借金があると離婚に影響が?借金と離婚で問題になる事をまとめてみました。

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

借金をしたまま離婚する事は出来ないのでしょうか?

また、借金をしているという理由だけで、離婚する事が出来るのでしょうか??

ここでは、借金と離婚に関して、また慰謝料や養育費などの関係について、情報をまとめていきます。

借金をしていると離婚出来ないの?

まずはじめに、借金をしているという理由だけで、離婚を出来ないのか??ですが、借金も十分な離婚原因として認められます。

離婚するには、お互いの意思を確認しあって離婚を決める「協議離婚」と、裁判を通して離婚を認めてもらう「裁判離婚」いずれかの方法があります。

協議離婚は、お互い話し合い、離婚に向けて準備をして、両者が納得して離婚するので、理由がどうであるのかは問われません。

一方で裁判離婚の場合は、家庭裁判所に手続きを申し立てる必要があり、民法には

  • 不貞行為
  • 悪意の遺棄
  • 3年以上の生死不明
  • 強度の精神病となり回復の見込みがない
  • 婚姻を継続し難い重大な事由

については、離婚ができるとされているのですが、残念ながら借金を理由に離婚は可能とは明記されていません。

しかしながら、婚姻を継続し難い十無いな事由という中に、配偶者の借金癖、浪費癖であったり、家計を円滑に回す事が出来なかったり、夫婦関係を破綻させかねない事があるとすれば、離婚事由には十分成り立ちます。

逆に、債務整理をする事で借金問題がある程度目処がついたり、今後も更生する見込みがあり、夫婦生活を修復できると裁判所が判断すると、離婚は認められない可能性もあります。

いずれの場合でも、裁判所に「婚姻を継続し難い重大な事由」だと、どうやって認めさせるのか?が大事という事になりますね。

借金は夫婦でいる限り連帯で責任を取る事になるの??

次に、借金の返済ですが、離婚をすれば返済義務はどうなるのでしょうか??

ここで問題になるのが、

  1. 連帯保証人
  2. 財産分与

この二つの問題があります。

一つ目の連帯保証人ですが、借金の返済義務ですが、たとえ夫婦であっても、親子関係であっても、血縁がある場合でも、連帯保証人でないかぎり返済義務は本人のみが背負います。

そのため、借金の連帯保証人となっているのであれば、離婚が成立しても返済義務は残り続ける事になりますし、借金返済を契約者ができなくなれば、その借金を背負わなければなりません。

二つ目の財産分与ですが、夫婦で作った財産は、たとえ配偶者の一人が一生懸命頑張って働いたとしても、一方のものではなく「共有財産」です。

財産分与の割合は、それぞれの事由で変わってくるようですが、50%ずつという判例が多いようです。

共有財産には、

「婚姻後に購入した住宅、家具、預金、有価証券、車など」

が含まれていて、逆に親族から相続した財産や、婚姻前に残していた預貯金は「特有財産」と呼ばれて、財産分与の対象外です。

共有財産には、借金も含まれる場合があり、例えば

  • 借金は生活費を補うためにしていたケース
  • 車のローン、教育のローン、住宅ローンなどのローン関係で生活に密接に関係するもの

などは、基本的に財産分与で分けられる事になります。

しかし、ギャンブルや浪費で作った借金の責任は財産分与の対象外になるため、例えば共有財産が1,000万円あり、ギャンブルなどの借金が300万円ある場合は、財産分与の対象外として1,000万円を二人で分ける事になり、500万円ずつとなる可能性が高いです。

相手に借金がある場合は、養育費や慰謝料は諦めた方が良いの?

子供がいる場合に、離婚をする時に問題になるのが「親権」の問題です。

親権者は、子供を引き取り、育てる義務があるのですが、離婚をしても親であることには変わりないですし、子供にも罪はありませんので、「養育費」を請求する事が可能です。

ちなみに、養育費は相手が借金があろうが、なかろうが妥当な金額を請求する事が出来ます。

もう一つの慰謝料ですが、こちらは婚姻期間中に、相手方から精神的、肉体的な苦痛を受けていた場合に、「慰謝料」を請求する事が可能です。

慰謝料が請求できるような苦痛ですが、

  • DV(ドメスティックバイオレンス)
  • 不貞行為(浮気、不倫)

などが挙げられますが、借金をしていた事に対する精神的な苦痛でという理由は、なかなか認められない可能性があります。

また、養育費や慰謝料は「非免責債権」でもあるので、相手が債務整理で破産をした場合でも、支払い義務がなくなる事はありません。

そのため、最初に取り決めた支払いがなければ相手方に強制執行をして、給料を差し押さえる事も出来ます。

借金と離婚の関係について まとめ

ここまで書かせて頂いた通り、借金だけの理由で離婚できない事はないですが、借金を理由に慰謝料を請求したり、借金がある相手から慰謝料や養育費を請求するのは至難の業です。

いくら慰謝料や養育費が非免責債権といって、破産しても消えない権利といっても、なかなか簡単に物事は進みません。

特に、協議離婚でなく、裁判離婚を申し立てるとなると、裁判所を通しての話し合いになるので、複雑な事情も関わってきますので、専門家を通して続きするのも一考かもしれませんね。

当サイト調べ 債務整理に強い事務所はここ!

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る