SMBC債権回収株式会社で詐欺や架空請求ではない取り立てに対する対処法は?

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

SMBC債権回収株式会社は、法務大臣に認定された正規のサービサー会社ですが、SMBC債権回収の名を語った詐欺案件や架空請求も存在するようです。

迷惑メールやDMとわかれば無視するのが一番ですが、正規の請求に基づいたSMBC債権回収からの請求は放置しておくと、ゆくゆく借金トラブルになりますので要注意です。

ここでは、SMBC債権回収株式会社から取り立ての連絡が来た時に、どう対処すれば良いか?についてまとめたいと思います。

SMBC債権回収株式会社の業務

はじめに、SMBC債権回収株式会社の会社事業から確認しておきますと、株式会社三井住友銀行が100%出資しているサービサー会社です。

1999年3月に設立された法務大臣に許可を受けた債権回収代行を行っている会社のため、特別問題のある会社ではありません。

そうは言え、SMBC関係の会社から借金をした事がない方の場合、いきなりSMBC債権回収から取立が始まると不安に感じると思いますし、中には「詐欺じゃないのか?」、「違法な取り立てではないか?」と嫌疑に思う事もあると思います。

しかし、先程も書かせて頂いた通り、サービサー会社として法務大臣の許可を受けた正規の業者で、他社から債権を譲渡もしくは委託を受けて回収を行う事が業務となりますので、正規の請求に基づいた取り立て行為は、詐欺でも架空請求でもありません。

主要な取引先は、三井住友銀行グループ関連となりますので、銀行に関連した借り入れが過去にあり、借金返済をしていない場合に、SMBC債権回収株式会社へ回収業務が回る事が考えられます。

グループ関連以外の債権の回収や管理は、委託もしくは買い取りした上で取り立てをするようになっています。2011年まではNTTドコモのDCMXクレジットカード(ドコモの電話代滞納分も含まれる)の委託先でしたが、現在はニッテレ債権回収株式会社が担当しています。

詳細
会社名 SMBC債権回収株式会社
本社住所 〒104-0045 東京都中央区築地3-16-9 築地室町ビル6階
電話番号 03-3544-6003(代表)
支店 首都圏6拠点、関西圏2拠点住所は非開示

SMBC債権回収株式会社の口コミや評判

SMBC債権回収株式会社で取り立てを受けた方の口コミや評判を2chやヤフー知恵袋で検索してみたところ、

下記のような文書が届いて戸惑っていますとの相談者がいらっしゃいました。

拝啓 時下益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。
さて貴方さまにご連絡申し上げたいことがございます。
つきましては下記代理人宛お電話にてご一報賜りたく誠に恐縮とは存じますがよろしくお願い申し上げます。 敬具
ご連絡先 株式会社 セディナ
代理人 債権管理回収業 許可番号 法務大臣 第10号
三井住友銀行グループ SMBC債権回収株式会社 東日本営業第一部
以下、略

上記のケースで考えられるのが、セディナという業者は三井住友銀行系のグループで、正規の取り立ての可能性があるという事です。

相談者いわく10年以上も前の事としていましたので、消滅時効にかかっている可能性もありますので、その点確認した上で、今後どう対処するか?検討した方が良いのかな?と感じる相談内容でした。

次の相談者ですが、

SMBC債権回収株式会社 メール
24時間以内に下記リンク先をご確認頂けない場合は未.納 料全額差押処 分もしくは刑事訴.訟発展となります。
成人向け有料コンテンツ未.納,料金【986,531円】

こちらの内容ですが、SMBC債権回収株式会社ではメールによる請求は行っていませんし、有料コンテンツの未払いについても扱いがありませんので、迷惑メールによる架空請求と思われます。

このような内容は、基本的に無視した方が安全です。

SMBC債権回収株式会社取り立ての流れ

次に、SMBC債権回収株式会社の取り立ての流れですが、まずハガキもしくは通知が送付されます(債権譲渡通知書)ので、その通知の内容を確認し、心当たりのある取引の場合は、記載の担当部署まで連絡するようにしましょう。

これを無視していると、裁判所を通して支払督促を送付されますので、この書類を無視すると30日以内に仮執行宣言の申し立ても行う事ができ、差し押さえ準備に入る事になります。

支払督促が届く場合は、SMBC側も本気で差し押さえをする気になっえいますので、給料の差し押さえなどをされる可能性があります。

中には時効を迎えている債権も?

SMBCからの取り立てだからといって、そのまま支払いしてしまうのはあまりに軽率な行動です。中には消滅時効の援用を出来る可能性もありますが、素人判断では難しいです。

また、時効を迎えていない債権の場合は、取り立てや強制執行に苦しむ可能性があり、思いもよらぬ借金問題が再燃します。

借金を放置していて、債権回収を代行されているのですから、もちろん非は自分自身にあるのですが、急に降ってきた借金トラブルに対処するのは至難の業です。

そこで、オススメの方法は「債務整理」です。

債務整理には、

  • 自己破産 借金を免責にしてチャラにする。
  • 民事再生 最大5/1以下に債務を圧縮し、持ち家などを残りながら借金を解決する。
  • 任意整理 債権者と和解し、将来利息をカットし、元金を分割返済する。

上記3つの方法や過払い請求ができる場合があり、どの方法も借金問題を一気に解決するきっかけにできる方法です。

また、債務整理を借金問題に強い弁護士や司法書士に相談すれば、受任通知が発送され、債権者からの取り立て行為をストップする事ができますので、当面取り立ての手紙や電話などに苦労する事もなくなります。

弁護士や司法書士へ依頼するのに費用はかかりますが、確実に借金問題を解決していきたい、早期に解決したい、取り立てされて家族などにバレる事は避けたいという方には、最適な方法ですので、当サイトではオススメです。

もし、債務整理を検討している場合、もしくは時効の援用が出来ないか?を調べたい場合、当サイトでは借金トラブルに強い専門家探しに無料・匿名で利用できる借金減額シミュレーターをオススメしています。

こちらのシミュレーターは、全国の事務所の中から、あなたの借金問題や状況に一番最適な事務所を簡単に探せるツールで、解決実績も多数ある信頼のおけるシミュレーターですので、上手に活用いただければと思います。

現役時代 債務整理で手強かった事務所と言えば・・

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る