ニッテレ債権回収株式会社の取り立てを無視するよりも早期解決して安心の日々を過ごしませんか?

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

ニッテレ債権回収株式会社は東京に本社をおく札幌、福岡、大阪、名古屋、高松、広島に支店を出すサービサー会社です。

日本テレビが略称で「日テレ」と呼んだりする事がありますが、こちらのサービサー会社はじめ関連会社とは関係がないとの事です。

しかし、一般の方からすると、日テレとの違いを知っている人は少ないですし、日テレの関連会社だという架空請求や詐欺案件があると鵜呑みにしてしまう可能性が高いと思います。

公式サイトでも、しっかりと架空請求詐欺に関する注意喚起を行ってはいますが、ニッテレ債権回収株式会社から請求されているのか?それとも架空請求なのか?見分けるのが大変だったり、「ニッテレ債権回収株式会社という会社で借金をした覚えはない」と取り立てを無視すると実は大変になるケースもあります。

では、その違いはどこにあるのでしょうか?ここではニッテレ債権回収株式会社から取り立てされた時に注意したいポイントや確認したい点や、早期解決のために今すぐ取るべき行動は何か?について、まとめていきたいと思います。

ニッテレ債権回収株式会社の業務は?

まずはじめに、ニッテレ債権回収株式会社の仕事内容ですが、債権管理回収業に関する特別措置法(サービサー法)に基づいた債権回収を専門にしている会社です。

サービサー事業は、法的に認められている事業で法務大臣の許可を受けた会社のみが営業できるのですが、許可番号 法務大臣第7号を平成11年6月1日に取得し、事業を行っています。

ニッテレ債権回収株式会社へ債権譲渡、委託している会社

ニッテレ債権回収株式会社の原債権者には、

  • 池田泉州JCB
  • SMMオートファイナンス
  • SMBC債権回収
  • NTTデータシステム
  • 大阪ガスファイナンス
  • おきぎん保証
  • オリックス銀行
  • かんそうしん
  • 九州日本信販
  • クレディセゾン
  • ゴールドポイントマーケティング(ヨドバシカード)
  • 山陰合同銀行
  • 七十七カード
  • シティックス
  • しんわDC
  • 全日信販
  • ソフトバンク
  • ドコモDCMX
  • とみんカード
  • 名古屋カード
  • 東日本旅客鉄道
  • ビューカード
  • 広島総合銀行
  • ファインクレジット
  • 北陸カード
  • 三井住友ファイナンス&リース
  • もみじ銀行
  • ヤマトクレジットファイナンス
  • 横浜信用保証
  • ローソンCSカード

などがあり、一般的なサービサー会社が消費者金融やクレジットカード会社の原債権が多いのに比べ、公共料金の支払い関係も多く含まれている印象です。

そのため、

「ニッテレ債権回収株式会社なんて聞いた事がない」

という方でも、例えば電話料金を長期に渡って滞納していたり、銀行やリース会社での借入を返済していないという事があると、ニッテレの方に譲渡されて、正規の請求に基づいた取り立てをされている可能性も考えられます。

ニッテレ債権回収株式会社の取り立てを無視すると??

上記のとおり、正規の請求に基づいて債権回収譲渡通知書が発送されてから、取り立てがスタートするのですが、連絡もせずにそのまま放置していると「法的手続き」へ進める可能性が高いです。

実際に、裁判所へ支払督促や提訴の準備に入って、最終的には判決などの債務名義を持って強制執行をする事まで考えられます。

これらの方法は、消費者金融などが行う一般的な債権回収のノウハウと大きく変わりはありません。

債務名義による強制執行は、給料の一部を強制執行したり、銀行口座や資産などを差し押さえしてしまう事もできる、強力な手続きです。

持ち家や自家用車なども、差し押さえられてしまう可能性がありますので、要注意です。

ニッテレ債権回収株式会社の取り立てがあった場合の対処法

正規の取り立てを無視するメリットは、正直なところ何も良い事はありません。

  • 日々、ニッテレから取り立ての連絡が来るのが終わらない。
  • 取り立ての連絡が終わったと思えば法的手続きへ。
  • 判決で債務名義を取ると強制執行の準備。
  • 銀行口座や資産の差し押さえが始まっていく。
  • 信用情報は長期延滞から強制執行を始めている情報としてブラックリストに登録される。

と、何一つ解決しないまま、無駄に時を過ごしてしまう事になります。

同じ時を無駄に過ごすのではなく、借金問題を早期に解決するために時間を有効に使い、借金に悩まない未来を勝ち取ることの方が、有意義では無いでしょうか?

まずは消滅時効の援用はできないか?確認

1つ目の消滅時効の援用ができないか?についてですが、最終入金日から債務の承認をしていなければ5年以上経過していれば、時効を迎えている可能性があります。

もし、時効を迎えているようであれば、借金返済をしたり、返済約束をするような事があると、消滅時効を援用できない可能性があります。

通常、このようなサービサーに債権譲渡したり委託をする場合、普通に債権回収ができないと判断している可能性が高く、長期に渡って延滞している可能性もあります。

借りていた債務者本人ですら忘れていた借金という場合もありますので、記憶がうる覚えな状況で入金約束する事は、消滅時効を援用する機会喪失につながる可能性もあります。

時効が無理でも債務整理で解決

仮に消滅時効を援用するのが無理だったり、相手が時効の中断事由で時効を主張するのが難しいと思う場合は、時効で問題解決を試みるのはとても厳しいと思って良いかと思います。

時間もない中で、早期に借金問題を解決し、無駄な時間を過ごさないようにするには「債務整理」で一気に解決するのをオススメします。

どちらの場合でも、素人判断で手続きをするべきか?今後どうすればよいか?を判断するのはとても難しいため、オススメしたいのは「借金問題に強い代理人に全て任せる」方法です。

また、代理人探しに無駄な時間を使わないために、当サイトでは、法律相談-街角-の匿名借金減額シミュレーターを使うのをオススメしています。

借金減額シミュレーターですが、1分で登録し、借金の状況に合わせて最適な相談先を見つける事ができる、とても便利なツールです。

一分一秒でも早く、取り立ての日々から開放され、早期に借金問題を解決するには、うってつけの方法だと思いますので、上手く活用頂ければと思います。

 同じようなサービサー会社は他にもあります。

現役時代 債務整理で手強かった事務所と言えば・・

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る