クレジットカードのリボ払いに対して過払い金請求は出来るの?リボ払いの解除や分割返済などと合わせて仕組みを解説します。

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

債務整理の中で過払い金請求手続きは過去に払いすぎた利息が戻ってくるので、手続きできる借金があれば、ぜひとも手続きをしておきたいところです。

しかし、キャッシングやカードローンなどの借金とは違い、クレジットカードはリボ払いと呼ばれる分割の返済方法があります。

ここでは、クレジットカードのリボ払いの仕組み、過払い金返還請求が可能かどうかについてまとめましたので、参考にして頂ければ思います。

クレジットカードのリボ払いって何?どんな仕組みなの?

クレジットカードのリボ払いですが、「毎月の返済を一定額で返済する」分割返済方法です。

返済額は、クレジットカード会社があらかじめ決めている金額になり、残高に応じて返済額が変動する「残高スライドリボルビング方式」、元金を毎月一定にする「元金定額リボルビング方式」、元金と利息を合わせた合計が毎月一定の「元利均等返済方式」とあります。

もっとも一般的なリボ払いといえば「残高スライドリボルビング方式」です。

毎月の返済額が一定金額で決まっているので、返済しやすいのが特徴ですが、無計画にショッピングを繰り返してしまうと、残高に応じて毎月の返済額が増えてしまったり、返済回数が伸びて手数料負担が増えてしまいます。

また、カード会社ごとにリボ払いの金額がマチマチなため、どの会社でいくらの返済なのか?を把握しにくいという事もあります。

いずれにしてもキャッシングなどと一緒で「計画的に利用する事」がリボ払いで返済できなくならないようにするためのコツです。

クレジットカードのリボ払いは過払い金請求が出来るの?

上記の通り、クレジットカードをリボ払いにした場合、手数料が発生する事になりますが、いわゆるキャッシングのグレーゾーン金利と呼ばれる利息制限法を超える手数料を取っている事はありません。

よって、過払い金が発生する事はありませんが、例えばクレジットカード会社のキャッシングを利用していて過払い金が発生している場合であれば、債務整理の手続を取る場合は、クレジットカードとキャッシングで相殺するという事もあります。

ただし、クレジットカード会社を債務整理する場合に気をつけなければいけない事があります。それが、「口座引き落としをしているケース」です。

口座引き落としですが、債務整理の手続をするとカードを使えなくなってしまいますので、ストップする事になります。

そのため、携帯代や公共料金等の支払いがカードから決済できなくなってしまいますので、注意が必要です。

また、クレジットカードでショッピングした商品について、引き揚げられる可能性があります。

特に換価価値の高い商品(車だったり、ブランド品など)は、可能性が高いという事は覚えておきましょう。

クレジットカードの債務整理は基本的には任意整理にすれば、将来元金のみの返済で済みますが、クレジットカードの強制解約や新規申し込みNGなどのデメリットも大きいです。

キャッシングに比べても手数料は低い設定ですし、毎月の返済に無理のない範囲であればリボ払いで返済を継続した方が、デメリットも少ないです。

しかし、キャッシングなどの借金がかさんでくると、クレジットカード返済にも影響が出てしまいますので・・

その点を考慮した総合的な返済計画の見直しを要する場合には、債務整理も検討頂ければと思います。

 一緒に読まれています。

現役時代 債務整理で手強かった事務所と言えば・・

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る