債務整理で闇金問題は解決できるのでしょうか?中途半端な解決方法は危険です!

任意整理1社からでも!24時間相談可


アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

アヴァンス法務事務所 フリーダイヤル→ 0120-139-510

闇金で借入している分を債務整理で解決しよう・・

そう考えるのは一見賢明な判断のように見えますが、根本的な解決手段になっていない可能性があります。

実際に闇金で借入していて、トラブルとなる事は何なのか?きちんと知らなければ、トラブルに対しての対策を取ることは出来ません。

ここでは、中途半端なヤミ金対策にならないように、根本的に問題解決を図るためにどうすれば良いのか?についてまとめましたので、参考にして頂ければと思います。

闇金との間で考えられるトラブルとは?

まず闇金に関して、どのような手口で融資をしてくるのか?また暴利を得ているのか?について再確認しておきたいのですが、

  • 090金融 チラシに携帯番号と業者名を記載し、貸付方法は主に振込で行う小口融資を専門とする闇金業者の事です。
  • 都イチ金融 東京都知事の登録を受けた登録番号が「都(1)」である事が多い事から付けられた闇金業者の名称です、他に「トイチ金融」というものもありますが、この場合は10日で1割の利息という意味で使われるのが通常です。都イチ金融は契約書を作成せず、一見正規業者のように装い業務を行いますが、上限金利をはるかに越した金利で融資をしている事があります。
  • システム金融 事業者を対象に手形や小切手などを担保に運転資金を融資する闇金業者で、名前のごとく組織的に融資を行う方法で、他の闇金業者を紹介しながら、どんどん貸付してくる方法を取ります。
  • 自動車金融 車を担保にした闇金業者ですが、リース料や保管料という名目で不正な融資を行いますが、返済が滞っていない吐息でも車を勝手に引き上げたり、車のキーを取り上げるような強引な業者も中にはいます。
  • 脱法質屋 質屋を装って営業する二束三文にしかならないものを質草として高金利を取る闇金業者です。質屋では行う事ができない銀行口座の引き落としを行い、毎月の返済を行うなど脱法行為も見られます。
  • 押し貸し 闇金業者が勝手に振込をしてきてお金を融資してきますが、後日電話があり高額な利息を請求してきます。口座情報はサラ金を利用していた個人情報だったり、何かしら漏れている可能性もあると言われています。
  • 紹介屋 サラ金や闇金を紹介し、その手数料として法外な紹介料を請求する方法
  • 整理屋 債務の一本化を行うための業者を案内し、法外な整理手数料を請求するもの。

など、高金利での融資以外にも様々な手法があります。

ほとんどが、貸金業者として登録を受けていない違法な業者となりますので、登録貸金業者情報検索入力ページを使って、貸金業登録があるかどうかをチェックする事でヤミ金業者かどうかはふるい分けする事が出来ます。

闇金問題を解決するのが難しい根本的な原因

闇金問題を解決するのに、難しいポイントとして、

  1. 冷静な判断ができないほど、精神的にまいっている事がほとんど。
  2. お金を借りはじめたのは自分からだという負い目もあり、立場上弱いと思い込んでいる事がほとんど。
  3. 家族や会社への嫌がらせをされる可能性があり、迷惑をかけてしまうと思うとカミングアウトできない。
  4. 闇金業者の暴力的な態度に恐怖し、行動に移す事が出来ない。

などが挙げられると思います。

どのポイントでも共通して言えるのが、「トラブルになるとどんな目に合わされるかわからない」という気持ちになり、本来支払う必要のない闇金に対しても毅然とした態度を取る事が出来なかったり、適切な対処ができなくなってしまう事がほとんどです。

また、各金融業者の手口が分からない事から、どのような対策を取ればよいのか?が見えないという事にもなっています。

そのため、まずは上記のようなトラブルや金融業者の手口がある事を理解いただき、自分自身がどのパターンにハマるのか?をまずは確認しましょう。

その上で、それぞれの手口に対してどのような対策を取ればよいのか?また場合によって警察に相談するための証拠集めをしたり、被害届の提出、告訴、告発を行うという事も検討する事になると思いますので、その準備を少しずつ用意していきましょう。

債務整理をするのは根本的に間違いなのか?

ここまでどのような手口があり、問題解決が難しい理由についてまとめてきましたが、実際に借金問題を解決するという事であれば債務整理をしてしまうのが一番なのでは?と思う方も少なくないかと思います。

しかし、債務整理の中には自己破産や民事再生も含まれます、仮に免責予定の債権が闇金業者のみという事であれば、手続きを取るのはあまりに勿体無い事になりますし、自己破産をしても闇金業者は取り立てをストップさせる事はありません。

むしろ、逆に加速してくる可能性も考えられますので、それこそトラブルに陥りやすいかと思いますので要注意です。

また、任意整理をするという場合でも、そもそも闇金業者の手口は法律に違反している可能性が高く、支払い義務がない可能性が高いですので、任意整理するだけ徒労に終わる可能性も高いですから、そもそも債務整理自体が闇金業者に対して有効な手段とはなり得ないという事が理解できるかと思います。

債務整理で闇金問題は解決できるのでしょうか? まとめ

闇金問題は債務整理をしても根本的な解決にはなりません、むしろ債務整理をしても闇金業者は取り立てをストップしなかったり、執拗な嫌がらせをやめない可能性が高いです。

それよりも、根本的な解決を図れる専門家と手を取り合い、しっかりと解決を図ることが必要になります。

闇金対応の一歩として「闇金には一切お金を返済しない事」が挙げられますが、なかなか勇気を持って取り組む方は少ないですし、毅然とした対応を取りにくいものです。

また、闇金に不法に返済したお金は法律上無効という事になりますので、返還請求をする事が可能ですし、場合によっては「振り込め詐欺救済法」の適用で被害者回復分配金が戻ってくる可能性もあります。

しかし、通常の債務整理の手続きができるだけの弁護士や司法書士事務所であっては闇金業者と対等に渡り合うのは困難で、それこそ過去に闇金業者と渡り合った経験があるかどうかが大切になってきます。

しっかりと本人に代わって闇金業者に対抗できる事務所へ相談する事こそ、債務整理をするよりも闇金業者への対策という事になる事を忘れないようにしましょう。

当サイト調べ 債務整理に強い事務所はここ!

過払い金返還請求の実績ナンバー1司法書士、どんな債権者相手にも借金問題解決のため、あらゆる手を尽くします!

フリーダイヤル→ 0120-092-877
アヴァンス法務事務所 債務整理PPC 本田様専用案件

債務整理実績ナンバー1司法書士。債権者1社からでも相談可、無料相談も何度も可と徹底的なお客様保護で人気!

フリーダイヤル→ 0120-139-510

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る