てるみくらぶの債権者集会に500名超も!粉飾認め大紛糾

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

2017年3月27日に破産開始の申し立てをした大手旅行会社のてるみくらぶさんの第一回債権者集会が、メルパルク東京ホールで開催されました。

一般旅行者の債権者は約9万6000人、債権額は総額107億円とも言われている巨額な破産事件という事で500名を越す債権者が集会にやってきたそうです。

今回は社長の山田千賀子さんと破産管財人を務める弁護士が同席だったそうですが、過年度の更生請求等による税金の還付が認められれば、配当の可能性はあるとの事ですが、一般債権者まで回ってくる事は期待薄というところです。

この事件の背景には、格安航空会社(LCC)の台頭による価格競争、航空会社からの手数料の減少などをはじめマイナス要因だけでなく、十分な原価率の検証をせずに赤字販売でも販売を継続した事によるツケが回り、最終的には粉飾決算まで行った事で、破産するに至っています。

今回の案件は、金額の規模ももちろんですが、直前まで営業を続け粉飾決算を隠し続けてきただけでなく、旅行の予約を受付、そして入金させていたという事に問題があります。

そのため、2月時点で破産手続きをしていれば、被害も抑える事が出来たのですが、そこから2ヶ月近く過ぎたことで、被害が拡大してしまったのです・・・

てるみくらぶの問題は、旅行会社の信用を損なうだけでなく、格安ツアーの継続が難しくなる可能性も秘めていて、とても大きな課題となっています。

実際、過去の旅行会社の破産案件と比較しても、ジェットツアーが3581件に対し、てるみくらぶは36000件近くになると言われていて、10倍以上の方へ影響しています。

インターネットが普及し、多くの方の申込みを受付できるようになったり、格安で旅行にいけるようになった事で、多くの方が格安旅行会社に殺到したという事が、この数字だけ見ても分かります。

てるみくらぶ 被害者の会でも訴訟準備が??

また2017年4月23日には、てるみくらぶの被害にあった方が15名で「被害者の会」を立ち上げており、訴訟準備も勧めているとの事です。

報道によると、3年近く前から粉飾していた可能性があり、赤字であるにも関わらず黒字を装っていたとも言われていますし、毎年役員報酬として山田千賀子社長には3000万円以上の報酬が支払いされていたとも言われています。

社長の資産も含めて弁済に充てられるとは思いますが、それでどれだけの人が救済されるのでしょうか・・

第二回の債権者集会は来年5月ごろを予定しているとの事です。

少しでも多くの方に、救済がなされる事を願ってやまないですね。

現役時代 債務整理で手強かった事務所と言えば・・

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る