はどうすれば良いのでしょうか?

ここでは、弁護士や司法書士費用が払えない場合や債務整理の手続きを取ってから支払ができなくなってしまった場合にどうすればよいか?

について、まとめましたので、参考にして頂ければと思います。

債務整理の弁護士や司法書士費用が払えない場合はどうすれば良いの?

弁護士や司法書士の費用が払えない場合、債務整理の手続きを進めるには自分自身で手続きをするしかありません。

任意整理や特定調停であれば、そこまで難しい事はありませんので、手続きする事は可能かもしれませんが、自己破産や民事再生は簡単ではありません。

また、出廷したりする時間を取らないといけないなど、面倒な事も多いです。

もし、弁護士や司法書士に相談したいけど、どうしても一括で支払出来ない・・

という場合は、まずは「弁護士や司法書士の無料相談」で、きちんと話をしてみましょう。

今では、弁護士や司法書士費用を分割入金を認めている事務所もあります。

それでも分割払いも出来ない・・・

という場合は、家族や親戚に打ち明けて、費用を立て替えてもらうように相談するのも1つです。

借金をしている事を打ち明けるのは、本当に辛い事かもしれませんが、今の状況のままでいる事の方が辛いですし、何も解決しません。

それよりも、早く借金問題を解決する事で、自由を手に入れる事の方が大事なのでは無いでしょうか。

また、家族に打ち明けても費用の捻出が難しい・・・

そんな場合は、「法テラス」の民事扶助が受けられるかどうかを検討するのも1つです。

民事扶助では、費用の立て替えをしてくれます(要審査)ので、検討してみるのも良いでしょうし、場合によっては生活保護の相談など踏み込んだ相談になる可能性もあります。

まずは、ご自身の生活を立て直す事が一番です。

その事を忘れないように、債務整理を優先できる方法を模索頂ければと思います。

債務整理してから入金ができなくなった、その場合はどうすれば??

債務整理の手続きが終わると、弁護士や司法書士の代理人としての仕事は一旦終了となります。

任意整理や民事再生の手続きを取れば、毎月の返済が始まる事になりますが、弁護士事務所などで入金管理をしない限り、毎月の入金はご自身でしていく事になります。

分割返済は3年近くになりますので、ずっと返済を問題なくできれば良いのですが、時には返済できなくなってしまう事もあるかもしれません。

例えば、失業したり、リストラにあうなど収入が減ってしまうような事が起きる事もありますし、また家族の事でお金がかかる事もあれば、病気をしてしまってお金がかかる事もあります。

せっかく債務整理をしても、入金できなければ意味をなしませんし、場合によっては「期限の利益を喪失」し、遅延損害金が発生します。

せっかく将来利息カットとなっても、新たに利息が発生しては、また借金が増えてしまい返済ができなくなってしまいます。

そうならないように、もし入金できない事情があった場合には、

「素直に債権者に相談する」

という方法しか無いと思って下さい。

なかなか出来ない事ですが、誰にでも事情があります、一番はその事情を債権者が知らずにいる事です。

事情を察してくれれば、解決案を提案してくれる可能性もありますし、返済額の見直しをしてくれる可能性もあります。

一人で悩まず、どんどん相談するのが良いかと思いますし、もしそれでも良い解決策が無いという事でしたら、自己破産も視野に検討すれば良いだけですので、とにかくまずは相談してみるという事を忘れないでおきましょう。

 一緒に読まれています。

当サイト調べ 債務整理に強い事務所はここ!

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る