債務整理でブラックリスト入りいつまで続くの?家族、クレジットカード、住宅ローンに影響は出るの?

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

借金が膨らみすぎて返済できない時に、債務整理をすれば問題解決できると言われていますが、実際に債務整理をしてもデメリットがないのか?知らずに手続きを取るのと、きちんと理解いした上で手続きを取るのでは大きな違いがあります。

ここでは、債務整理のそれぞれの手続きでどのようなデメリットが起こるのか、また各種ローンやクレジットカード、キャッシングやカードローンの審査に影響が出るのか?いつまで影響が続くのか?

信用情報の事故情報と呼ばれるブラックリストとの関係性についてまとめましたので、参考にして頂ければと思います。

債務整理をすると信用情報がブラックリスト入り?

最初に債務整理をする事で信用情報にどのような影響があるのか?をまとめておきますが、一言で言いますと「各種信用情報機関(JICC、CIC、KSCなど)に債務整理を開始した情報が登録」される事になり、信用情報機関に登録している団体が共有できるようになります。

例えば、Aという業者で債務整理を開始している情報を信用情報機関に報告であげると、信用情報機関に加盟する団体は照会すると情報を確認する事が可能です。

信用情報は、キャッシング、カードローン、クレジットカード、各種ローン、リースなどの各種金融サービスを利用できるか審査をするために必ず確認する情報となりますので、信用情報に債務整理をしている情報が登録されると、金融業者としては不渡りリスクが高いと判断し、審査を却下します。

そのため、各種金融サービスを利用する事ができないため、新たな借金ができなかったり、タイミング良い時に住宅ローンや車の審査を受けても通らなかったり、クレジットカードが持てずに不便な生活を強いられる可能性があります。

また、各信用情報機関同士でも情報が交流されているため、例えばクレジットカードを主に扱う情報機関にあたるCICに異動情報が登録されると、その他のJICCやKSCでも異動情報を確認する事が可能です。

信用情報がブラックリスト入りする事で、上記のようなリスクが発生するという事をまずは知って頂ければと思います。

過払い金請求以外の債務整理は全て異動情報が登録

上記の異動情報についてですが、全ての債務整理の手続きを行う事で登録されるわけではなく、例外として過払い金返還請求の手続きを取った場合は、信用情報に異動情報が登録される事はありません。

理由としては、そもそも過払い金請求は「払いすぎた利息さえなければすでに完済している」はずだという前提のものであり、完済済みの債務に対して不利益な異動情報を登録する事はないという理由からです。

しかし、その他の債務整理(自己破産、民事再生、任意整理、特定調停)に関しては、少なくとも債権者に迷惑をかけるような行為ですし、ペナルティーを課す必要があるので、異動情報を登録するのは当然だという考えになります。

ちなみに登録年数ですが、

  • 自己破産と民事再生で7~10年
  • 任意整理や特定調停で5年程度

と言われていますので、いつまでも異動情報が登録され信用情報がブラックリスト入りするわけではありません。

異動情報が消えてしまえば、以前と変わりなく信用情報だけで審査落ちという事もなくなるはずです(その他の審査基準に該当する場合は、この限りではありませんが)が、稀に登録期間を完了していても金融業者の更新忘れで異動情報が残っている場合がありますので、そのような場合には信用情報の開示請求をするのがおすすめです。

もし、ご自身で手続きするのが面倒な場合は、信用情報の開示請求を代行サービスがおすすめですので、参考にして下さい。

債務整理するとクレジットカードにどんな影響が?

過払い金返還請求を除く、異動情報が登録される債務整理の手続きを取る場合に、クレジットカードについては、

  1. 新たなクレジットカードを作ろうと申し込みしても審査落ちの可能性が高い。
  2. お持ちのクレジットカードが更新期限を迎えずに、強制解約で利用ができなくなる事も。
  3. お持ちのクレジットカードの更新ができず、有効期限切れに。

なる可能性がありますので、注意が必要です。

債務整理すると住宅ローンに影響が出るの?

続いて、住宅ローンへの影響ですが、

  1. 今後住宅ローンの審査を受けようと考えている場合、審査落ちする可能性が高い。
  2. 現在住宅ローンを払い続けている場合、自己破産すれば住宅を手放す事になり競売、民事再生であれば住宅ローン特則を使っての整理、任意整理の場合はリスケに応じてくれる場合や他の手段を提案してくれるもしくは任意整理の対象外とする事で影響が出ない。

となってくるかと思います。

債務整理すると結婚できないの?家族に心配をかける事も?

次に、債務整理と結婚や家族への影響についてですが、

  1. 結婚相手に債務整理をした情報が漏れる事はありません、ご自身でカミングアウトする以外では何もありませんし、連帯保証人などで無い限り迷惑をかける事はありません。
  2. 自己破産すれば持ち家の場合は転居しなければならなかったり、自家用車を売却する事もあるので家族にも影響します。転居するとなると引っ越しで転校する可能性もゼロではありませんので迷惑が及ぶ可能性はあります。
  3. 会社には債務整理をした情報が漏れる事はありませんし、債務整理を理由に解雇を迫られることはありませんので、リストラにあう心配はありません。

などの影響があると思って頂ければと思います。

債務整理と信用情報のブラックリスト入りについてのまとめ

以上、債務整理をする事で信用情報がブラックリスト入りし、その事で考えられるデメリットや各手続きによって発生するデメリット、具体的な想定トラブルなどをまとめました。

どれも少なからずとも影響があり、周囲に影響を与える可能性もありますが、だからといって借金を放置しておく方がデメリットが大きいです。

早期に解決し、一日でも早く人生をやり直したり、借金の事を考えない日々を送りたいという方には、とてもありがたい手続きだと思いますので、デメリットを理解した上で検討頂ければと思います。

 信用情報についてまとめています。

現役時代 債務整理で手強かった事務所と言えば・・

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る