債務整理をしてすぐにでも執拗な取り立てをストップさせませんか??借金問題に有効な理由をまとめました。

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

今すぐに借金から開放されたい、借金の督促は厳しくてしんどい・・

という時は、債務整理を代理人にお願いして、受任通知を発送してもらうのが、執拗な取り立てをストップするのに一番の近道です。

ここでは、すぐにでも借金問題から開放されたい方向けに、なぜ債務整理が有効なのか??についてまとめていきたいと思います。

債務整理をして取り立てはなぜストップするの?

まずはじめに、債務整理をして取り立てがすぐにでもストップする理由として「代理人が間に入る事」が重要です。

代理人となれる人は、弁護士や司法書士に限られるのですが、いずれも本人の代理となる事もあって、債権者が本人に直接確かめたい事があっても、勝手に確かめるような事ができないようになっています。

そのため、本人への連絡がいく事がなくなっていきますので、有効な手段という事になります。

ただし、自分自身で手続きを取るという場合は、代理人がいないという事になりますので、取り立て行為は収まっても、手続きの進捗連絡などが債権者から届く場合がありますので、気をつけたほうが良いかもしれません。

代理人に関しては、

債務整理するのに委任状を作るケースは?書式の雛形と合わせて紹介
債務整理を誰かにお願いする時に代理人となるための委任状を作成するケースがありますが、誰でも代理人になれるものではありません。また委任状を作成するにはルールがあるのか?書式の雛形を参考にしながら内容をチェックできればと思います。

こちらでも詳しくまとめていますので、参考にして下さい。

債務整理をストップさせる魔法の通知

債務整理をする際に、代理人が入るケースでは委任契約書が取り交わせれたあとに、各債権者に対して、代理人となった事を知らせる「受任通知」を発送する事になっています。

受任通知は、

上記のようなイメージの書式となっていて、

  • 受任した事についてのお知らせ(代理人使命や弁護士、司法書士番号など記載)
  • 受任後の債務者や関係者への直接の連絡や取り立てを禁止
  • 状況を確認するための取引履歴を開示する請求
  • 時効の中断事由の「債務の承認ではない」事

について、主に書かれています。

また、書式によっては、取引履歴の開示を二週間以内にする事などが書かれている事務所もありますが、だいたい取引履歴の開示請求があってから2週間以内には開示するようにはなっているのが、通常です。

この受任通知は、各債権者へ郵送されるのですが、一般的には書留で送られますが、普通郵便で届く事もあります。

受任通知が届けば、ただちに取り立てストップとなりますので、債権者は一旦守られる事になりますので、心身ともに開放される事になります。

債務整理してすぐに借金問題は解決しません

ただし、債務整理をしても借金問題がすぐに解決か?と言えば、そうはなりません。

理由として、債務整理には

  1. 自己破産
  2. 民事再生
  3. 任意整理
  4. 特定調停

とありますが、それぞれ手続きや申し立て時間が違って、自己破産や民事再生の場合は申し立てから4~6ヶ月程度、任意整理の場合は3~4ヶ月程度、特定調停の場合は3~4ヶ月程度は、一般的にはかかると言われています。

特に、任意整理の場合は、和解がまとまらなかった時には、訴訟に以降する事になりますので、訴訟になるとさらに時間がかかりますし、過払い金返還請求の場合は、相手も返還額を少しでも抑えたいという目論見もあって、長引かせる事もありますので、必ずしもすぐに借金問題は解決しないという事を理解頂ければと思います。

以上、債務整理はすぐにでも執拗な取り立てをストップしたい場合に有効な手段ではありますが、すぐに借金問題が解決するものではないという事になります。

また、手続きを終えてから自己破産以外の手続きは返済がはじまりますので、そこから分割入金がはじまり、その分だけ時間がかかるという事を理解頂ければと思います。

現役時代 債務整理で手強かった事務所と言えば・・

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る