借金を繰り返す人の心理はどんな感じなの??身内に借金クセがある人がいる場合に注意したいポイントは?

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

借金を繰り返し、止まらない・・・自分一人で悩んでいる方もいらっしゃるかもしれませんが、同じ悩みとして家族も借金が止まらない身内を抱えて悩んでいる・・

様々なケースで、借金を繰り返す事で悩んでいる方も多いことかと思います。

実際に、借金を繰り返す方ってどんな心理をしているのだろうか??少しでも理解ができれば、自分自身でその心理に対する歯止めが効く事もあるでしょうし、また身内にそのような方がいる場合でも止める事が出来ることもあるかもしれません。

ここでは、借金を繰り返す方の心理面について、借金をする方のクセなどと合わせて確認していきたいと思います。

借金を繰り返す人の特徴

最初に借金を繰り返す人の特徴ですが、「すぐに返せる」と楽観主義者の方が多いです。

借金はもちろん借りれば返すものなので、きちんと返せると思う事は問題ないのですが、自分自身に借金を繰り返すようなクセがついてしまっている場合は、楽観主義が裏目に出る可能性があります。

また、消費者金融などの借金で頼り切られている方の場合は、繰り返し利用ができるリボルビングシステムのため、限度額いっぱいまで返しては、借りてを繰り返します。

このような人の特徴に多いのが、

返済計画をコロコロと変える人が多い

ため、当初は毎月●●万円ずつ返済してと考えていたはずの計画も、途端に返済計画を変えたり、または逆に返済をしてもすぐに借入してしまうという事もあります。

結果的に、借金は減るどころかどんどん増えてしまい、借金返済が進むことはないという事です。

そしてもう一つの特徴ですが、「浪費や無駄遣いが多い」という事です。

自分の収入の範囲でやりくりしているうちは良いのですが、自分の見栄のためだったり、もっと良い生活をしたいと思うために借金をして、ブランド品を買い漁ったり、娯楽などにお金を費やすという方も多いです。

いずれの方の場合も共通するのが、「将来に対する計画性がなく、今が良ければOK」という考えを持っている人が多いという事が言えるのでは無いでしょうか。

もし、身内で借金を繰り返す人がいる場合に、言い訳として

  • すぐに返せるから大丈夫。
  • 無駄遣いじゃなくて、自分に必要な事だから大丈夫。

と言って聞かないような人がいる場合は、借金を繰り返す癖がすでに蔓延している可能性があり、気をつけた方が良いかもしれません。

まずは、借金を繰り返す事を咎めるのではなく、「借金返済を一緒になって計画的に考えていこうという気持ちを伝える」事が大事です。

孤独になると、人は寂しさを埋めるために、行動をエスカレートさせる可能性がありますし、誰かが支えているという事をしっかりと相手に伝える事で、いざという時に相談先がある事で心にも安心感が広がるかと思います。

借金している事を正当化させない事

先程、行動をエスカレートさせると書きましたが、人は善悪の判断を冷静な時には出来るのですが、感情が入ってくると自分がやっている事を認めてほしい・・・

という気持ちを優先させてしまい、結局は借金している事すらも正当化してしまう事もあります。

「キャッシングは便利だし、複数枚のカードを持った方が良い」

「クレジットカードを利用するならリボ払いで分割したほうが良い」

「高い買い物をするなら、現金を残すのに必ず一括返済でなくローンを組む事」

・・

など、様々な言い訳を自分に課す事で、自分自身を許してしまうのです。

将来は誰にも分からない いざという時の備えを

ここまで書いてきた通り、借金を繰り返す方、借金癖がある方というのは、自分自身の借金を肯定的、楽観主義的に考える人が多いです。

もちろん、借金をするのにネガティブな事を考えてする方は、なかなかいないとは思いますが、楽観主義の中にも、しっかり将来の事も見据えた上で備えておく気持ちであったり、もし返済できなくなる事情があった場合はどうすれば良いか??

という事は、借金をする前に少しでも考えて頂ければと思います。

何も考えなしで借金をするよりも、将来は誰にも分からないですし、きちんとリスクがあるという事を理解した上で、その借金が必要な事なのか、それとも必要のない借金なのかを十分に考えた上で利用する方が良いでしょう。

また毎月の返済計画をきちんと守るためにも、「将来叶えたい目標」は持った方が良いと思います。

例えば、5年後に借金を完済し、借金がなくなったタイミングでちょうど40歳を迎えるタイミングなので、子どもの年齢を考えてマンションを購入してみよう・・

みたいなライフプランニングも出来てくるのでは無いでしょうか。

このような計画があれば、簡単に目標を変える事もないでしょうし、家族との約束事にしていれば、内緒の借金をしていても、毎月の貯蓄は別で頑張ったり、節約したりして、借金返済も頑張って進めていけるかと思います。

また、リスクヘッジという意味では、将来収入が下がるリスクがあったり、リストラされたり、病気や怪我で仕事が出来ない・・・なんて事もありえます。

そんな万が一の収入が減ってしまった・・

という場合でも、当面の暮らしを保証できるだけの余力を蓄えておくとか、借金も限度を考えて行うなども考えておく必要があるので無いでしょうか。

以上、借金を繰り返す方の特徴や、借金癖があっても無理のない将来を送るためにはどうすれば良いか??について、参考にして頂ければと思います。

当サイト調べ 債務整理に強い事務所はここ!

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る