任意整理後に一括返済するのは可能?逆に一括返済を請求されるケースはあるの?

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

債務整理の中で、分割で和解するのが通常な任意整理ですが、任意整理で和解したあとに一括返済する事は可能でしょうか?またその場合には信用情報に影響はあるのでしょうか?

逆に任意整理で分割返済している途中で一括返済を求められる事はあるのでしょうか?

任意整理における、一括返済に関する疑問をここで解消したいと思います。

任意整理で一括返済は可能なの??

任意整理は、通常は債権者と和解する中で3年以内で分割返済をする事が主になりますが、最大で5年以内であれば、和解に応じてくれる債権者もいます。

和解については、ここの債権者との交渉によって考え方が違うため、一概に同じ基準で和解に応じてくれるという事はありませんが、きちんと返済目処があれば、概ね認められるはずです。

任意整理をご自身で手続しない場合は、法律で認められている弁護士もしくは司法書士が代理人となって交渉や手続きを進めることも出来ますが、いずれの場合でも債権者との話し合いの中で返済できないのが「短期的なものなのか」、「長期的に返済ができないのか」もきちんと伝えるようにし、無理のない返済計画を立てましょう。

和解がまとまれば、分割で返済を開始する事になりますが、返済途中でお金の都合が出来た場合にまとめて返済(一括返済)する事ができるという方も、なかにはいらっしゃるかと思います。

しかし、契約で和解しているし出来ないのかな??と疑問に感じている方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、結論としては「一括返済は可能」という事になります。

ただし、一括返済をする事が出来てもメリットがあるのか??という点も考慮しておく必要があります。

実際、一括返済が出来る場合は、

  • 和解した後でも、さらに借金を減額してもらえる可能性がある。
  • 精神的に借金から開放されるので、楽になる。

というメリットがある反面、

  • 信用情報のブラックリスト(異動情報)は期間内は消える事はありません。
  • 一括返済したものを再び返してほしいと言う事は出来ませんので、今後生活が一変した時にやりくりが大変になる可能性がある。

というデメリットも考えられます。

どちらの方が良いのか??は、正直なところ決めることは出来ませんし、それぞれの生活状況などによって違いますので、メリットだと感じれば一括返済をする事をオススメします。

特に、メリットの1つ目ですが、金融業者によっては例えば和解で100万円と決めた後に、一括返済を条件に80万円で和解してくれるというケースもあります。

必ずしも減額交渉が実るというわけではないですが、可能性はゼロではありませんので、一括返済を交渉の材料にして相談してみるだけでも価値があるかもしれませんね。

任意整理後に一括返済を求められることはあるの?

今までは、こちらが一括返済できるケースとしてまとめてきましたが、逆に金融業者に任意整理をした後に一括返済をされるというケースはあるのでしょうか??

普通に考えて、きちんと和解しているのに、いきなり一括返済を求められる・・なんて事があっては、債務者にとっても立場が不安定になり兼ねません。

また、債権者の都合に合わせる事になっては、債務者との平等性が担保されませんので、かなり不都合は内容となってしまいます。

そうならないために、法律上で「期限の利益」と呼ばれる、債務者の立場を保護するための要件が定まっています。

期限の利益ですが、

期限の到来するまでは、債務を履行しなくても良いという利益が債務者にある

という事です。

そのため、毎月の期日に定めがある場合は、期日を迎えるまで返済をしなくても良いですし、一括の請求を求められるという事も無いです。

しかし、逆に期限の利益を喪失するような事があると、債権者から一括の返済を求められるという事になっても仕方が無い・・

という事が言えます。

では、期限の利益を喪失するような事には、どんな事が挙げられるのか??という事ですが、契約時に条項に書かれている事が多いのですが、一般的には、

  • 返済日を2回以上怠った場合
  • 返済金額を2回相当分支払っていない場合

としている場合が多く、その場合には期限の利益を喪失するだけでなく、喪失日より遅延損害金の利息まで付く事になっている事が多いです。

ここで、気をつけておきたいポイントですが、返済日を2回というのは、二ヶ月という事で理解しやすいのですが、返済金額の二回分というのは、返済日だけ守ればOKとはならないという事です。

例を挙げると、毎月1.0万円の返済をする事で和解している場合に、今月の返済を忘れていたため、来月にまとめて1.5万円の入金をしたという場合ですが、毎月1.0万円という事で二ヶ月だと2.0万円が必要になります。

そのため、期日は厳守されていても、二ヶ月分の金額が入金なければ、期限の利益を喪失しているとみなされる可能性が高いとされます。

一括請求をされても、まずは冷静に対処しよう

上記の通り、期限の利益を喪失すると、一括請求される事はありますが、だからと言って請求どおりに一括返済すれば・・とできればそもそも任意整理なんてしないと思います。

また、出来るような貯金がある場合でも、無理に借金返済をした事で、生活が出来ないとか家族に迷惑がかかるという事があっていけませんので、まずは各金融業者に連絡を入れて、今後の対応についてきちんと話し合いする方が良いかと思います。

それでも埒が明かない・・という場合であれば、二度目の債務整理も検討する事も出来ますが、債務整理は二度目も出来るの?でも挙げている通り、債権者から和解を取り付けるのも大変ですので、その点は覚悟した方が良いかもしれません。

また、新たに借金をして返済しよう・・

なんて考えだけは、絶対に持たないようにしましょう。特に闇金に手を出すような事があると、それこそ破綻への道しかありませんので、絶対にやめましょう。

以上、任意整理における一括返済にまつわるまとめでした。

参考にしていただき、もしそのような状況がある場合に、自分であればどうするか??という時に活かして頂ければと思います。

現役時代 債務整理で手強かった事務所と言えば・・

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る