銀行カード ローンが支払えない!任意整理を検討する前にやるべき事は?

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

債務整理には、任意整理、自己破産、民事再生、特定調停と手続がありますが、消費者金融(サラ金)などの借金を任意整理する時と違って、銀行系カードローンの場合にはいくつか注意しなければならない点があります。

ここでは、総量規制対象外の銀行系カードローンの任意整理において気をつけるべきポイントをまとめましたので、参考にして頂ければと思います。

銀行系カードローンの仕組み

まずはじめに、銀行系カードローンの仕組みについて解説をしておきます。

銀行系カードローンとは、銀行と消費者金融が別会社を作るもしくは銀行内で商品化したサービスです。

消費者金融ではキャッシングと呼ばれ、無担保無保証で最短即日融資、リボルビングシステムで限度額の範囲内で繰り返し利用が可能なサービスですが、カードローンも内容は一緒です。

ローンの場合は、一度組んだら返済を終えるまでは、新たに借入ができませんが、キャッシングやカードローンは限度額が定められていて、その範囲内であれば繰り返し利用が出来るというのが、一番の特徴です。

今までの銀行は、主に法人向けに特化した与信ノウハウはありましたが、近年個人向け融資の与信ノウハウを手に入れるため、消費者金融大手が保証会社となっています。

そして商品化したものが、「銀行系カードローン」と呼ばれるものですが、銀行自体が与信管理をするのではなく、消費者金融の与信ノウハウが元だという事、返済ができなくなった場合は消費者金融が立替える事(債権を保証)になっているのが特徴です。

この時の立替えについては「代位弁済」と呼ばれますが、銀行の債権を立て替えた消費者金融は、債権の取立てを代わりに行う事が出来るようになります。

また、一般的な消費者金融のキャッシングに比べて、銀行が融資するサービスのため限度額が大きかったり、金利を低く設定されているのも特徴です。

ただし、消費者金融よりも審査難易度が高く、融資のハードルは高いので、誰でも融資を受けられるものではありません。

さらに、消費者金融では借入限度額は年収の3分の1を超える事は法律上禁止されていますが、銀行系カードローンでは、そのような制限(総量規制)はありません。

以上、銀行系カードローンの特徴をまとめると

  • 消費者金融のキャッシングと一緒で、無担保無保証で融資を受けられる。
  • 消費者金融に比べて、限度額が大きい、金利設定も低い。
  • 銀行からの融資でも、保証契約でバックに消費者金融が付いている。
  • 返済できなくなった場合は、消費者金融からの取り立てを受ける事になる。
  • 総量規制の対象外のため、年収の3分の1を超える限度額を持つことも可能。

となります。

銀行系カードローンの借金を任意整理する場合

上記の通り、銀行系カードローンのノウハウは、消費者金融のキャッシングと相違がほとんど無いため、審査方法も類似しています。

個人情報や収入情報の他、各信用情報機関を使って借入情報を照会します。

銀行系カードローンの場合は、前述の通り返済ができなくなった場合に、消費者金融で保証される事になりますので、銀行は損する事はありません。

しかし、あくまで返済不能となった場合に消費者金融が保証するもので、債務整理をして即保証するかどうかは別の話になります。

銀行としても、債権管理上取れるところからは取っておこうと考えるのが通常ですので、もし借入した銀行系カードローンに預金口座を持っている場合は、「口座凍結」となります。

凍結された口座にお金が入っている場合は、債務整理に入ったタイミングで借金と相殺されてしまいます。

当たり前の話しですが、給料の振込先などの口座としている場合は、引き出す事も出来ませんし、またクレジットカードなどの引き落とし先に指定している場合も引き落とす事が出来ません。

保証会社にも借金がある場合は要注意

また、保証会社にあたる消費者金融でも融資を受けていて、銀行系カードローンと両方利用している場合は注意が必要です。

任意整理は、整理する債権者を選ぶ事が出来るのも特徴ですが、消費者金融の借入を任意整理しようとすると、銀行系カードローンの保証会社も同じ場合、両方とも同じ債権者という事で任意整理する事になります。

銀行系カードローンは任意整理する予定がない場合でも、代位弁済で債権が保証会社に移ってしまっている場合は、別々の債権者として扱われません。

そのため、予定外に銀行口座を凍結されてしまうなんて事も起きてしまい、今後の借金返済計画にも大きな影響を与える事もありますので、要注意です。

銀行系カードローンの任意整理について まとめ

ここまで銀行系カードローンの仕組みと任意整理をする際に気をつけるべきポイントを書かせて頂きましたが、最後にポイントだけまとめておきますと、

  1. 銀行系カードローンは、消費者金融が保証会社となっている。
  2. 保証会社が代位弁済した場合、債権は消費者金融へ移動する。
  3. 代位弁済した消費者金融から取り立てを受ける事になる。
  4. 任意整理は、債権者を選ぶ事は出来ますが、同じ債権者の場合は全て任意整理対象となります。
  5. 仮に保証会社となっている消費者金融を任意整理する場合、銀行系カードローンも任意整理しなければいけない可能性があります。
  6. 借入先の銀行に口座がある場合、口座凍結されて借金相殺される事もあります。

以上となります。

想定外の事が起きないように、銀行系カードローンを任意整理する場合や借入していて除外したい場合には、しっかりと内容を精査した上で対応するようにしましょう。

 一緒に読まれています。

現役時代 債務整理で手強かった事務所と言えば・・

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る