債務整理で後悔している人の特徴って??無知で後悔しないために

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

債務整理には、自己破産、民事再生、任意整理、特定調停と手続きができますが、それぞれメリットやデメリットが有るのは、当サイトでも様々な情報として提供しています。

しかし、債務整理がいかに借金返済だけでない借金問題に対して有効な手段か??と思っていても、実際に手続きを取ってみると、あとで後悔するような事がある場合も否定できません。

実際に、あとで後悔している人たちは、どのような事で後悔しているのか??事前に知る事ができれば、債務整理をして後悔するような事は無いのでは??と思い、ここでは債務整理をして後悔する事のないように、体験談などをまとめましたので、あとで知って後悔・・なんて事にならないように、参考にして頂ければと思います。

任意整理をした方の後悔

最初に任意整理をした方の体験談から、

  • 大きな買い物をする時に、クレジットカードが使えないので現金を用意しないといけないのが大変
  • 将来の利息は支払う必要はなくなったけど、必ずしも任意整理しなければ返済できなかったわけではないので、どっちにしても返済を続けている事に疲れてきた。

という声を見かけました。

任意整理は、債権者との間で和解する事で、将来利息をカットし、毎月の返済が全て元金返済になるというメリットがありますが、信用情報にブラックリストとも呼ばれる異動情報が登録される事で、新たな借金をしたり、クレジットカードを作る事が出来ません。

クレジットカードが使えないという事で、大きな買い物(それこそ大型家電の買い替えなど)は不便でしょうし、ローンを組みたくても住宅ローンや車のローン審査に通らない可能性があるという点では、不利益があるかもしれません。

参考 信用情報に関するデメリットは、債務整理と信用情報の関係 ブラックリストとは何の事?でまとめていますので、参考にして下さい。

一度目の債務整理がしっくり来ないケース

次に、債務整理をして後悔しているケースですが、一度目の債務整理を失敗しているケースです。

債務整理は、自己破産の場合は一度手続き取ると7年間は自己破産する事が出来ないという決まりがありますが、任意整理は何度でも手続きする事が可能です。

しかし、現実問題として一度和解したにも関わらず、不履行が続く場合は、信用をおける債務者では無いと判断されかねません。

その場合は、新たな債務整理をするのが難しくなってしまいますので、不利です。

一度目の債務整理の際に、

  1. きちんと返済計画は、今の状況にあったものか。
  2. 今後、何か予定外な事があっても、きちんと責任を持って完済できるか。

を確認した上で、手続きを取るようにしなければ、自分に合わない手続きでは長続きしませんんので、後悔する事になりかねませんので、きちんと確認しましょう。

自己破産するほどのケースではなかった

次に3つめの後悔例ですが、借金額などを考えて、もう少し頑張って返済する事もできたかもしれないのに、安易に自己破産を選択した場合です。

これから先の人生に、今以上の惨劇がない・・と思っている場合、今以上に借金をする事もないだろう・・・

と思っている方もいらっしゃいますが、同じことは繰り返すとも言われています。

特に、債務整理をすると官報情報に登録されるの?登録は何年されるの??で詳細を書かせて頂いたのですが、自己破産すると官報情報に情報が登録されるのですが、この官報情報を闇金業者がDMリスト代わりに使うリスクがあります。

DMリストにされると、郵便で融資の案内などが送られてきたりする事になり、再び借金生活に戻ってしまった・・という事もありますので、とても危険です。

自己破産は、7年間は新たに自己破産する事は出来ませんので、人生で何度も手続きするものでは無いと思って頂き、最終手段として検討するのが一番です。

本当に自己破産スべきか??しっかりと代理人となる弁護士や司法書士とも検討を重ねるようにしましょう。

債務整理したけど、借金が残るケース

債務整理できる債権は、キャッシングやカードローンのような業者からの借入は可能ですが、慰謝料、損害賠償金、未払い給料などは「非免責債権」と呼ばれて、そもそも免責する事ができない債権となります。

そのため、債務整理をして借金が減ったり、なくなったりしても、非免責債権は引き続き返済していく必要があります。

参考 非免責債権については、免責不許可事由とは何?どの条文に書かれているの?浪費やギャンブルでは認められないの?で詳しく書いていますので、ご一緒に確認下さい。

また、借金ではないですが、債務整理にあたって弁護士や司法書士に依頼する場合は、費用がかかるのですが、分割払いにしたり、費用を後回しにする事が出来る事務所については、債務整理後から返済が開始されます。

この返済も、毎月続けば結構負担が重い・・という声も多いです。

たしかに、弁護士や司法書士費用は安いとはいえませんし、借金返済を抱えて毎月支払いするとなると、とても大変です。

また、費用もきちんと確認していなければ、「それは聴いていなかった」とトラブルになる原因にもなりますので、後払いの場合や分割払いの際には、きちんと契約内容を確認しておくようにしましょう。

債務整理をして後悔しないために まとめ

債務整理をしてから、あとで後悔しても祭りのあとです。

後悔しないためには、繰り返しになりますが

  1. それぞれの手続のデメリット、メリットについて確認しておく事。
  2. 後悔した事例を知っておき、自分に当てはまらないかチェックする事。

は最低でも行うようにしましょう。

メリットやデメリットについては、当サイトでも様々な事例を出して、債務整理をする事で得られるメリットだけでなく、デメリットについてもまとめています。

また、後悔した事例については、今回の情報である程度理解頂けると思いますので、合わせて確認頂ければと思います。

現役時代 債務整理で手強かった事務所と言えば・・

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る