奨学金の返済が苦しい時に自己破産する選択はありなの??

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

奨学金が負担で、親子で自己破産するケースも増加しているという話が、最近よく聞くのですが、債務整理をする事は甘えでもなく、人生をやり直すために必要な手段ですので、特に問題になる事はありません。

しかし、あるデータによると、奨学金を何かしらの形で受け取っている学生が4割程度いるという現実からすると、今後自己破産する方が増える可能性がありますので、注意が必要です。

ここでは、奨学金制度とはどんなものなのか?奨学金の返済について、また返済が苦しい時にはどうすれば良いのか?について、まとめましたので、参考にして頂ければと思います。

奨学金制度とは??

日本学生支援機構(JASSO)と呼ばれる独立行政法人が、奨学金の貸付制度や給付を管理しています。

他にも自治体、大学、企業などでも給付型の奨学金制度を募集しているところもありますが、一般的な奨学金制度と言えば、JASSOという事になります。

給付型は、経済的に困難な状況にある低所得の生徒に対して、大学などへの進学を支援する事を目的としています。

逆に貸与型は、大学・短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程)および大学院で学びたい学生が、自立して学べるように支援する目的で、貸付をするのですが、第一種の無利息タイプと第二種の利息が付くタイプとがあります。

第一種の無利息タイプは「優れた学生で経済的な理由により著しく修学困難」という条件が決められていて、返済は

  • 定額返還方式
  • 所得連動返還方式

のいずれかの返済方法で、卒業の半年後から返済を開始する事になります。

第二種の利息が付くタイプは、「在学中は無利息、年率3.00%」で貸与するのですが、第一種よりも緩やかな審査基準で審査され、貸与額は5種類あります。

奨学金が返済が苦しい時に免除はあるの??

奨学金で貸与を受けた分の返済がはじまるのは、社会人になってからですが、社会人でも正規雇用、非正規雇用、アルバイトやパート、フリーターなど、人それぞれの就業状況に応じて、きちんと返済できるかどうかは変わってきます。

特に、最近では就職率がアップしているとは言え、大学卒業をしたからといって、必ずしも就職できるわけでもなければ、希望の収入を得られるという事もありません。

そんな中で、毎月奨学金の返済を続けなければならないのは、実は地味に苦しかったりするものです。

そんな時に、奨学金を返さなくても良いのであれば、とても楽になれる・・と思うのですが、免除されるという事は「原則はありません」し、本人が返済できない場合は、保証人へ請求がいく事になります。

ちなみに、返済免除はありませんが「返済期限猶予」の制度はあります。

災害、傷病、経済困難、失業などの返還困難な事情がある場合に限ってですが、返済期限の猶予が可能で、猶予期間中は第二種の場合は無利息となります。

返済猶予というだけで、免除ではありませんので、それまでに返済を終えた残りの元金と利息、そして返済を再開したあとの利息分は払う事になります。

ただ、返済を先延ばしするという点では、もし奨学金の返済が苦しいのであれば、返済期限の猶予をする事で、利息も付きませんし、何より返済期日を過ぎる事でのデメリットを回避する事が出来ます。

奨学金の返済期日を過ぎる(延滞)する事でのデメリット

奨学金の返済は、毎月決まった返済期(27日)に口座振替で指定の口座から引き落としがかかりますが、残高不足になると入金ができず延滞扱いとされます。

滞納して未払いが3回(3ヶ月)を超えると、信用情報に延滞情報が登録される事になりますので、実質ブラックリスト登録されたという事になります。

また、延滞者には「本機構職員の他に、業務を委託した債権回収会社から取り立てを行う」となっていて、電話をする時間帯は、平日、休日ともに9時~21時まで、勤務先に電話する場合もあるとの事です。

しかも、9ヶ月延滞をすると、法的対応で強制執行されたり、保証人にも同時に請求がいく事になり、親や親族にも迷惑がかかる可能性があります。

奨学金の保証人について

奨学金には、人的な保証もしくは機関で保証するいずれかの方法で保証人を付ける必要がありますが、人的な保証になるのは、

  • 原則として父母もしくはこれに代わる代理人が「連帯保証人」
  • 原則として4親等以内の親族で本人及び連帯保証人と別生計の人が保証人

となる必要があります。

そのため、父母だけでなく、親族などにも連帯保証人と保証人になってもらわなければいけませんので、もし返済ができなくなった時は、本人にかわり親や親族が支払う事になるというケースもあります。

連帯保証人と保証人について

→ 債務整理は賃貸契約や更新に影響するの??の中で、詳しく紹介していますので、参考にして頂ければと思います。

奨学金の返済が苦しい時は債務整理なのか??

ここまで奨学金の内容や、返済できなかった場合にどうなるのか??という事を中心に書いてきましたが、もし返済が苦しいという状況になった場合、債務整理をするしか無いのでしょうか??考えていきたいと思います。

債務整理をするデメリット

債務整理には、自己破産、民事再生、任意整理、特定調停がありますが、どの手続きでも共通して言える事ですが、債務整理をしてもその効力があるのは本人のみで、連帯保証人や保証人には効力は及びません。

そのため、自己破産で本人が奨学金返済の免責となったとしても、連帯保証人や保証人に返済義務は残っています。

もし、自己破産をするという事であれば、きちんと連帯保証人や保証人にも説明が必要でしょうし、場合によっては連帯保証人や保証人も同じように手続きを取ってもらうという事も考えなければいけない事もあります。

また、任意整理で借金の減額をしたり、将来利息をカットしてもらうという場合でも、同じ事が言えて、利息をカットしてもらえるのは本人のみで、その分連帯保証人や保証人に負担をしてもらう事になりますので、あまりメリットがあるとは言えません。

その点を言えば、債務整理をする場合は、最終手段で考えるという事になるかと思います。

返還期限猶予を上手く活用して返済計画を立て直す

債務整理を最終手段で考えるという場合に、先ほど紹介した「返還期限猶予」を上手く活用するという方法もあります。

例えば、返還期限猶予を認められれば、その間に返済分の貯金を少しずつでもしておき、返済期限の猶予が終われば、その貯金分を返済に回すという事も出来ます。

返済期限猶予は、最大で10年使えますので、その間に少しずつでも返済分の貯金を積み立てておけば、元通りに出来るはずですので、上手に活用してはいかがでしょうか?

現役時代 債務整理で手強かった事務所と言えば・・

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る