借金で首が回らないの語源は?借金返済に苦しんでいる時こそ債務整理で一気に解消

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

よく借金の返済ができなくなってきた時や、借金の負担が重くのしかかってきた時に聞く言葉で「借金で首が回らない」という事がありますが、語源について調べてみたところ、下記のように書かれていましあ。

借金で首が回らないの語源

首は健康であれば自由に回す事ができるが、不健康な状態になると首を回す事もできない、動くはずの首も回らないという状況から、借金があると不自由な状況になってしまうという事を表したそうです。

また、借金の精神的なプレッシャーを受ける事で首周りの筋肉も硬直してしまう様子も表しているという事が語源のようです。

英語では、「being deep in debt」と表現するようで、現在進行系で借金で悩まされている様子が分かります。

首が回らないほど膨れ上がった借金はどうすれば?

右も左もふさがった状態で、八方塞がりとなっている状況になると、自分の生活を切り詰めていかないといけないですし、結果的に借金が理由で家族内で揉め事が起きたり、喧嘩が絶えなくなってしまう事もあるかもしれません。

原因が借金が起因するのであれば、借金そのものをなんとかしなければ問題解決には至らないです。

借金そのものを解決する方法としては、

  1. 親などに相談して借金を完済する。
  2. 借金を債務整理で負担を軽くするもしくは減額やチャラにする。

のが、現実的な方法になりますが、親に相談できるのであれば首が回らないほど借金が膨らむ事もありませんので、内緒の借金であればなおさら相談が難しいのでは無いでしょうか。

次に、債務整理による負担を軽くする方法ですが、消費者金融や銀行などの借り入れやクレジットカードなどの利用分は債務整理できますが、いわゆる「非免責債権」に関しては債務整理では借金を減額することができません。

そのため、何がなんでも支払から逃げる事ができないので、きちんと責任を取る必要がありますので、要注意です。

非免責債権とは

自己破産をする際に、免責決定を受けてはじめて借金の返済義務の責任を免除される事になりますが、以下の非免責債権については免責決定を受けることができない債権となりますので、支払い義務から逃れる事ができません。

  1. 租税等の請求権
  2. 破産者が悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権
  3. 破産者が故意又は重大な過失により加えた人の生命又は身体を害する不法行為に基づく損害賠償請求権(前号に掲げる請求権を除く。)
  4. 次に掲げる義務に係る請求権
    イ 民法第752条の規定による夫婦間の協力及び扶助の義務
    ロ 民法第760条の規定による婚姻から生ずる費用の分担の義務
    ハ 民法第766条(同法第749条、第771条及び第788条において準用する場合を含む。)の規定による子の監護に関する義務
    ニ 民法第877条から第880条までの規定による扶養の義務
    ホ イからニまでに掲げる義務に類する義務であって、契約に基づくもの
  5. 雇用関係に基づいて生じた使用人の請求権及び使用人の預り金の返還請求権
  6. 破産者が知りながら債権者名簿に記載しなかった請求権(当該破産者について破産手続開始の決定があったことを知っていた者の有する請求権を除く。)
  7. 罰金等の請求権

上記の通り、市民税(住民税)、所得税、法人税などの租税関係や損害賠償請求権や養育費や扶養などの生活費に関わるものは免責する事ができません。

また、破産の申立や免責申立をする際に、債権者届け出を行うことになりますが、債務者が故意に債権者の一部を届け出しなかった場合は免責決定を受ける事ができません。

上記の債権以外であれば、債務整理をする事で借金を減額したり、チャラにする事も可能ですので、今置かれている状況を弁護士や司法書士と相談の上で、どの方法で手続きをするのか?を検討頂ければと思います。

 今すぐにでも債務整理を検討したい方

無料、匿名で住所の登録も不要の借金減額可能かどうかのシミュレーションが可能です。

→ 街角相談所-法律-

現役時代 債務整理で手強かった事務所と言えば・・

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る