過払金の成功報酬はいくら取れるの?基準があるの??

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

過払い金返還請求の手続きを、代理人となる弁護士や司法書士に依頼する場合、手数料がかかります。

手数料には、

  • 着手金
  • 定額報酬
  • 成功報酬
  • 減額報酬
  • 事務手数料

とおおまかに分けると、5つに分かれます。

着手金は、事件を担当する前払いとなるもので、後払いOKとする事務所もありますが、基本的には必ず着手金を支払ってから、事件に着手する事になります。

着手金の確認が取れてから、正式な受任に至り、各債権者に代理人となった事をお知らせする「受任通知」を発送する事になります。

次に定額報酬ですが、一債権者あたり決まった報酬額を事前に決めている事務所もあり、例えば過払い金請求の場合、一債権者あたり20,000円程度となっています。

ただし、すでに完済済みの債権については、定額報酬をゼロとする事務所もありますので、すでに借金を完済している分で、過払い金返還請求を検討する場合は、定額報酬が要らないところを選ぶようにすると、手数料を減らす事が出来る場合があります。

次に成功報酬ですが、過払い金の返還額に対して一定の割合を報酬とするもので、代理人からすると、一番大きく報酬が変わる部分でもあります。

しかし、青天井にいくらでも請求する事ができるとなっては、せっかく借金がなくなり過払い金が返還されても、手元に戻るのは少しだけで、ほとんどが報酬で取られてしまう・・

なんて事になりかねませんので、弁護士や司法書士は報酬規定を定めていて、過払い金請求については、

  • 訴訟をしない場合の和解で返還を受ける額に対しては、20%まで(税抜き)
  • 訴訟をして返還を受ける額に対しては、25%まで(税抜き)

となっています。

減額報酬ですが、借金を減額した分に対しての成功報酬として、上限10%(税抜き)まで請求する事がで来ます。

例えば、100万円の返還額があった場合は、訴訟をしない場合であれば、21.6万円(税込み)が成功報酬となります。

また、100万円を4社合わせての金額の場合は、1社あたり2.0万円の定額報酬とすれば、8.0万円と合わせて、約30万円近くが代理人に支払いする金額となります。

着手金が無料の事務所に相談した場合、事務手数料や諸経費などを考えない場合は、70万円近くの過払い金が手元に戻ってくる可能性があるという事になります・・・

とはならず、もし借金が200万円あった場合は、借金はゼロになりますが、減額報酬として20万円請求される事になりますので、50万円ほどになります。

しかし、返還額が50万円とした場合ですが、上と同じ条件の場合は、ほとんど戻ってこないもしくは、事務手数料などで逆にお金を払う事になる可能性もあります。

「なんだか損をした気分だ・・」

と思われる方もいるかもしれませんが、

  • 20万円でも戻ってきたらOKとすると捉えるのか
  • 借金返済がなくなって借金完済と捉えるのか
  • 信用情報に異動情報として登録されない

など、別の視点で過払い金請求をした事にメリットを感じるのが良いかと思います。

過払い金請求の報酬についてのまとめ

上記のとおり、様々な報酬がありますが、定額報酬、成功報酬、減額報酬は別々に分けて考えたほうが、分かりやすくなるかと思います。

借金をすでに完済していて、減額報酬がかからないという場合や定額報酬がかからないというケースであれば、マイナスになる事はありませんが、大きな借金がある場合には減額報酬も多く支払う事になる可能性がありますので、気をつけたいところです。

手続きのため、打ち合わせしたり、時間をかけたにも関わらず、結局思ったほどの効果がなかった・・

と思うような事のないように、報酬についてはしっかりと確認した上で、トラブルにならないようにしておきましょう。

 一緒に読まれています。

現役時代 債務整理で手強かった事務所と言えば・・

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る