特定調停の体験談 ギャンブルの借金で彼女に迷惑をかけた男性の話し

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

特定調停は、裁判所を介した任意整理で、債権者と債務者の和解を促す手続きになりますが、債務整理の中でも安価でかつ自分自身で手続きできる方法としても知られています。

ここでは、借金の返済ができずに困っている方で、借金問題を早期に解説し、平穏な日々を過ごしたい方に参考にして頂ければと思います。

ギャンブルが原因の借金で特定調停をされた方の体験談

社会人になってから休日ごとに競馬に嵌ってしまい、殆どの給料を注ぎ込んでおりました。

彼女も居なく寂しい休日は競馬を見ながら少しずつネットで馬券を買って楽しんでいましたが、だんだん深みにはまり、三年程で100万円以上の借金を作ってしまいました。

ローンで払えば特に問題は無いと考えていたので、だらしない事に毎月利息を合わせて返済する生活でした。

そんなある日、会社の飲み会に誘われて出席した所、とても気持ちの優しい女性に出会い付き合うようになりました。

年齢も近い事がありましたし、お互い上京して一人暮らしをして居たので、行ったり来たりしながら楽しい交際が始まりました。

しかし私の方は金銭的に少し厳しい状況でしたので、会う時にはあまりお金がなく、殆どを彼女に奢って貰っておりました。

男として情けなく感じましたし年齢も25歳を過ぎて居たので、彼女とは結婚を意識していたので、正直に借金の事を伝えようと決心しました。

勿論賭け事に嵌っていた事も話し、現在は返済をしながらの生活だけれども、数年後には完済するつもりだと言う事も伝えました。

そして状況を伝えたあと、彼女が本当に心配してくれて、経理の仕事をしている事もあり、全ての金額を把握しているかと問われました。

実際、僕は総額は知らず、ただ催促が来てから払うという事をしていたので、しっかりとした計算をしていなかったのです。

彼女は一言も僕の事を責めずに、

「すべての計算をしてあげるから、特定調停をしてみたら」

と提案してくれたのです。

昔、彼女の知り合いでも同じような状況の方がいて手助けした事があるので、自己破産をしてしまう可能性があるのであれば、早めに手続きをすると返済は同じ金額でも、追い込まれる事なく、楽な返済方法で切り抜ける事が出来るとアドバイスしてくれました。

僕は全てを任せようと決めて、ローンの会社からキャッシングをした会社も全て明らかにし、通帳を見せて毎月の返済や出し入れの状況も見て貰いました。

すると返済は総額300万円以上になっている事が解り、僕は茫然としてしまいました。

利息が嵩むと今後支払いが不可能になって来る事が予測されたので、彼女にいろいろ教えて貰いながら、特定調停の手続きをする事にしました。

印紙代などのお金は掛かりますが、弁護士を雇う事も無いので、格安で調停が始められるので、早く彼女に告白して本当に良かったと思っています。

特定調停は特に難しい事は無く、電話での問い合わせも受けてくれるので、本当に安心して始める事が出来ました。

借金で悩んでいる方は、是非相談にしてみてはいかがでしょうか。

特定調停のメリットとデメリット

債務整理にはそれぞれメリットもあれば、デメリットもあります。

ここで、特定調停のメリットとデメリットをそれぞれご紹介しておきます。

特定調停のメリット

まず最初にメリットからですが、

  • 任意整理と同じく、利息制限法に引き直し計算を行った上で、和解できる。
    (引き直し計算も、業者側で行ってくれます。)
  • 和解出来た場合は、将来利息もカットされます。
  • 借金の中で、どの債権を特定調停に含めるかを選択する事が出来る。
    (ただし、同業者内の債権は、原則全て特定調停する必要があります。)
  • 民事執行手続の停止を申し立てる事で、強制執行を受けている場合は止める事が可能。
  • 自己破産と違い、資産を処分する事なく、借金の整理をする事ができるので、持ち家やマイカーをそのまま所有出来る。
  • 自己破産のような資格制限(職業の制限など)が無いので、警備員や生命保険の代理人などをしている方でも手続きが出来る。

といったメリットがあります。

特定調停のデメリット

続いて、特定調停のデメリットですが、

  • 調停委員の全ての方が、債務整理のプロでもなく、あくまで中立なので自分の希望どおりの和解を必ずし叶うわけでは無い。
  • 任意整理と同じく、和解出来ない場合は調停が不成立となる事もある。
  • 信用情報上に一定期間の異動情報が登録される。
  • 過払い金返還請求の場合は、別途過払い金請求の訴訟を起こして、争う必要があります。
  • 調停が成立して和解した場合、調書をもとに強制執行をする事が可能になるので、和解後の返済が滞ると強制執行へ移行されるリスクがあります。

などがあります。

特定調停で得られるメリットに対して、デメリットが必ずしも無いとはいえないですが、消費者金融などの債権者から取り立てを受けていて、平穏な日々を過ごせない方や、借金返済に苦しんでいて、なかなか返済が進まない・・

という方は、借金問題を早期解決するのに、1つの方法としてオススメでは無いでしょうか。

 一緒に読まれています。

→ 過払い金返還請求をするのにオススメの事務所は??

→ 任意整理は家族や会社にバレる確率が低い??

→ 借金減額シミュレーターの口コミや評判をまとめました。

当サイト調べ 債務整理に強い事務所はここ!

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする