任意整理は家族や会社にバレる確率が低いって本当??内緒で債務整理をしたい方は必見です

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

債務整理には、自己破産、民事再生、任意整理、特定調停とありますが、任意整理以外の手続きは裁判所が間に入っての手続きとなるため、書類などが自宅へ郵送される事も多いです。

また、自己破産や民事再生については、資産の売却があったりするので、家族に迷惑をかける可能性も高く、借金していた事を内緒にしておくのは困難です。

借金がバレる確率が高いのは、

  • 督促通知や裁判所からの通知が届き、郵送物を家族に見られるケース
  • 実際に手続きが始まり、家族に影響するので自ら申し出るケース

がほとんどと言って良いです。

家族に内緒で任意整理はできるの??

そんな中で、任意整理の手続きについては、基本的に弁護士や司法書士が代理人となり、債権者との間でやり取りをするため、自宅へ通知を送られる事はあまりありません。

しかし、弁護士や司法書士から通知を送られるケースも必ずしも無いとは言えないです。

例えば和解が締結する際に和解書の作成や振込時の入金先のお知らせなどを書面で作る場合であれば、通知のやりとりが必要になるかもしれません。

そのため、なるべく書類を送付したり、連絡は控えてほしい事を先に弁護士や司法書士に伝えておき、家族に内緒で任意整理を進めたいという希望を伝えれば、最大限の配慮はしてくれますので、先に相談しておくようにしましょう。

会社に内緒で任意整理はできるもの??

家族に内緒で債務整理できる方法として、任意整理はバレる確率を低くする事が出来るのは、ここまで書いてきましたが、同じく会社にも連絡が来たりしないか?という心配をされる方も多いかもしれません。

結論としては、「会社にもバレずに任意整理は可能」です。

理由としては、会社に連絡がいく事も無いですし、任意整理をしたという情報が漏れる事が無いからです。

時々、ネットの情報で会社にバレるケースとして、

信用情報へ照会されて、借金している事や債務整理している事がバレる

と言った書き込みなどを見ますが、「ほぼそのような事はあり得ません」ので、安心頂ければと思います。

あえて「ほぼ」と書かせて頂いたのには、理由があるのですが、

  • 信用情報がハッキングなどされて、情報が漏洩するリスク
  • 信用情報を照会できる会社が、目的外に照会する可能性

と言った、一般的にはあり得ない理由で挙げさせて頂いたくらい、ほぼあり得ない事だと言って良いです。

特に、2つめの目的外に照会する行為ですが、限られた金融機関しか信用情報を照会する事は出来ませんし、照会する目的に「人事評価のため」は認められません。

そのため、公務員だったり、銀行員といった個人情報を扱う機関であっても、照会する事はありません。

また、信用情報の開示請求は本人の同意や委任状などが必要ですので、会社の上司でも家族であっても照会する事は出来ませんので、その点で言えば信用情報へアクセスする事はまず不可能と考えても良いでしょう。

連帯保証人付きの債務整理は要注意

とは言え、任意整理をする場合でも保証人が付いている場合は要注意で、例えば本人の保証をするのが奥様だった場合は、奥様にも影響が及びます。

そのため、借金を任意整理した事を内緒にしておく事はまず無理だという事は理解しておきましょう。

ところで、保証人に対する影響についてですが、この点は誤解のないように理解しておいた方が良いかと思います。

そのため、ここで実際のケースをまとめましたので、参考にして頂ければと思います。

任意整理をした場合の保証人の借金

まず任意整理ですが、例えば本人の借金が200万あり、180万円で和解し将来利息をカットする場合ですが、20万円分の支払は本人は負担が減る事になりますが、保証人についても和解した内容はそのまま影響が引き継がれます。

そのため、きちんと和解契約に基づいて返済している限り、保証人に不利な事が起きる事はありません。

民事再生、自己破産をした場合の保証人の借金

同じく、民事再生や自己破産をした場合も、保証人が本人と同じく債務整理の手続きをしなければ、元々あった借金の返済義務から逃れる事は出来ません。

例えば、民事再生で本人の支払が5分の1となり200万円あったのが40万円になった場合でも、160万円の支払義務は保証人は持ったままとなります。

また、自己破産で本人の支払義務がチャラになった場合でも、保証人が自己破産しなければ200万円の返済義務はそのまま残るという事になります。

全ての債務整理に共通するのが、「本人と連帯保証人とは別々で債務整理をしなければ、その効果は及ばない」という事です。

信用情報上でも、保証人という立場は不利になります。

あともう一つですが、連帯保証人は債務者と立場はほぼ同列と考えられていて、「催告の抗弁権」と「検索の抗弁権」を持っていません。

そのため、債務者が返済できなくなった場合に、信用情報には同じく異動情報が登録される事になります。

また、主債務者が借入をし、保証契約が締結した情報も信用情報に登録されていますので、自分自身が借入していなくても、信用情報には保証契約がある事が出ています。

任意整理は家族や会社にバレる確率が低いって本当 まとめ

債務整理の中で任意整理は、他の自己破産や民事再生などと違って、家族や会社に内緒で手続き出来る方法です。

郵送物を郵便局止めにしてもらったり、電話連絡などはなるべく控えて頂いたり、メールでのやりとりとするなどの配慮をしてもらえれば、誰にも知られる事なく手続きを進める事も可能でしょう。

また、自己破産や民事再生は官報情報に手続きした事が掲載されますが、任意整理は信用情報以外に情報が登録される事はありません。

また、信用情報へのアクセスは本人の同意が必要だったり、目的外に使用する事も出来ませんので、外に情報が流出する事もなく安心して手続きを取って下さいね。

 一緒に読まれています。

現役時代 債務整理で手強かった事務所と言えば・・

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る