知らなかったでは済まない!遺産相続は借金があるか調査した上で検討するべきです

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

遺産問題は、テレビで見ていると兄弟や配偶者などの身内の骨肉の争いが目立ちますが、実はそれ以上に問題となるのが、「遺産相続する中身」です。

遺産相続は、一度手続きをしてしまうと、放棄出来ない可能性もありますので、慎重に判断しなければいけませんし、借金がある場合は、なおさら専門家の意見を聞きながら、判断する方が良いかと思います。

ここでは、遺産相続に関して、借金があるとどうして不都合があるのか?について、まとめましたので、参考にして頂ければと思います。

遺産相続の仕組み

先に遺産相続の仕組みを理解いただいた方が分かりやすいと思いますので、ここで紹介したいと思います。

遺産相続は、「死亡届」を提出し、それから3ヶ月以内に各種手続きを経て、相続するのか、限定承認か、相続放棄をするのか?を決めます。

遺言書がある場合は、内容を確認しなければいけませんが、同時に相続財産の調査、遺産分割協議も行っていく事になります。

遺言書についても「検認」と呼ばれる、家庭裁判所で遺言状の内容を確認してもらうようにして、勝手に開封する事のないようにしなければなりません。

遺産分割協議を行うには、相続人全員で行う必要がありますので、協議を行うために「相続人調査」を戸籍謄本、除籍謄本、改正原戸籍謄本より行います。

相続の対象者は、妻、子供、内縁の妻の子(非嫡出子)、愛人との間の子、養子、孫など多岐に渡ります。

遺産分割協議に入ってもお互いの意見が合わない場合は、調停する事も可能ですが、その場合は家庭裁判所に資料を持参し、審判官が判断します。

無事、全てがまとまったところで、遺産を引き継ぐのか、それとも遺産相続せずに放棄するのか、一部だけ承認するのか??となりますが、

  • 遺産を引き継ぐ場合は、その人の割合に応じて引き継ぐ事になります。
  • 一部だけ承認するのは「限定承認」と呼んで、遺産内容で必要な支払いを終えた後に、引き継ぐことができる財産があれば相続するものです。限定承認は、相続人全員が手続きする必要があります。
  • 相続放棄は、一切の遺産を引き継がないとする方法です。

いずれかの方法を取る事になりますが、限定承認や相続放棄を行う場合は、熟考期間がありますので、その間に必要書類などを提出する必要があります。

ちなみに、熟考期間は死亡届を提出してから3ヶ月・・ではなく、「借金が含まれたことを知った時から3ヶ月」となっています。

ただし、借金が含まれている事を知るために、郵便物に督促状が入っていたり、財布でカードを見つけるなど容易な状況である場合は、借金があると分かる状況ですので、3ヶ月を超えると相続放棄などができない可能性があります。

借金も相続に含まれるので要注意

ここまで紹介してきた通り、遺産には借金も含まれる事になり、一般的には3ヶ月を超えると相続放棄したり、限定承認する事は出来ないとなっていますので、あとで「借金があるなんて知らなかった」となっても取り消す事が出来ない可能性が高いです。

借金が相続に含まれていないか?調べ方は?

借金があるか無いか?を調べる方法としては、信用情報機関に開示請求する方法があります。

信用情報機関には

  • JICC(日本信用情報機構)
  • CIC
  • KSC

と呼ばれる情報機関が主にキャッシング、カードローン、クレジットカードなどの利用情報を登録したセンターになります。

通常、消費者金融などで借金がある場合は、一ヶ月~二ヶ月ほどすれば、相手から督促の電話がきたり、手紙が届いたりするものです。

そのため、携帯電話も解約せず、どこからの電話なのか?は気にしておいた方が良いかもしれません。

ちなみに、キャッシングやカードローンは「無担保、無保証」の借入方法になりますので、連帯保証人などは必要ないですが、「借金として相続される」ので、連帯保証人でないから安心・・というわけではありませんので、注意して下さい。

相続した借金に時効は引き継がれるの??

借金には、消滅時効があり、時効を援用する事で返済義務がなくなりますが、(詳しくは消滅時効でまとめていますので、確認下さい。)相続した借金に対しては「時効の起算日はいつなのか?」が問題になります。

結論としては、

被相続人の立場を基準に考える

という事になりますので、亡くなった方の立場を引き継ぐ事になりますので、起算日は相続した日ではなく、被相続人の最終弁済日などが基準になります。

もし、限定承認や相続放棄を検討している場合は、先に被相続人がどのような返済をしていたのか??を開示請求をして確認しておく方が良いかと思います。

その上で、借金返済が必要かどうかを判断した上で、時効を援用するかどうかを考えて頂ければと思います。

以上、遺産相続前には知らなかった!とならないためにも、相続前にきちんと調査した上で、時効にかかっていないか??借金は無いか??を確認した上で、相続するかどうかを検討するようにしましょう。

当サイト調べ 債務整理に強い事務所はここ!

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする